東大生 コンパで飲酒し死亡

毎年どこかの大学で、新入生歓迎コンパと称し未成年者である学生に飲酒を強要し、急性アルコール中毒で死亡させる事件が起きています
大学生になったら大人=飲酒も可=飲むのは自己責任、という暗黙の了解があるのかもしれません
しかし大学関係者、現役学生も飲酒の弊害についての認識が甘すぎるのではないか、と常々思います
今度は東大のテニスサークルのコンパで飲酒の挙句、死亡した学生の両親が、サークルのメンバーを相手に損害賠償を求める民事訴訟を提起したと報じられています


平成24年に東大テニスサークルの飲み会で、アルコール度数25%の焼酎約1リットルを一気飲みし、急性アルコール中毒で死亡した埼玉県北本市の教養学部2年の高原滉(あきら)さん=当時(21)=の両親が22日、飲み会に参加したメンバーのうち21人に計1億6900万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。
訴えによると、高原さんは、東京・隅田川花火大会前日の24年7月27日夜、場所取りを兼ねた飲み会で一気飲みを繰り返して倒れ、同28日午前0時ごろ死亡した。メンバーは高原さんを放置したまま飲み続け、異変に気付いて救急車を呼んだのは午前2時すぎだったという。サークルでは、むちゃな酒の飲み方が常態化しており、両親は見殺しにされたと主張している。
代理人弁護士によると、飲み会には未成年を含む約40人が参加。両親は10人とは既に和解したが、21人は「法的責任はない」などと主張しており、両親が提訴した。


テニスサークルのコンパで死亡した高原さんは、コンパを盛り上げる役回りだったそうです。しかし、限度も考慮せず勢いで一気飲みを繰り返すなど自殺行為でしょう。21歳ではありますが、思慮分別を欠いた行動です
中学、高校と受験に縛られた生活から開放され、羽目をはずしたかった心境は理解できるものの、アルコール中毒で死亡するため東大に入ったわけでもなく、両親の無念さは言葉で言い表せないものがあると推察されます
さて、21人の学生の法的な責任にはどうなるのでしょう?
裁判所が、「コンパに参加していただけで介護する責任はなかった」との判断を下すとは思えません。21人に等しく責任を認めることで、大学における飲酒事故を多少なりとも減らせるのではないか、と期待します(おそらく裁判所は和解を勧めると思われますが)

(関連記事)
東大生コンパで死亡事故 サークル仲間は「責任ない」と主張
東大生淫行事件 執行猶予付き有罪判決
東大生淫行事件 「飲み会での悪ふざけ」と弁明
東大生集団淫行事件 公判で明かされた鬼畜の所業
東大生集団淫行事件 松見被告初公判
東大生集団淫行事件を考える 米スタンフォード大の事例
泥酔させた女子大生に淫行した東大生 5人逮捕も起訴は3人
泥酔させた女子大生に淫行 東大生らの続報
泥酔させた女子大生に淫行 逮捕された東大生5人の氏名
民法改正で酒・たばこは18歳から?
「飲酒運転なう!」と書き込んだ東大生 炎上騒動
小樽商科大コンパ 未成年者飲酒で意識不明
小樽商大飲酒事故 いまさら構内での飲酒禁止
合宿中の大学生2人が湖に飛び込んで死亡
森元首相の息子 飲酒運転で事故
大商大拳法部 全裸シゴキで主将ら3人逮捕
大商大拳法部 全裸シゴキ事件で主将ら退学処分
京都教大集団強姦事件を考える
京都教育大集団強姦事件を考える 2
京都教育大集団強姦事件を考える 3
1500万円流用「文理佐藤学園」 学園長辞任へ
運動会組み体操で139人骨折 それでも止めない理由
運動会の組体操事故も「安倍政権のせい」と書くメディア
運動会に人間ピラミッドは必要か?
ミス慶応コンテスト中止 未成年飲酒問題で運営サークル解散処分
駒沢大吹奏楽部 野尻湖水死事件で和解成立
悪質日大サークル 学生2人を強盗容疑で逮捕