8月30日国会前デモに多くの著名人参加、と浮かれる報道

さて、またもリテラの記事を取り上げます
8月30日の国会前の抗議デモにさまざまな著名人が参加した、と浮かれた記事を掲載しています
彼らの発表で12万人の参加者でしたか、それがまるで世論であるかのように振る舞うのは幻滅です


先日8月30日に国会前で行われた安保反対デモには、市民とともに多くの著名人たちも参加した。スピーチを行ったミュージシャンの坂本龍一に、映画監督の高畑勲、園子温。さらに高橋源一郎、室井佑月、平野啓一郎、いとうせいこうといった作家たちも抗議に加わった。また、参加できなかった人たちも、俳人の俵万智は〈この夏の宿題として黒白のバルーンあがる国会の前〉とTwitterに投稿し、大貫妙子は国会前に思いを寄せてジョニ・ミッチェルの「The Circle Game」をライブで披露したという。
このまま戦争ができる国になっていいのか、政治の暴走を傍観していていいのか──。そうした不安を漏らすのは、彼女・彼らだけではない。TBSが発行するメディア批評雑誌「調査情報」7・8月号では、「戦後70年 2015夏〜いま、私が想うこと」と題し、さまざまな著名人が安倍政権に批判を行っている。
たとえば、〈戦後70年というが、ボクは今81才、その70年のすべてを生きて来た〉というのは、テレビ司会者として活躍してきた大橋巨泉だ。戦争体験者である大橋は戦中の苦労を綴り、〈小学生に松の根を掘らせて、その油で飛行機を飛ばそうとする国が、テキサスでバンバン石油が出る国と、戦争を続けようとしたのだから、この国のリーダー達の頭は狂っているとしか思えない。その人達が祀られている神社に、首相がお参りする国も、まともとは思えないが......〉と、安倍首相をはじめ、いまも戦中と変わらないメンタリティをもつ政治家に手厳しい一言を投げつける。
そして、日本国憲法が公布されたときの感動と現在の憲法の危機を、大橋はこう述べる。
〈先生の説明で、もう小学生に松の根を掘らせてまで、戦争をしなくてもよくなったと知った。これが日本の生きる道だと信じた。もう二度と価値観の逆転はイヤだ。しかし今、これをやろうとする首相以下の集団が居る。彼らは戦争がどんなものか知らない。ボクらは知って居る。しかしボクらは少数派、しかも日に日にその数は減っている。諦めるしかないのか!?〉
(以下、略)
8.30国会デモに有名人が続々参加...そしてあの作家も俳優も安保法制反対の声を上げていた


「戦後70年、日本は戦争で死者を出さなかった」と発言したのはSMAPの中居正広です
その発言を揶揄したり、批判するつもりはありません。ただ、日本の戦後70年の歩みを「憲法九条のおかげ」だと考えている人がいるとすれば、あまりに現実を見ない意見でしょう
上記のリテラでは安全保障関連法案を、「日本が戦争できるようにする法案であり、安倍首相は戦争をしたくてたまらないのだ」と決めつけています。どのようま筋道で考えればそのような偏見に辿り着くのか、理解できません
戦後70年、日本が直接戦争に巻き込まれなかったのは憲法を口実に戦争に参加しなかったからだとも言えますし、それはリテラが批判する時の政治家、首相が戦争を回避してきたからだと言えます。戦後、日本の政治家は戦争を回避することに努めてきたのに、リテラはそれを認めようとはしません
さらに言えば、日米安保条約が存在したがゆえに、日本は戦争に巻き込まれずに済んだとも考えられるのです
しかし、リテラと8月30日のデモ参加者は決して「日米安保条約のおかげ」だとは考えないのでしょう
彼ら、彼女らは日米安保条約を締結した岸信介と孫である安倍晋三をとことん批判しないと気が済まないかのようで、正常な思考はできないように映ります
上記のリテラの記事の省略した部分で、作家の島田雅彦は、「万が一、尖閣諸島で武力衝突が生じ、アメリカが参戦を見合わせ、敗戦を喫しようものなら、日本は中国への従属を免れない。そうすれば、今までこの国を縛ってきた日米安保からも解放されるし、米軍も沖縄から出て行ってくれるだろうが、代わりに人民解放軍が宮古島や石垣島にやってくる」と述べています
中国と戦争をすればそうなるのだ、と島田雅彦は考えるのでしょう
しかし、日本が中国と戦争を回避し、尖閣諸島を差し出したとしても、中国がそれで引き下がったりはしないのです。尖閣諸島を手に入れた中国は、与那国島も沖縄本島も手に入れようとするのであり、米軍に替わって人民解放軍が駐留するようになるのは明らかです
そんな未来を諾々と受け入れろ、と言うのでしょうか?
8月30日のデモに参加した著名人がたくさんいたとして、彼ら彼女らの思慮の足りなさに呆れ、失望しましたので取り上げました

(関連記事)
「共謀罪」法を敵視する東京新聞
SEALs解散 活動を自画自賛
都知事選 立候補を口走る石田純一に批判殺到
共産党が小学生から署名を集め「安保法反対」を演出
SEALs高校生デモの参加者は中高年が目立つ
SEALs奥田愛基をカリスマ視する週刊朝日
石田純一の「反知性主義」発言を考える
SEALDsと野党共闘を大絶賛する「週刊金曜日」
「日本の武器開発は憲法違反」と書く毎日新聞
「安保法反対の憲法学者208人の声明」の愚かさ 
安保法デモ参加の石田純一 CM降板干される
安全保障法案成立 無理解と反対を乗り越え
SEALDsの奥田愛基 国会で安保法案に反対の意見陳述
SEALDsの高校生 安全保障関連法反対の理由
安保法案反対デモ 「フランス革命前夜」と自画自賛
安保法反対で学生ハンスト 夏休みの思い出づくり?
国会前デモ学生を批判した自民党議員が批判を浴びる
武藤衆議院議員 少年買春疑惑に揺れる
「永続敗戦論」でデモを煽る白井聡
安保関連法案成立と「ぼくたちの失敗」
「徴兵制あるかも?」と煽るパンフレット 民主党が作成するも廃棄
「安部首相の狙いは徴兵制復活」と書く金子勝
中高生にデマ「集団的自衛権で徴兵される!」
徴兵制復活を狙っていると書きたがる日本のメディア
アジアンカンフージェネレーションの自民党批判
「安倍首相はルフィを見習え」と書く産経新聞
「ネトウヨ内閣」と記事にする東京新聞
「日本の右傾化する若者」を批判する韓国メディア
「安倍総理は憲法学者の名前を知らない」と」批判されるが
ポツダム宣言で安部首相を斬ったつもり(1) 日本共産党
ポツダム宣言で安部首相を斬ったつもり(2) 「きっこのブログ」
憲法記念日に思う 護憲派の言い分
「憲法9条にノーベル平和賞を」と訴える主婦
「制服向上委員会」が自民党打倒を叫ぶ
新潟日報報道部長が弁護士を罵倒する書き込みで炎上
新潟日報社員 ツイッター炎上で無期限停職
原爆祈念式典で騒ぐ愚か者、それを称賛する国会議員


対論! 日本と中国の領土問題 (集英社新書)
集英社
2013-01-17
横山 宏章

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 対論! 日本と中国の領土問題 (集英社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル