朝日新聞 情報収集衛星を役立たずと批判

情報収集衛星「光学5号機」が本日午前、種子島宇宙センターから打ち上げられる予定です。その情報を伝える朝日新聞が記事で、「情報収集衛星が役に立っているかは見えないままだ」と批判していますので紹介します


(前略)
日本では過去最高の解像力40センチ級となる見込みの光学5号機だが、最新の商業衛星は30センチでさらに上を行く。米軍の偵察衛星は、米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡とほぼ同じ設計で、解像力は10センチかそれ以上とみられる。日本は情報収集衛星に年600億円以上を投じているが、安全保障や防災にどれほど役立っているかは見えないままだ。
情報収集衛星は1998年、北朝鮮のテポドン発射を機に導入され、2003年に打ち上げが始まった。運用する内閣衛星情報センターは「商業衛星を凌駕(りょうが)する」ことを目標に、光学衛星の解像力を1メートルから60センチ、40センチと高めてきた。
だが、グーグルマップに解像力50センチの画像を提供してきた米デジタルグローブ社は昨夏、最新鋭のワールドビュー3を投入。国内取扱店の日本スペースイメージングは先月、解像力30センチの画像の販売を始めた。1枚十数万円から一般人でも買える。
米科学者連盟の推定によると、米軍はハッブルと似た設計の偵察衛星を複数運用している。近年の偵察衛星はさらに大型化しているとみられ、解像力は10センチを切っていると考えられる。


グーグルマップが解像度30センチの画像を販売しているのだから、それで十分だろうと言いたいのでしょうか?
日本が情報収集衛星に年間600億円以上を投入しているのは無駄、と決めつけたいようです
他方でアメリカの偵察衛星を解像度10センチだと絶賛しているのも不可解であり、朝日新聞の主張が理解できません。ハッブル宇宙望遠鏡クラスの偵察衛星を複数打ち上げ、運用するのにアメリカは年間数千億円の予算を投じているわけで、開発費まで含めれば日本の数十倍の予算でしょうから
もちろん、それだけの予算をつぎ込んでも9・11のテロは防げませんでした
偵察衛星の役割を過大視するのは危険ですし、過小視するのも愚かです
日本が独自の偵察衛星を運用している事実が重要なのであり、それが周辺国への牽制となり得るのですから
そしてその事実こそ、朝日新聞は気に入らないのでしょう
さて、日本の衛星打ち上げのニュースが流れると、おとなりの韓国も負けていないとばかり宇宙開発のニュースを報じます
韓国は多目的衛星アリラン3A号を26日午前3時に打ち上げる予定だ、と公表しています。解像度55センチ級の電子光学カメラのほか、韓国の衛星としては初めて解像度5.5メートル級の赤外線観測センサーを搭載しているのだそうです
わざわざ日本の情報収集衛星打ち上げの日にぶつけてきたわけではなく、打ち上げを担当するロシアの都合により、今日になっただけなのですが

(関連記事)
韓国「偵察衛星を貸して」と頼むも断られる
「準天頂衛星みちびきで日本が弾道ミサイル装備」と中国メディア
準天頂衛星「みちびき」を戦争準備だと批判する北朝鮮と中国
韓国「偵察衛星が必要ニダ」といまさら騒ぐ
日本の情報収集衛星を羨む韓国軍
日本の情報収集衛星を敵視する中国
韓国のレーダー偵察衛星 8月22日に打ち上げ
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国
情報収集衛星レーダー3号機打ち上げ 韓国メディアの反応
韓国テレビ H2Aロケットから日の丸を削除し放映
韓国衛星「アリラン3号」成功後の韓国の反応
水循環変動観測衛星「しずく」の打ち上げ成功
韓国 ロケット打ち上げ失敗
中国がロケット打ち上げに失敗 残骸が村に落下
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
金星探査機「あかつき」を羨む韓国
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す
2020年に月面着陸を目指す韓国
日本が月面探査に乗り出す
日本の月面探査計画に怒る韓国
国際宇宙ステーションへ 「こうのとり」5号来月打ち上げ
こうのとり5号打ち上げ成功 韓国の反応


誕生 国産スパイ衛星 独自情報網と日米同盟
日本経済新聞社
春原 剛

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 誕生 国産スパイ衛星  独自情報網と日米同盟 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル