アニメ「百日紅」 国際映画祭で受賞相次ぐも興行不振

浮世絵師葛飾北斎とその娘お栄を描いた杉浦日向子の漫画「百日紅」を、原恵一監督がアニメ化するとの話があました。作品は今年の5月に公開されたものの、興行成績はさっぱりで、話題にもならなかったそうです
自分も、「公開されればニュースで取り上げられるだろうから、観に行くか」と構えていたものの、公開されていることすら気が付きませんでした
しかし、海外のアニメーション・コンペティションでは評価が高く、アヌシー国際アニメーション映画祭では長編コンペティション部門審査員賞を獲得しています
以下、おたぽるの記事を引用します


原恵一監督作の長編アニメ『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』が、カナダ・モントリオールで開催されていた「第19回ファンタジア国際映画祭」(現地時間7月4日~8月4日)において、長編アニメーション優秀賞にあたる今敏賞、セカンス賞アジア映画優秀賞、長編アニメーション観客賞の3冠を受賞した。
原はTVアニメ『クレヨンしんちゃん』シリーズを長く手がけ、“大人も泣ける名作”劇場版『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』や、『河童のクゥと夏休み』の監督を務めたことで知られるクリエーター。
その原が、これまた名作と呼び名が高い杉浦日向子のマンガ『百日紅』(筑摩書房)を長編映画化。さらに主人公の浮世絵師・お栄を杏、その父である天才浮世絵師・鉄蔵(葛飾北斎)を松重豊が演じることで、アニメ専門誌だけではなく一般マスコミからも注目を集めた。
さぞ話題になるだろうと思いきや、初週末興行成績(5月9~10日/全国75館公開)は約1720万円と目を疑うほどの大コケとなってしまったのだ。
(中略)
実際、日本国内に比べて海外での評価は高く、今回の受賞は6月のフランス・アヌシー国際アニメーション映画祭での長編コンペティション部門審査員賞に続く、海外の国際映画祭での受賞となった。精緻な江戸の町並み、“ジャポニスム”を連想させる浮世絵の描写など、確かに海外で受けそうな要素ばかり。「クールジャパン」とか言って、半端なSFやロボットに力を入れるよりも、海外を視野に入れるなら、こちらの路線に舵をきるのもアリかもしれない。

「目を疑うほどの大コケ」映画『百日紅』を世界が絶賛!


興行失敗は残念な限りですが、結果を云々しても始まりません
5月9日~10日といえば、ディズニーの「シンデレラ」が興行収入トップで、3位に「名探偵コナン 業火の向日葵」が入り、7位が「劇場版ドラゴンボール 復活のF」が、9位に「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語」が入っています
それぞれ人気のある劇場版アニメ作品がひしめいていた状態であり、「百日紅」に注目が集まらなかったのは仕方がないのでしょう
予告編を見る限り、なかなか良い感じなのですが

映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』新予告編



日本の映画市場でウケなかった以上、いくら海外で上映の機会を得ても興行収入が伸びるとは思えませんので、制作費の回収は困難であり大赤字確定です
このまま「過去の作品」にしてしまうのは惜しまれます。海外での日本文化紹介のイベントで上映するという方法もありますし、何とか活かしてもらいたいものです

(関連記事)
新海誠監督作品「君の名は。」 興収100億円を突破
もっとも美しいアニメTOP10に新海誠「言の葉の庭」
アヌシー映画祭で「時をかける少女」に勝ったアニメ「Jimmy Fri!」
フランスの近未来SFアニメ「ルネッサンス」が渋すぎる
アニメ「四月は君の嘘」 海外の反応
「坂道のアポロン」 海外の反応
音楽とアニメ 「坂道のアポロン」でジャズ人気?
アニメーション「君に届け」を見た海外の反応
「めぞん一刻」を見る海外の反応
「カードキャプターさくら」 日本版と北米版の違い
映画「火垂るの墓」 海外での反応
「火垂るの墓」を語る
海外で人気の女性アニメキャラ1位は日向ヒナタ
「ヒカルの碁」 海外の反応など
中国紙 「黒子のバスケ」こそ日本の国家イメージと語る
「名探偵コナン」の人気を読み誤る中国メディア
成功を焦る中国アニメ 世界的なヒット作はなく
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」
「ガールズ&パンツァー」を槍玉に挙げる中国


百日紅 (上) (ちくま文庫)
筑摩書房
杉浦 日向子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 百日紅 (上) (ちくま文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル