大阪心斎橋殺人を考える3 ようやく初公判

2012年6月、大阪の心斎橋で昼間に包丁を手にした男が次々と通行人に襲いかかり、2人を殺害する通り魔事件が発生しました。逮捕された礒飛京三容疑者は事件の2週間前に新潟刑務所を満期で出所したばかりであり、「誰でもいいから殺して死刑になりたかった」と供述し、世間を呆れさせました
しかし、その後事件に関する報道は途絶え、京礒飛三容疑者の裁判が始まったとのニュースを見ることもなく、事件から3年が経とうとしています
改めてこの事件の裁判がどうなっているのか、調べてみました
逮捕当時、覚せい剤使用歴のある京礒飛三容疑者が薬物の影響で事件を起こしたのではないか、との疑いが持たれました。大阪地方検察庁は起訴前に精神鑑定を実施した上で、刑事責任を問えると判断し2012年11月、殺人と銃刀法違反の罪で起訴しています
しかし、裁判前の争点を整理する手続きが難航し、公判開始の日程も決まらない状態が続きました。2013年12月になって、大阪地方裁判所は裁判官の決定により再度の精神鑑定を実施しています
弁護側が礒飛京三被告の責任能力について、裁判で争う姿勢を示したためだと推測されます
通常、精神鑑定のための鑑定留置は約3ヶ月です。しかし、その結果についても弁護側、検察側から異論が出たのか、2014年中は公判開始に至らず、ようやく2015年5月25日に初公判が開かれることになりました。判決言い渡しは6月26日の予定です
礒飛被告は新潟刑務所を出所後、栃木県内の薬物依存者の民間リハビリ施設に入って清掃のアルバイトをしていました。が、1週間ほどで施設を出てしまい、かつての刑務所仲間に仕事を紹介してもらうため大阪へ出向き、事件を起こしています
「更生の機会に恵まれなかった」などと論評した新聞もありましたが、大間違いでしょう。自らの勝手気ままな行動から、更生の機会を逸したと言うべきです
さて、初公判の場で罪状認否が行われるのですが、礒飛被告は何を語るのでしょうか?

(関連記事)
大阪心斎橋殺人を考える1 身勝手な動機
大阪心斎橋殺人事件を考える2 磯飛容疑者
大阪心斎橋殺人を考える4 死刑求刑
大阪心斎橋殺人を考える5 礒飛被告に死刑判決
大阪心斎橋殺人を考える6 高裁で無期懲役に減刑
大阪心斎橋殺人を考える7 検察は上告へ
「死刑囚の素顔」と題する本の功罪 ドキュメンタリーの嘘
4人を射殺した永山則夫を聖人視するメディア
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
光市母子殺害事件 最高裁も死刑判決支持
作家森達也が光市母子殺害事件判決にイチャモン
1年8ヶ月ぶりに3人の死刑が執行される
土浦8人殺傷事件犯金川真大 死刑執行
秋葉原17人殺傷事件を考える2 加藤智大というイコン
秋葉原17人殺傷事件を考える3 現実との境界
秋葉原17人殺傷事件を考える4 加藤智大の甘え
釧路イオンモールで無差別殺人 犯人を取り押さえる
釧路イオンモール無差別殺人 松橋伸幸容疑者の素顔


死刑のための殺人: 土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録
新潮社
読売新聞水戸支局取材班

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死刑のための殺人: 土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル