多摩川中1殺害事件を考える3 息子が主犯と認める

川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年生上村遼太さん(13)が遺体で見つかった殺人、死体遺棄事件で、主犯格とされる船橋龍一容疑者(18)が殺害の事実を認める供述を始めた、と報じられています
共犯として逮捕された柴山和也容疑者(17)らの供述も変化しており、犯行の実態が明らかになるのもそう遠くないのかもしれません
「息子はやっていない」と豪語していた船橋龍一の義父は、以下のようなコメントを流しています


川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村遼太さん(13)の刺殺体が見つかった事件で、逮捕された3人のうちリーダー格の少年(18)が「かみそん(上村さんのあだ名)を全裸にして川で泳がせた後、カッターナイフで刺した」などと殺害を認める供述を始めたことが捜査関係者への取材で分かった。
18歳の少年の父親が2日、代理人を通じてコメントした。要旨は以下の通り。
今回息子が殺人容疑で逮捕されたこと。そして、そのことについて息子が認めているという報道を聞いて、大変ショックを受けており、今はまだ言葉が見つかりません。
自分の知っていることは全て話をして、真摯(しんし)に捜査に協力してほしいと伝えたいです。皆さんにはご迷惑をおかけし、本当に申し訳ありません。
(毎日新聞の記事より引用)


冬の川で全裸になって泳ぐよう命じるなど、単に弱いものいじめをして面白がっているとしか思えない鬼畜の所業です
これまで当ブログでは逮捕された少年の実名を伏せてきましたが、名前を伏せる意味、意義があるとは思えなくなりましたので実名を載せます
インターネット上の掲示板、ブログに実名を書き込むと「名誉毀損にあたる」と警鐘を鳴らす報道もあるのですが、この殺人犯たちに何の名誉があるのかと反論したくなります
さて、船橋容疑者は被害者の首をカッターナイフで切りつけて失血死させているところから、明確な殺意があったものと判断されます。いわゆる、「暴行はしたが殺すつもりはなかった」との弁解は通用しません
ただし、他の2人の少年については事前に殺害を企図した謀議があったかどうかは不明であり、暴行には加担したものの殺害する意図があったのかどうかは微妙です
ただ、死体の遺棄や衣服を燃やすといった証拠隠滅に加わっていたと見られますので、その罪は決して軽くはありません

(関連記事)
多摩川中1殺害事件を考える1 殴られて大怪我
多摩川中1殺害事件を考える2 息子は無関係
多摩川中1殺害事件を考える4 インターネットで私刑横行
多摩川中1殺害事件を考える5 「ネット私刑」を規制すべしとの声
多摩川中1殺害事件を考える6 刑事裁判開始前
多摩川中1殺害事件を考える7 過去の傷害事件
多摩川中1殺害事件を考える8 「強い殺意なかった」
多摩川中1殺害事件を考える9 心理鑑定結果
多摩川中1殺害事件を考える10 求刑10年以上15年以下
多摩川中1殺害事件を考える11 判決は懲役9年以上13年以下
多摩川中1殺害事件を考える12 共犯者にそれぞれ判決
多摩川中1殺害事件を考える13 情状鑑定の意見
http://05448081.at.webry.info/201608/article_16.html
多摩川中1殺害事件を考える14 親に損害賠償命じる判決
https://05448081.at.webry.info/201907/article_25.html
多摩川中1殺害事件を考える15 損害賠償控訴審判決
https://05448081.at.webry.info/202006/article_26.html
埼玉少年殺害事件を考える1 中学生逮捕の衝撃
埼玉少年殺害事件を考える2 少年院送致決定
木曽川長良川連続リンチ殺人を考える 暴走する少年
木曽川長良川連続リンチ殺人の少年被告3人に死刑判決
木曽川長良川リンチ殺人を考える3 再審請求
「少年犯罪は厳罰化しても減少しない」説への異論
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
三重・中学生殺害事件を考える 犯行の狙い
三重・中学生殺人を考える2 「金目当ての犯行だった」
三重・中学生殺人を考える3 地元の反応
三重・中学生殺人を考える4 記憶にないと主張
三重・中学生殺人を考える5 懲役5年以上9年以下
愛知集団暴行事件を考える1 川へ入るよう強要
愛知集団暴行事件を考える2 3人を少年院送致に
小学生いじめ 至近距離からエアガン撃ち込む