「アジアインフラ銀行で日米は孤立」と書く朝日新聞

再び中国が主導するアジアインフラ投資銀行を話題として取り上げます
朝日新聞はこの銀行設立に参加しなかった日米を外交的な失敗と決め付け、世界から孤立していると書いています
日本が不参加を決めた理由については麻生財務大臣が度々説明していいるのですが、朝日新聞はこれを無視し、アジアインフラ投資銀行こそアジアの共栄を実現する機関だと手放しで絶賛する始末です


AIIBでアジア共栄の正論を謳い上げた中国…日米孤立、日本外交・米国外交は大失敗だ
中国が設立を主導したアジアインフラ投資銀行(AIIB)には、2015年4月半ばの段階では、57の国・地域が、創設メンバーとなった。東アジア・東南アジアで参画を見送ったのは、日本と北朝鮮だけとなった。
日本は、米国と一緒になって(米国の指示で?)、米国の「同盟諸国」、関係諸国などに、同行に参画しないように政治的な圧力をかけていたという。
しかし、イギリスを筆頭に、ドイツ、フランス、イタリアなどの欧州の米国の主要な同盟諸国だけではなく、西太平洋地域の米国の同盟国であるはずの韓国、オーストラリア、ニュージーランドまでも、米国の制止を振り切って、AIIBへの参画を表明した。
その後、米国は世界銀行、アジア開発銀行などを通じた協力を表明する姿勢に転換し、日本も、AIIBへの参画を明言していないが、アジア開発銀行などを通じた協力を表明するようになっている。
率直に言って、日本外交、米国外交の大失敗であったと評価されるだろう。
何が日本と米国の判断を誤まらせたのか。
米国のアジア・ピボット戦略、オフショア・バランス戦略に基づいた「中国包囲網」構想の枠組みと、それに乗った日本外交の情勢判断の誤りではなかったか。
(以下、略)


アメリカが姿勢を転換し、世界銀行やアジア開発銀行を通じて協力を約束したかのようにも書いていますが、具体的に何を協力するかは保留のままであり、単なる社交辞令でしょう(やれるもんならやってみな、という程度の)
麻生財務大臣はアジアインフラ投資銀行の運営の透明性が確保されていないと指摘し、理事会の機能や権限が不明確だと指摘しています
しかし、中国側はこれに対し「運営の透明性は確保されている」と主張するだけであり、理事会の権限などは何も決まっていません
こんな海のものとも山のものともつかない銀行の設立に参加せよ、と主張する朝日新聞こそ常軌を逸していると感じます。中国共産党から命令されて記事を書いているのでしょうか?
別のメディアはアジアインフラ投資銀行だけでなく、BRICS銀行((経済成長が著しいロシアと中国、インド、ブラジル、南アフリカの出資による銀行)が間もなく発足し、アメリカ主導の金融秩序を揺るがすと書いています
しかし、西側の経済制裁に揺れるロシアや、オリンピックとワールドカップの二大スポーツ大会を誘致しながらも会場整備がままならないブラジルらが寄せ集まったところで、まともな銀行運営ができるのか疑問です
日米の外交が失敗であったのかどうか、数年後に答えが出るのでしょう。朝日新聞はその際、「日米が協力を拒んだからアジアインフラ投資銀行は失敗した。日米は責任を負うべきだ」と書くのかもしれません

(関連記事)
アジアインフラ投資銀行 資本金払い込みは8.6%足らず
アジアインフラ投資銀行副総裁のポストを失った韓国
鳩山由紀夫のアジアインフラ投資銀行顧問就任を評価するメディア
「中国主導アジアインフラ銀行不参加は大失敗」と書くメディア
中国主導銀行AIIB 日本は参加せず
中国株安 時価総額で500兆円消し飛ぶ
日本を屈服させられず焦りまくる中国の悲鳴
尖閣諸島の共有を呼びかけるベネトンのCMに批判
中国紙「ドラえもんは侵略者」と批判
人民日報「日本はドラえもんに学べ」の噴飯記事
中国海軍の実力を誇示する「おバカ記事」
米メディア 「ナチスを例に日本批判する中国」を批判
「尖閣棚上げ合意なし」 78年の日中会談
「中国は尖閣諸島より民度向上に努めよ」とフィナンシャル・タイムズ
日米首脳会談をくさそうと必死になる中国メディア
「尖閣に隕石が落ちれば」発言の中国人 開き直る
「隕石、尖閣に落ちれば」 日テレ不適切発言
「日本女性は中国人と結婚したがっている」と書く中国メディア
「日本のソフトパワーは衰えている」と書く中国メディア
世論調査「中国を信頼できず84%」
日本を「アジアの病人」と報じる中国メディア
丹羽大使、「尖閣購入支持する日本人はおかしい」
中国メディア「日本はなぜ中国に屈服しないのか?」
「中国は非礼」英女王発言に慌てふためく中国
日韓通貨スワップ再開協議中断 韓国の反応


国際金融入門 (岩波新書)
岩波書店
岩田 規久男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国際金融入門 (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル