「寺社に油」事件 容疑者は在日韓国人

全国各地の寺社で油のようなものを撒かれる被害が相次いでいる事件の容疑者として、朝日新聞は日本国籍でアメリカ在住の医師が浮上し、逮捕状が請求されたと報じています
他のメディアの記事も含めて情報を整理すると、容疑者金山昌秀は在日韓国人でその後帰化して日本国籍を取得した人物のようです


全国の寺社などで油のような液体がかけられた跡が見つかった事件に絡み、千葉県香取市の香取神宮で3月下旬、柱など数か所に油をまいたとして、千葉県警が建造物損壊容疑で米国在住の日本人の男(52)の逮捕状を取ったことが1日、わかった。
防犯カメラに男とよく似た人物が映っていた。男が「神社は悪霊の巣窟。油を注いで清めた」などと話す動画がインターネットで公開されており、県警が関連を調べている。
捜査関係者によると、男は日本国内でも活動する宗教団体の創立者。頻繁に日本と海外を行き来しており、3月25日に千葉県銚子市で宿泊。
同県内ではレンタカーを使って高速道路などを移動していたという。香取神宮では翌26日朝、油のような液体がまかれているのが見つかった。
また、同神宮から約20キロ・メートル離れた成田山新勝寺(千葉県成田市)でも同様の被害があったことが4月10日に確認された。
男と似た人物が3月25日、新勝寺の防犯カメラにも映っていたことから、県警は男が液体をまいた疑いがあるとして、近く建造物損壊容疑で逮捕状を取る方針。
県警は4月下旬、男の逮捕状を取って帰国を待っているが、男はニューヨークでの生活を続けているという。よく似た男の姿は、同様の被害を受けた京都市の東寺、奈良市の東大寺などでもカメラに映っていた。
(読売新聞の記事から引用)


金山容疑者は17歳のときに韓国系キリスト教会に入信し、その後アメリカの大学に留学、医師の資格を習得したとされます。日本にキリスト教系の宗教団体を設立したのは平成24年頃とされ、寺社を悪魔の巣窟だと批判し、偶像を徹底的に破壊すべきだとの教義を唱えていたのだとか
もっともその教義はキリスト教の形をなぞっただけのもので、自身の神の代理人として崇拝するよう求める韓国のウリスト教です(統一教会など、キリスト教を装った宗教カルトと同類)
聖霊と直接コンタクトして、神の言葉を聞くことができると称しています。そうとでも自称しないと在日韓国人という己の抱えるコンプレックスを補うことができない、卑小な人物なのでしょう
日米間には犯罪者引き渡しに関する条約が締結されていますので、金山容疑者が米国へ逃げ帰ったとしても日本の警察はアメリカに引き渡しを要求できます
捜査当局の迅速な対応によって、この卑劣な犯罪者が逮捕されるよう望みます

(関連記事)
韓国人エロ牧師 セクハラで賠償命令
日本を侵食しようとする朝鮮カルト宗教
「日本の災害が多いのは天皇せい」と韓国教会牧師
ベルギーの教会 児童への性的虐待で強制捜査
アメリカ カトリック教会によるこどもへの性的虐待
インド系宗教詐欺師サイ・ババが危篤状態
インチキ霊能団体「ロマゾフィー協会」
インチキ霊能者に実刑判決 ロマゾフィー協会
「オーラの泉」最終回