熊谷6人殺害事件を考える3 「ペルー人」報道は人権侵害か?

9月14日から16日にかけて、埼玉県熊谷市で6人が殺害される事件があり、ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタンを容疑者として逮捕しています
この報道に対し、「ペルー人」と明記するのは人権侵害であり、そのような扱いがまかり通っている日本は後進国だ、と批判する意見がヤフー・ニュースにありましたので取り上げます
ペルー人容疑者の身柄を確保したからそう書いているのであって、事実を指摘しているだけです。ところが下記のごとく、韓国人の学者は怒り心頭で批判を書き連ねています


(前略)
・「日本人逮捕とか言えば?何人って題名にしてるのがもう差別」
今回のケースは衝撃的な連続殺人事件だからか、その強調の度合いが激しいように見受けられた。おそらく「○○人」であることが、「ニュースバリュー」になるとみなされたのであろう(それが単なる無意識の慣習的なものだとしても)。
事件発覚当初、ネットで検索したこの事件と関連するニュースのほぼすべての見出しに「○○人」が入っており、いささか異常にさえ感じられたほどだ。
実際、SNS上にはおそらく同じ在日○○人の若者であると思われるユーザーによる「ニュースで○○人○○人言ってて/○○人じゃなくてさ/名前で呼んだら?って思う/○○人だからなに?っておもうよ」「なんで○○人逮捕とか書くのwwwwww/だったら日本人逮捕とか言えばwwwww/なんか何人って題名にしてるのがもう差別w」といった書き込みも見受けられ、胸が痛んだ。これらの書き込みに、私も完全に同感だ。
・多文化社会の最低限の基礎、差別禁止法さえ成立が困難な状況
この記事では批判しているような犯罪報道と同じ土俵に乗らないためにあえて国籍名を伏せたので、彼らが渡日することになった歴史的、社会的経緯については語らないが、それは日本政府や日本社会のあり方、その責任と無関係ではない。
そして、このような人々も含めて成り立っている日本はすでに事実上の多文化社会だ。
にもかかわらずここには、こうした状況を直視した多文化主義的な理念も政策もなく、最低限の基礎とも言える差別禁止法もない。その「最低限」すら成立が困難な状況で、犯罪報道で容疑者を指す主語として「○○人」が連呼される毎日。少なくともこうした側面で、日本が世界の「後進国」であるという自覚はした方がいい。
韓東賢(はん・とんひょん) 日本映画大学准教授(社会学)
Yahoo!ニュース 2015年9月21日


省略した前半部分では国際条約など引用し、人権尊重の精神について講釈しています。冗長なので割愛しました
多文化社会だから「ペルー人逮捕」と書いてはいけない、などという理屈がどこの世界にあるのか、さっぱり分かりません
この学者は「在日韓国人逮捕」と報じられる日常が我慢ならず、日本は人権侵害国だと主張しているのでしょう
しかし、人権を侵害し社会を揺るがしているのは犯罪を起こす在日韓国人の方であって、日本のメディアではありません。アメリカでもこうした事件では、容疑者が白人なのか、黒人なのか、ヒスパニック系なのか、記述しています
「多文化社会なのだから、民族・国籍・宗教・人種などを報じるのは不適切」であるとは思いません。むしろ逆です。多文化社会だからこそ、彼我の違いを明らかにする必要があるのです

(関連記事)
熊谷6人殺害事件を考える6 死刑判決を破棄して無期懲役に
熊谷6人殺害事件を考える5 「精神鑑定は必要ない」
熊谷6人殺害事件を考える4 犯行を否認
熊谷6人殺害事件を考える2 任意同行も見失う
熊谷6人殺害事件を考える1 容疑者の兄も大量殺人犯
県営住宅放火殺人1 ペルー人を無免許運転で逮捕
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
江田島で中国人研修生が8人殺傷
8人を殺傷した中国人実習生 その後
江田島9人殺傷事件中国人被告が出廷拒否
江田島9人殺傷事件 中国人に無期懲役判決
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
自分を捨てた父親を探したら殺人鬼だった 「ゾディアック事件」
門真4人殺傷事件を考える1 犯行の狙いは?


南米日系移民の軌跡 (人間の科学叢書)
人間の科学新社
吉田 忠雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 南米日系移民の軌跡 (人間の科学叢書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル