中国株安 時価総額で500兆円消し飛ぶ

上海やシンセンの証券市場が下落を続ける中国では、習近平政権の肝いりで投じた80兆円もの株価対策資金も役に立たず、回復の兆しが見えません
官民併せて投じた80兆円の中身は不明ですが、日本の国家予算(一般会計)の8割にもなる巨額の資金を溶かしてしまったのですから、習近平国家主席はさぞ苦い顔をしているものと思われます
9月3日には中国共産党にとっての一大イベント、「対日戦争勝利70周年」の記念式典を控えています。それまでに株価の下落が止まらないようなら、暴動が発生するかもしれません
以下、産経新聞の記事から引用します


中国で実体経済の悪化を反映した株価の下落に歯止めがかからない。6月中旬からの下落局面で、中国は官民合わせて少なくとも4兆元(約80兆円)の資金を投じて株価下支え策を続けたが水の泡となった。「市場をゆがめる」との批判から当局が8月中旬以降、介入の手を緩めた結果、失望した個人投資家がパニック売りを浴びせた。未成熟な証券市場に投資家の疑心暗鬼が広がっている。
週明け24日の上海総合指数は、前週末21日の終値に比べ一時9%の下落となったが結局、同8・49%安の3209・91で引けた。1日あたりの下落率では2007年2月27日以来、約8年半ぶりの大きさだった。
終値で同指数がやや戻したのは、午後に入って国有石油大手など一部の銘柄に大口の「買い」が入ったためだ。
「最後まで守り抜きたいと考える“ハーレム株”と呼ばれる銘柄に対し、当局が選択的に介入する手口をとり始めた」(市場関係者)からだという。一方、前週は21日まで5日で11%超下落した。なかでも21日に前日終値比4・27%下げたのは、英国系の民間調査会社による8月の製造業景況指数が6年半ぶりの低い数値に落ち込んだことがきっかけだった。投資家が「政府の公式統計以上に景気悪化が進行している」(市場関係者)と判断した結果といえる。


これだけでは実態がつかめませんので、補足のデータを貼っておきます
上海総合指数
6/12日 ピーク     5166 ←時価総額 1236兆円
8/3日▲1.1%下落  3622 ←時価総額 866兆円
20日▲3.4%暴落  3664
21日▲4.2%暴落  3507
24日▲8.4%暴落  3209
25日▲7.6%暴落  2964 ←時価総額 709兆円


6月12日のピークには上海株式市場の時価総額が1236兆円に達していました
そこから8月25日まで大きく値下がりし、時価総額は709兆円です。差額であるところの約500兆円が消し飛んだ格好です
もちろんこの500兆円分はバブルだったと言えるのですが、株を買っていた中国人には何とも残酷な結果です
シンセンの株式市場だけ見ても、今年の4月から6月にかけ、新規口座数2億7300万も増えたといいます
4月21日、人民日報の社説は、「強気相場は『始まったばかり』 買えば儲かる」と国民に株式投資を煽る発言を載せています。 「中国はGDPで10兆ドル= 1200兆円)の国家で、安定した政治環境着実な経済発展、明確な目標が整っている」と人民日報は主張し、「こうした経済の下では、優良株の評価は正常な水準に調整されるべきだろう。これがバブルと呼ばれるのであれば、そうでない資産は何だろうか?」として、当時囁かれていた中国株バブル説を否定していました
さらに問題は、中国の個人投資家の多くが借金をして株に投資しているところにあります。株価は値下がりし、借金だけが残る構図です
9月3日、習近平は天安門広場の軍事パレードで晴れ姿を誇示するつもりでしょう
が、株価の方は底抜けしてさらに値下がりするのかもしれません

(関連記事)
北京の抗日勝利軍事パレード 損失は3800億円
アジアインフラ投資銀行 資本金払い込みは8.6%足らず
アジアインフラ投資銀行副総裁のポストを失った韓国
鳩山由紀夫のアジアインフラ投資銀行顧問就任を評価するメディア
「中国主導アジアインフラ銀行不参加は大失敗」と書くメディア
「アジアインフラ銀行で日米は孤立」と書く朝日新聞
中国主導銀行AIIB 日本は参加せず
「ウクライナ侵攻」 経済制裁に揺れるロシア
通貨スワップ終了で韓国逆ギレ 「通貨危機は日本のせいだ」
日韓通貨スワップ廃止 韓国の言い分
「アベノミクスよりクネノミクスが上」だと誇示する韓国メディア
「アベノミクスがうらやましい」と書く韓国メディア
韓国政府 資源開発失敗で大損
日経「フィナンシャル・タイムズ」買収に対する韓国の反応
タンス預金880兆円はけしからん? 麻生発言
震災でわかった日米の競争力格差
国際競争力のランキング 日本は6位
国家ブランドの価値ランキング 日本は何位?
日本人が中国を見下す理由は「経済格差だ!」
日本はアジアの劣等国になったが・・・ロイター通信の記事
韓国が日本に勝った「UAE原発プロジェクト」の裏事情
中国「抗日戦勝軍事パレード」 参加は5カ国のみで大恥
台湾の馬総統「ザ・レイプ・オブ・南京」のアイリス・チャンを絶賛
中国メディア「日本はなぜ中国に屈服しないのか?」
中国指導部もタックスヘブンにペーパー会社設立 パナマ文書


中国バブル崩壊が始まった
海竜社
宮崎 正弘

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中国バブル崩壊が始まった の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル