「文化力」を誇示する韓国メディアの軽薄さ

韓国メディアが長文の、しかも中身の無い論評のようなものを好んで掲載します
歴史や政治、経済、軍事などを語るのに、わざわざ欧米の学者の箴言を引用し、もっともらしく装う手口が常です
中央日報が、「文化が力だ(1)ポスト韓流を考える…3万ドルを超える道、文化が前輪だ」と題する記事を掲載していますので紹介します
今回はフランスの経済学者ジャック・アタリを引用し、韓国がこれから世界を率いる国の1つとして文化力の強さが発揮される、と「韓流」で成功した体験を誇示しようという内容です
ジャック・アタリはソ連崩壊、金融バブル、新たなテロ の脅威、インターネットによる世界変化を予測し、見事に的中させてきたと形容され、未来学者とも呼ばれます。かつてトインビーとか、アドルフ・トフラー、最近では「21世紀の資本」で注目されたトマ・ピケティのように、現状を分析したり近未来の展望を示す著作が好まれるのは世の常です


未来学者ジヤック・アタリはすでに2006年、これから世界を率いる11カ国の一つに韓国を挙げた。2025年まで韓国の1人あたりの国内総生産(GDP)は倍増し、卓越したその技術力と文化の躍動性は世界を魅了するだろう。したがって中国をはじめとするアジアのすべての国々は、たとえそれが日本だとしても、韓国を「成功モデル」として追うことになるという見方を示した。外れたことがないアタリの予言に従うなら、我々は特に彼が指摘した文化の躍動性という言葉に注目する必要がある。そしてそれを韓国のGDPが3万ドルの限度を乗り越える動力としなければいけない。
富国強兵を目標にすると、韓国は中国や日本と競争するのが難しい。中国はすでに空母「遼寧」を建造して超音速機を搭載し、日本は護衛艦「いずも」を進水させた。両国の軍事力競争の中で韓国がずっと両国が羨む「成功モデル」を持続するための道は一つ、文化力だ。両国が真似できない韓流文化のように、世界の人々の心を引く魅力と共感の拡散だ。
(中略)
奇跡の発展をしてきた韓国の「成功モデル」は現在2万ドル時代に閉じ込められている。これを乗り越えるには経済・政治の力だけでは不可能だ。今まで伝えられてきた社会慣習と市場原理の既存文法を解体・分解し、創造的想像力をあらゆる分野の発展動力としなければいけない。産業文明が始まる頃から英国の思想家ジョン・ラスキンは強く生命の内在的価値(intrinsic value)を主張した。それが交換価値や使用価値より先行しなければいけないということだ。例えば文化が経済の前に立ってこそ経済も生きる。3万ドル時代の扉を開くには文化のかんぬきから外さなければいけない。それが経済力と軍事力(政治権力)の次にくる第3の文化力だ。
(以下、略)


ジャック・アタリにジョン・ラスキンも引用し、箔をつけようとしています
略した部分は「江南スタイル」のヒットに大喜びし、自慢する内容が綴られています
韓国は世界を牽引する「文化力」を有すると大上段に振りかぶっておいて、出てくる根拠が「江南スタイル」のヒットですから、悲しくなります(所詮は一発屋です)
ちなみにジャック・アタリが韓国を推す理由は以下の様なものです


日本がチャンスを生かせなかったのは、ひとえに開放の精神を欠いていたから、というほかない。私は『21世紀の歴史』で「2025年、日本の経済力は、世界第5位ですらないかもしれない」「アジア最大の勢力となるのは韓国であろう」と書いた。韓国は今、生活水準や技術の進歩において日本と肩を並べている。情報工学や都市工学の分野では、日本より上回っているかも知れない。しかも、韓国は中国に対して、日本よりもずっと緊密な関係を築き、中国市場へのアクセスを確保している。
(朝日新聞の記事より引用)


中国市場にどっぷり依存しているがゆえに、人民元の切り下げや上海株価の暴落で青ざめている韓国なのですが、アタリには将来、日本より韓国のほうが強大になっていると映るのでしょう
韓国の誇る「韓流文化」は、日本でさっぱり商売にならなくなりつつある(一部のマニアにはウケていますが)状況で、国民1人あたりのGDPを3万ドル台に押し上げる原動力になり得るのか、大いに疑問です

(関連記事)
東浩紀「韓国との多文化共生を諦めてはならない」
韓国メディア「K-POPで日本を超える経済大国に」
「江南スタイル」がヒットしない日本に韓国人がブチ切れ
世界を席巻するK-POP「江南スタイル」
「江南スタイル」PSYの反米ソングに批判 苦しい釈明
韓流歌手PSYの反米ソングがアメリカでバレる
「韓流で稼ぎまくる韓国」と報じる日本のメディア
韓国ドラマ売上激減
フランスでK-POPが人気だと必死で言い張る韓国メディア
日本マスコミが報じないK-POP少女時代の米進出「大惨敗」
チャン・グンソク主演映画「君はペット」コケる
「Youtube席巻する韓流」と書くジャーナリスト
GQ誌「韓流は世界を制するのか」
K-POP歌手による反韓流批判「逆行する日本」
「日本で韓国人男性がモテモテ」と報じる韓国メディア
K-POPは卑猥なダンスが売りなのか?
「韓流は終わっていない」と必死なコラム


21世紀の歴史――未来の人類から見た世界
作品社
ジャック・アタリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 21世紀の歴史――未来の人類から見た世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル