つまようじ少年 中等少年院送致

今年の1月、動画サイト「YouTube」へスーパーのスナック菓子などに爪楊枝を突き刺す動画を投稿し、偽計業務妨害の容疑で逮捕された少年に対し、東京家庭裁判所は中等少年院に送致する決定を言い渡しました
自らの犯罪行為を投稿し、世間を挑発するような発言を繰り返して注目を浴びようとした少年ですが、中等少年院送致となってその虚栄心を見たすことができたのでしょうか?


スーパーでスナック菓子につまようじを突き刺す映像を動画サイトに投稿し、店の業務を妨げたなどとして、東京家裁は1日、偽計業務妨害と建造物侵入の疑いで送致された東京都三鷹市の無職少年(19)を、中等少年院送致とする保護処分を決定した。決定理由は明らかにしていない。
少年は1月11日に調布市のスーパーで、持参した菓子のふたにつまようじを刺す様子を撮影して翌日投稿したほか、別のスーパーでパンの袋を開封する動画なども投稿し、店側に商品の点検や警備を強化させて業務を妨害した疑いなどで逮捕された。3月に東京地検立川支部が家裁送致していた。
(産経新聞の記事から引用)


この19歳の無職の少年(イチカワタクマ)はこれまでにもインターネット上で、「新宿駅で通り魔事件を起こす」とか、「博多駅で襲撃事件を起こす」といった犯罪予告を行い2度逮捕されています(過去、2度とも少年院送致になったとの情報もありますが真偽は不明です)
今回で3度目の逮捕ですから刑事裁判で実刑もありえたのでしょうが、東京家庭裁判所は刑事処分ではなく保護処分を選択しました
裁判官の判断がどのようなものであったのか、現時点ではわかりません
世間を騒がせた犯行は「悪戯」で済ませれない悪質なものであり、模倣犯を生み出したことからも悪影響を及ぼしたのは明らかです
それでも保護処分(少年院送致)が相当だと家庭裁判所が判断したのは、少年の未熟さと可塑性に着目し、矯正の可能性に賭けたからなのかもしれません
裁判官は審判の席上、懇々と少年に説諭をしたと推測します。が、その説諭が少年の身にしみ、心を動かすに至ったかどうかは少年院を出た後の行動で判断されます
これまでの少年の行動を見れば承認欲求が極めて強く、「悪事をしてでも有名になりたい」とか「注目を浴びたい」との思いが背景にあるのが分かります
そんな目立ちたがり屋が少年院を出た後、堅実な人生を選択するようになるとは思えないのであり、おそらくは世間を騒がせる犯罪行為に再び手を染めるのではないかと予想します(たとえ今回刑事裁判を選択し、実刑判決が下された刑務所に収監されたとしても、この少年の本質は変わらず再犯の可能性が大であると考えます)
もちろん自分の予想が外れ、そうならないのが一番ですが
新聞やテレビなど一般メディアではこの少年の家庭環境が報道されていないため、詳細は掴めないものの、生活保護を受けていた実態からすればまともな家庭で育ったわけではないと分かります
承認欲求の強さも、そんな生育環境の中で育まれたものでしょう。大人になった彼が自分を承認してくれる人間関係を築くのに成功すれば、奇矯奇抜な行動に走らず、安定した社会生活を営めると思いますが、そう簡単ではありません

(関連記事)
ファミマ土下座事件の顛末
ファミマ店員を土下座させたDQN客 速攻で逮捕される
ファミマ土下座事件で4人目の逮捕者
「しまむら」土下座女に罰金30万円
「しまむら」で土下座強要の女逮捕される
しまむら店員を土下座させた主婦 身許がバレて炎上騒動
全裸写真投稿で炎上の早大生 大学は処分の方針
終わらないバカッターの夏 炎上騒動の後
スーパーの冷蔵ケース入った専門学校生 退学処分に
中学生男女の集合キス写真 ツイッター炎上
青学女子大生 実名写真付きで不倫自慢
「飲酒運転なう!」と書き込んだ東大生 炎上騒動
「レイプは女が悪い」発言で立教大生炎上
「レイプは女が悪い」発言で炎上した立教大生3 内定取消
チェーンソーでヤマト運輸を脅し逮捕  ユーチューバー
警察官の前に白い粉 You Tuber西坂大治逮捕
You Tuber西坂大治 罰金刑不服で正式裁判へ
サイゼリヤ食べ残し炎上YouTuber 醜悪な釈明
ようやくYouTuber規制 広告収入激減