SEALDsの奥田愛基 国会で安保法案に反対の意見陳述

安全保障関連法案を審議している参議院の特別委員会で、有識者ら一般人の意見を聴取する中央公聴会が開かれました。民主党が推薦した学生グループ「SEALDs」の奥田愛基も含まれています
民主党の誰がどのような意図をもって奥田愛基を中央公聴会に推薦したのか、背後関係は不明です。そのうちどこかのメディアが楽屋ネタとして披露するものと思われます(興味はないので、当ブログで取り上げる気はありません)
そもそも「SEALDs」のメンバーにしても奥田愛基にしても、安全保障関連法案のどこに反対しているのか、具体的な言及はほとんどないわけです
「法案そのものに反対なので、どこがどうという問題ではない」と主張するのでしょう
しかし、これでは対案もないわけで、安全保障に関する議論は不可能です
彼ら、彼女らは単に「武力ではなく平和的な外交手段で日本の安全を確保すべきであり、戦争にはいかなる理由があれ反対」だと叫ぶだけです
安全保障関連法案反対と安倍退陣を口にするだけで、議論すらできない連中を、「真摯に政治と向き合う善良な学生」扱いするメディアもメディアです
奥田愛基その人についてはインターネットの下記サイトを御覧ください

ユアペディア「奥田愛基」

安倍政権に不満があっても、昔ながらの反戦リベラル的な主張には与したくない──こうした国民の空気感は、実際の数字にも表われている。政権の支持率低下が話題をさらっているが、政党支持率は依然として自民党が31%と群を抜き、民主7%、維新5%、共産4%と、野党の支持率は上向いていない。共産党政策委員長だった筆坂秀世・元参院議員は、こう分析する。
「左派・リベラル勢力が国民の支持を得ないのは、彼らが欺瞞の上での議論しかできていないからです。たとえば共産党や社民党、民主党は安倍政権の安保法制について、盛んに『違憲だ』といいますが、本当に『憲法を守る』ことを徹底させて議論するなら、自衛隊は解散すべきだし、日米安保そのものを破棄すべきだ、といわなければならない。そんなこと、どの野党もいっていないでしょう。安倍政権の安保法制に反対ならば、じゃあ日本の安全保障を具体的にどうしていくのか、そういう議論が何もできない。単に『ハンターイ、ハンターイ』と叫んだって、それは悪いけどロック・フェスティバルで騒いでいるような話と同じ。そういうことは国民にも肌感覚で伝わっています」
(上記、ユアペディアから引用)


奥田愛基の父親が韓国系プロテスタント教会の牧師なので、彼も日本名を名乗っていますが在日韓国人なのでしょう
国会前で太鼓を叩き、「ハンターイ」と叫ぶだけでは何も変わりません。大勢の若者を動員し、不測の事態(一部、過激な参加者が警察と衝突、興奮した群衆が規制を突破して国会議事堂内へ侵入といった暴力的デモ)へ誘導しているように映ります
奥田愛基の国会での発言は以下のサイトにまとめて掲載されています
法案反対の理由は戦争に反対だから、憲法違反だから、民主主義に反するからと述べられているだけで、安全保障に関しては何の代案も示されていません

「国民をバカにしないでください」 SEALDs奥田愛基さんが国会で要望(全文)

(関連記事)
SEALDs残党が喘ぐ衆議院選挙 朝日新聞
「共謀罪」法を敵視する東京新聞
SEALs解散 活動を自画自賛
共産党が小学生から署名を集め「安保法反対」を演出
SEALDsと野党共闘を大絶賛する「週刊金曜日」
民主党岡田代表 シールズや共産党と組む?
「日本の武器開発は憲法違反」と書く毎日新聞
「安保法反対の憲法学者208人の声明」の愚かさ 
安保法デモ参加の石田純一 CM降板干される
安全保障法案 知性対反知性の構図に安倍首相反論
安全保障法案成立 無理解と反対を乗り越え
SEALDsの高校生 安全保障関連法反対の理由
8月30日国会前デモに多くの著名人参加、と浮かれる報道
安保法案反対デモ 「フランス革命前夜」と自画自賛
安保法反対で学生ハンスト 夏休みの思い出づくり?
国会前デモ学生を批判した自民党議員が批判を浴びる
武藤衆議院議員 少年買春疑惑に揺れる
「永続敗戦論」でデモを煽る白井聡
安保関連法案成立と「ぼくたちの失敗」
「徴兵制あるかも?」と煽るパンフレット 民主党が作成するも廃棄
「安部首相の狙いは徴兵制復活」と書く金子勝
中高生にデマ「集団的自衛権で徴兵される!」
徴兵制復活を狙っていると書きたがる日本のメディア
アジアンカンフージェネレーションの自民党批判
「安倍首相はルフィを見習え」と書く産経新聞
「ネトウヨ内閣」と記事にする東京新聞
「日本の右傾化する若者」を批判する韓国メディア
「安倍総理は憲法学者の名前を知らない」と」批判されるが
ポツダム宣言で安部首相を斬ったつもり(1) 日本共産党
ポツダム宣言で安部首相を斬ったつもり(2) 「きっこのブログ」
憲法記念日に思う 護憲派の言い分
「憲法9条にノーベル平和賞を」と訴える主婦
「制服向上委員会」が自民党打倒を叫ぶ
新潟日報社員 ツイッター炎上で無期限停職
新潟日報報道部長が弁護士を罵倒する書き込みで炎上
「1日100円で安倍政権打倒」と言う経済学者
「講演で稼ぐネトウヨビジネス」と書くLITERA
ウーマンラッシュアワー村本を「最強反戦芸人」と書くメディア


現代思想 2015年10月臨時増刊号 総特集◎安保法案を問う
青土社
2015-09-04
磯崎新

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 現代思想 2015年10月臨時増刊号 総特集◎安保法案を問う の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル