高槻少女殺害事件を考える8 性的サディズム

高槻少女殺害事件で逮捕された山田容疑者は、黙秘を続けたままであり、自ら進んで事件について語る気はなさそうです
産経新聞の記事が山田容疑者の「性的サディズム」に触れているますので紹介します


非道な犯行に向かうまでには伏線があった。大阪で、中学生の少年少女2人の遺体が見つかった事件。少女に対する死体遺棄容疑で逮捕された
契約社員、山田浩二容疑者(45)は、2002年にも中学生の男子生徒を車に連れ込む監禁事件を起こしていた。鬼畜の心には「性的サディズム」が横たわっていた可能性があると専門家は指摘する。
(中略)
新潟青陵大学大学院の碓井真史教授(社会心理学)は「前回の事件を踏まえれば、山田容疑者は男の子が目的だったのだろう。性的目的で誘拐した可能性が強いと感じる」と話す。
粘着テープで顔を覆うなど、なぜ残虐な犯行に走ったのか。山田容疑者は前回の逮捕と同時期、別の連れ去り事件を起こしており、被害者の顔に油のようなものをかけて火を付けてもいる。
「残酷なことをしても良心の呵責を感じない人間はおり、山田容疑者もそのタイプなのかもしれない。普通ならナイフで人を刺した感触は気持ちが悪いと思うはずだが、彼らにとっては、紙をくしゃくしゃに丸めるのと同じようなもの。傷つけること自体に快感を感じる性的サディズムの人間であった可能性も考えられる」
傷付けて快感を得続けたいのなら殺人まで犯す必要はないが、碓井氏は「以前、新潟で少女が長期間、男に監禁された事件があったが、犯人は『少女と仲良くなりたい』という気持ちを持っていた。山田容疑者が性的サディズムの人間であった場合、傷つけることが目的で、生かしてペットのように飼うという発想は出てこなかったと考えられる」と説明した。


碓井真史教授の説明で「性的サディズム」について、すんなり納得できる方はそう多くないと思われます
フランスの精神分析家ジャック・ラカンは、「欲望は言語のように構造化されている」と指摘しました
極論するならば、山田容疑者は欲望(性的サディズム)を物語として心の内に秘めている、と言い換えてもよいのでしょう
朝方、私鉄の駅前へ車で向かったのは、そこにいるであろう少年に誘いをかけ、己の欲望の物語に引きずり込むのが狙いだったと解釈されます
以前にも指摘しましたが、世間一般ではサディストとマゾヒストが存在し、互いに相反する欲望を抱えていると理解されます。しかし、フロイトはサディズムとマゾヒズムが相対する概念ではなく、人はその加虐と被虐両方の欲望を秘めているのだと考えました
山田容疑者にすれば、少年を監禁し、恐怖と苦痛を与えるという加虐行為の中に、自分自身がいたぶられる苦痛=性的興奮を見出していたのでしょう
山田容疑者が中学時代に暴走族へ加わったものの、実際はパシリとしての役割を演じていたとの証言を考慮すれば、暴走族内でリンチまがいの暴行を受けた経験も少なくなかったものと想像されます
しかし、山田容疑者は被害体験を苦として暴走族をやめるのではなく、そこで殴られたり辱めを受ける中に性的な興奮、快楽を見出しとどまったのかもしれません
通常は異性に惹かれ、異性を思いやったり、相手の立場を尊重することで相互の信頼関係を築く過程を学んだりするものですが、山田容疑者の場合はそうした体験がほとんどないのか、関係を築くことが難しいある種の発達障害を抱えていた可能性も考えられます
人と情緒的な交流を深めるより、暴力で支配したり、蹂躙して快感を得ることの方が山田容疑者にとっては重要だったのではないでしょうか?

(関連記事)
高槻少女殺害事件を考える1 快楽殺人
高槻少女殺害事件を考える2 遺体は寝屋川の中学生
高槻少女殺害事件を考える3 杜撰さと周到さ
高槻少女殺害事件を考える4 容疑者逮捕
高槻少女殺害事件を考える5 山田容疑者の行動
高槻少女殺害事件を考える6 星野くん犯人説?
高槻少女殺害事件を考える7 山田容疑者の素性
高槻少女殺害事件を考える9 監禁事件7件
高槻少女殺害事件を考える10 再逮捕で殺人容疑立件へ
高槻少女殺害事件を考える11 犯罪自慢
高槻少女殺害事件を考える12 初公判は11月の予定
高槻少女殺害事件を考える13 山田被告が土下座
高槻少女殺害事件を考える14 睡眠導入剤で眠らせ殺害
高槻少女殺害事件を考える15 身勝手な弁解
高槻少女殺害事件を考える16 精神障害なし
高槻少女殺害事件を考える17 被告人質問で嘘連発
高槻少女殺害事件を考える18 死刑求刑
高槻少女殺害事件を考える19 判決は死刑
高槻少女殺害事件を考える20 死刑判決への論評
高槻少女殺害事件を考える21 控訴取り下げ死刑確定
高槻少女殺害事件を考える22 山田被告の手紙・手記
高槻少女殺害事件を考える23 「控訴取下げ無効」で控訴審開始へ
高槻少女殺害事件を考える24 2度めの控訴取り下げ
高槻少女殺害事件を考える25 控訴取り下げの行方
https://05448081.at.webry.info/202008/article_9.html
実在した殺人鬼を描く映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」
ロシア政府が米映画「チャイルド44」を批判、上映禁止
島根女子大生遺棄事件を考える7 「羊たちの沈黙」
「切り裂きジャック」研究者が売春婦殺害で逮捕
「切り裂きジャック」殺人 売春婦を殺害する理由
「切り裂きジャック」殺人 似ているようでまったく違う犯行
英国切り裂きジャック殺人 グリフィス被告のその後
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
佐川一政 パリ人肉食事件を考える1
大阪バラバラ殺人 夫が妻子を殺害
一斗缶殺人事件で懲役28年の判決
寝屋川の中学教諭 児童買春で逮捕
寝屋川市の小学校教諭を少女強姦で逮捕
姫路女子中学生監禁わいせつ事件を考える
江戸川区女子高生殺害事件を考える1 「興味半分で殺した」
SMプレイにはまり4人殺傷の中国人留学生に懲役28年判決


性倒錯の構造―フロイト・ラカンの分析理論
青土社
藤田 博史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 性倒錯の構造―フロイト・ラカンの分析理論 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル