西伊豆電気柵感電事故死を考える2 440ボルトの電流

静岡県西伊豆町で親子ら7人が電気柵による感電事故により、死傷した事故の続報です。電気柵を設置した男性は昇圧器をつないでおり、家庭用の電源(100ボルト)から引いた電流を440ボルトに高めて流していた、と報じられています


静岡県西伊豆町で動物よけの電気柵付近で7人が感電し、うち男性2人が死亡した事故で、電気柵を設置した70代男性が、電圧を上げるための昇圧機を取り付けるなどして、電気柵を自作していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。関係者によれば、男性は以前、家電販売店で勤務した経験があり、電気設備の知識があった。男性は「自分の施工ミスだった」と周囲に話しており、県警は男性から事情を聴くとともに、電気柵や昇圧器などを回収して詳しく調べている。
経済産業省電力安全課によると、昇圧器を設置したことで、電気柵が電源を取っていた家庭用コンセント(100ボルト)の電圧が440ボルトに引き上げられていたという。
県警によれば、男性はコンセントの抜き差しで電気柵の電源を切り替えていたといい、普段は夜間だけ通電させていたが、事故当日は、電源を切り忘れた可能性が高いという。
(産経新聞の記事より引用)


電気に関する知識があったとするならば、なぜ電気柵を440ボルトの電圧にしたのでしょうか?
これでは動物避けではなく、シカやイノシシを感電死させるための電気柵です
もちろんこの男性は、「人間が触れて感電する事態は想定しなかった」と説明するのでしょう
シカやイノシシに対する敵対心が、「より高圧の電流を流してやれ」との意思に繋がったとも考えられます
しかし、「電気柵、注意」の看板も設置しなかったのですから、安全に対する配慮を最初から欠いていたと見なすべきであり、過失責任を厳しく問う必要があります
世間一般には、「79歳の老人を逮捕したり、取調べをして何になる」と、この男性に同情する向きもあろうかとは思いますが、2人の命を奪った事実は重く「不幸な事故だった」で済まされるものではありません

(関連記事)
西伊豆電気柵感電事故死を考える3 容疑者自殺
西伊豆電気柵感電事故死を考える1 安全管理欠如
前橋女子高生渋滞事故 運転に固執した85歳
横浜強盗殺人未遂 71歳の男を逮捕
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故
高齢者の交通事故相次ぐ
78歳がラブレターを返され強迫 暴走老人事件
自ら掘った落とし穴に転落し夫婦死亡
海岸の落とし穴に転落死亡の夫婦 夫の両親が友人らを提訴
落とし穴事故で妻と友人に9100万円の賠償命じる判決
浜名湖のボート訓練で中学生死亡
浜名湖ボート事故 何のための学校行事か?
浜名湖ボート転覆事故裁判 施設管理者に有罪判決
運動会組み体操で139人骨折 それでも止めない理由
運動会の組体操事故も「安倍政権のせい」と書くメディア
運動会に人間ピラミッドは必要か?
シャチが調教師を死亡させる事故
車椅子でエレベーターに突っ込み転落死 韓国
交通死亡事故の千野アナは年末ハワイ旅行
芸能人お受験2015 チノパン息子は慶応合格


責任原理と過失犯論
成文堂
甲斐 克則

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 責任原理と過失犯論 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル