春日井市ラーメン強盗殺人を考える2 容疑者を見失う

愛知県春日井市のラーメン店に早朝、強盗が入り従業員1人を殺害、1人に重傷を負わせたうえ、金庫から売上金250万円を奪った事件の続報です
愛知県警春日井署はこの店の元従業員を容疑者として指名手配しました。が、実際は参考人として事情聴取をしていた無職宮地良多(27)に逃げられたため、全国に指名手配するというお粗末な展開です


発表によると宮地良多容疑者は9月24日、春日井市高山町2丁目にあるラーメン屋「うま屋ラーメン春日井朝宮店」で、従業員の荻原典章さん(35)の頭を鈍器で殴り殺害した上、別の男性従業員(39)にも重傷を負わせ、金庫から売上金など250万円以上を強奪した疑いが持たれています。
警察は内部事情について詳しい人物が事件に関与した疑いが強いとみて調べを進めていましたが、捜査の過程で、うま屋ラーメン春日井朝宮店の元従業員である宮地良多容疑者の関与が浮上したということです。
なお、宮地良多容疑者の身柄は一時警察署にあったということですが、警察官のミスで逃走されたとのこと。
警察は宮地良多容疑者が事件に関与した可能性があるとして、9月27日から大阪府内にある警察署で任意での事情聴取を行っていました。
そこで供述内容に曖昧な部分があったことなどから、愛知県にある春日井署に身柄を移して任意聴取を続けていたといいます。
しかし任意聴取であることを理由に、宮地良多容疑者が署から抜け出し、名古屋市内にあるJR金山駅付近で逃走したとのこと。
捜査員らは宮地良多容疑者の行動を監視していたということですが、隙をつかれて逃げられた模様。
逃走中にさらなる犯行に及ぶ危険性もあるため、愛知県周辺にお住まいの方は戸締まりを徹底するなど、十分ご注意ください。電車で遠くに逃走している可能性もあります。
現在、愛知県警は警察官ら265人態勢で行方を追っています。


警察のために擁護しておくと、任意同行で事情聴取をしていた段階であり、警察官が自宅から署までの往復に付き添っていましたが手錠や腰縄は使っていません。警察官が2人以上で宮地容疑者についていたはずです
しかし、土地勘のある春日井市、名古屋市内では隙を見て逃げる可能性も十分あったわけで、油断したと言われても仕方ありません
もちろん犯人の可能性のある人物を警察署まで任意同行させるのですから、自宅と警察署の行き来の途中で逃げられないよう万全の注意を払うべきだったわけであり、警察の車を利用する選択肢もあったはずです(宮地容疑者の自宅周辺にも警察官が24時刊、貼り付いて見張っているのでしょう)
先日、埼玉県でも警察署で任意の事情聴取を受けていたペルー人が逃げ出した挙句、民家に押し入って6人を殺傷する事件を起こしたばかりです
愛知県県警も265人動員して行方を追うくらいなら、最初から警察車両に乗せてガチガチの監視の上、同行させた方がよかったはずです
逃げた宮地容疑者が自棄になって新たな犯罪に走らないためにも、一刻も早い身柄の拘束を願います

(関連記事)
春日井市ラーメン強盗殺人を考える3 捜査を撹乱
春日井市ラーメン強盗殺人を考える1 店員2人殺傷
日進強盗殺人事件を考える3 警察の臆見
日進強盗殺人事件を考える2 殺人の方法を検索
日進強盗殺人事件を考える1 強盗目的を否認
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
死刑執行 横浜中華街射殺事件の熊谷死刑囚
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
「無期懲役でも15年で仮釈放」とデマを流す弁護士