「桜の起源は韓国」を諦めないトンデモ報道

毎年、この時期になると韓国のメディアが「桜(ソメイヨシノ)の起源は韓国・済州島の王桜である」と力説する記事を掲載します
ワシントンのポトマック河畔で開催される「桜まつり」を妬み、羨み、「桜の起源は韓国だ」と主張したのが韓国の初代大統領李承晩です
以来、韓国では植物学的な研究成果など無視してソメイヨシノは韓国起源、との嘘を内外に宣伝してきました
しかもインターネットの翻訳ソフトを使いソメイヨシノを韓国語に変換すると、「王桜」と表記される小細工まで行っています
今年も韓国の王桜こそソメイヨシノの原種だと強調する報道が溢れる中で、「桜を愛でる文化も韓国のものすべきだ」との主張が登場しています
中央日報の記事を転載します。長文ですが一読願います


(前略)
それならこのところお祭りの真っ最中であるサクラの花に対する昔の試みはあるだろうか。本とインターネットを検索してみても見つからない。これに対し日本にはサクラの花を歌った昔の詩が無数に多い。「夕ざくらけふも昔に成にけり」のような小林一茶の俳句が一例だ。
それなら現在の韓国でサクラの花を楽しむ風習はどこからきたのか。日本の影響であることは否めない。
日本の代表的なサクラの品種で日帝強占期に韓国に多く植えられたソメイヨシノが済州島(チェジュド)のサクラが起源になったという学説が合っていたとしてもだ。
「サクラ済州島原産地説」は、解放後にサクラの木を切ろうとする動きを阻止し多くの韓国人がサクラの花を楽しんで感じる「倭色」に対する不便さを減らしてくれた。
だが、私たちは花の原産地とその花を楽しむ文化は別個という事実を便利に忘れていた。
原産地がどこであれ、昔からサクラの花への愛が最も強いのは日本だった。だから最近中国まで加勢して三国志になってしまったサクラの原産地論争は植物学的には意味があっても文化的には格別な意味はない。
私たちの祖先はサクラの花より別の春の花をはるかに愛した。チョン・ギの「梅花草屋図」で士人が雪のようなウメを鑑賞し、申潤福(シン・ユンボク)の「年少踏青」で妓生と粋人が赤く咲き誇るツツジを楽しむが、サクラの花を見物する絵は見たことがない。これに対しサクラの花が登場する日本の浮世絵は数えられないほど多い。
そのためサクラの花が済州島原産であることを掲げて韓国の伝統でないサクラ祭りを、はっきりしない民族主義で包装するのは自己欺瞞だけのことだ。対案は2種類だ。民族主義精神を潔癖症的に発揮してサクラ祭りをすべて廃止するか、そうでなければサクラの花と民族主義的原産地論争の連係を断ち切り、花見が日本から来たことを認めた上で、韓国式に創造的に発展させサクラ祭り文化の主導権を握るかだ。
すでに私たちは良い前例を持っている。江陵端午祭がユネスコ無形文化遺産に登録されたではないか。
中国は怒ったが、韓国は端午の名節自体は中国で始まったことを認めるものの、江陵端午祭という祭りは韓国で独特に発展した文化という点を説明し、結局世界に認められた。
合わせて、サクラ祭りだけ発展させるのではなく、韓国固有の強固な文化芸術的基盤がある花祭りを発展させなければならない。日本はサクラの花に対する数多くの俳句と浮世絵、それを引用した現代漫画でストーリーテリングになるサクラ祭り文化を持っている。これに対応できる韓国の代表的な花はツツジだ。申潤福の美しい妓生の頭に差されたツツジの枝から金素月(キム・ソウォル)のそっと踏みつぶされるツツジまで、どれほど多くの話が出てくるだろうか。
激しい文化覇権争いの中で重要なことは、どの国が元祖かではなく、最も魅力的な文化商品として開発できるかであることを私たちは記憶しなければならない。
ムン・ソヨン(コリア中央デイリー文化部長)(中央SUNDAY第421号)


韓国では桜=ソメイヨシノ=王桜との理解が定着しており、桜に多くの園芸種が存在する事実すら故意に無視しています(日本に高度な園芸技術が存在していたのを認めたくないからです)
上記の記事は、「桜まつり」も韓国起源の文化として創造せよ、と主張するものであり、「起源論争に意味は無い。桜を愛でる文化こそ、韓国から生まれたものだと言えるよう文化コンテンツを開発すべし」と煽るものです
安っぽい韓流文化が桜を取り込むことで、世界に「桜は韓国の文化」だとの誤った認識を拡散させ、日本の座を奪ってやろうとの意図が透けて見えます
こうまでして日本の文化を奪い、自分たちのものにしようとする韓国人の執念深さにはほとほとうんざりさせられます

(関連記事)
ソメイヨシノは日本原産を認めた韓国
読売新聞 ソメイヨシノ韓国起源説を完全否定
「ソメイヨシノは韓国原産」への反論報道
韓国メディア 今年も桜の起源を主張する記事
「ワシントンの桜」に嫉妬する韓国
恒例 今年も「桜の起源は韓国」と主張する韓国メディア
今年も韓国メディアの大ウソ 「桜の起源は韓国」
「桜の起源は韓国だ」と主張する韓国メディア
日本から盗んだ仏像返還を拒む韓国の屁理屈
韓国の衝撃 童話「金の斧」は韓国の民話でなかった
単なる噂を教科書に載せる韓国 歴史捏造
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「少数民族がハングル採用で日本が悔しがっている」と書く韓国
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
千利休は朝鮮系と捏造報道 朝鮮新報
韓国の迷信 「日帝の呪いの杭」
日韓唐辛子論争 唐辛子の起源は韓国
「日本に大打撃を与えた」と日本海表記問題を報じる韓国
対馬仏像盗難 愛国者を気取る韓国窃盗団
「東洲斎写楽は韓国人ニダ」説の映画化
朝鮮併合時代の植物標本 「日本から奪還すべし」と書く韓国メディア


一度は見たい桜
光村推古書院
森田敏隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 一度は見たい桜 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル