安保法デモ参加の石田純一 CM降板干される

毎回、尖った記事を掲載する「リテラ」が、今度は安全保障法案反対デモに参加したタレント石田純一がCM降板など、干される事態に陥ったとする記事を掲載しています。芸能人が政治的発言をするのをタブー視するメディアを批判し、このまま安倍政権の圧力が続くのは許せないと憤っています


「石田純一が安保法制反対で「圧力」を受けていた…テレビ番組、CMの出演キャンセル、厳重注意も」
この間、安倍政権によるメチャクチャな安保法制強行に対し、これまで政治的発言を控えてきた芸能人たちが次々と声を上げたことが大きな話題になった。そのひとりが、本サイトでも既報のとおり、9月17日の国会前デモで壇上にあがり安保反対を訴えた石田純一だ。しかしその石田に対しデモ参加後、様々な“圧力”がなされていたことが明らかになった。
「テレビ番組を3つキャンセルされました。35年の芸能生活で、こんなのは初めてです。CMもひとつなくなったし、広告代理店を通して、厳重注意も2、3社から受けました。“二度と国会議事堂にデモに行くな”“メディアの前で政治的発言をするな”ってね」
これは昨日発売の「週刊新潮」(新潮社)10月15日号のワイド「『川島なお美』通夜でひんしゅくの『石田純一』が安保反対デモの後遺症」で、石田本人が語ったことだ。
確かに石田の17日のデモ参加とそのスピーチは強烈なインパクトを与えたものだった。それまでも多くの芸能人が反安保を表明したが、これまで不倫や再婚などの私生活をウリにした“ナンパ男”と思われてきた石田がデモで壇上にあがり“戦争は文化ではない”と声を上げたのだ。
「絶対に、われわれは誇るべき平和を、ずーっと戦後70年、80年、100年、つづけていこうではありませんか!」
(中略)
さらに石田は自身がコメンテーターをつとめる『おはよう朝日です』(ABC朝日放送)でも「憲法9条があるから日本は戦争してこなかった」と安保に反対する発言をしている。
そんな石田に恐れていた“圧力”が実際にかかったことは衝撃だ。しかもテレビ番組をキャンセルされただけでなく、CMの関連で代理店や企業からクレームをつけられる──。
「芸能人は政治的発言をするものではない」「ファンがいなくなる」。こんな言説が長い間日本の芸能界で流布されてきた。実際、今回の安保問題に対し政治的な発言をした芸能人はツイッターやブログが炎上することもしばしばだ。
しかし、今回多くの芸能人、そして著名人たちが“戦争法案”に対し勇気をもって発言している。このことの意味は重要だし、その勇気に私たち国民も応えなければならない。例えばアメリカでは芸能人たちが自分の支持政党や思想信条を表明することは当たり前のことで、それはセレブにとっての義務でもある。
(以下、略)


芸能人が政治的な信条に基いて発言し、行動するのは自由であり、それを咎めたり批判する気はありません。しかし、スポンサーは企業イメージを売るためコマーシャルを流しているのですから、タレントが自由奔放に発言するのを嫌がるのは当然であり、今回のようにCM契約を破棄するケースもあり得ます
リテラの記事では石田純一が覚悟を決めた上で安保法案反対のデモに参加した」と書いているのであり、こうした反応(テレビ番組の出演の制限=干される)は想定していたのではないでしょうか?
石田純一といえば「不倫は文化」だとする発言と、チャラ男のイメージしかないのですが、本人は報道番組のキャスターを務めるなど「意識高い系タレント」で売っているつもりなのでしょう
タレントも商売なので石田はこのまま「意識高い系」で売る方向もありますし、次の参議院議員選挙に野党統一候補として立候補する選択肢もあります
「圧力がかかった。けしからん」と憤るリテラの姿勢はちょっと短絡的すぎるように思えます
タレントも商売ならテレビ局も商売です。自分たちの意に沿わないタレントを出演させないという選択もあります

(関連記事)
都知事選 立候補を口走る石田純一に批判殺到
SEALs高校生デモの参加者は中高年が目立つ
SEALs奥田愛基をカリスマ視する週刊朝日
石田純一の「反知性主義」発言を考える
SEALDsと野党共闘を大絶賛する「週刊金曜日」
「日本の武器開発は憲法違反」と書く毎日新聞
「安保法反対の憲法学者208人の声明」の愚かさ 
安全保障法案 知性対反知性の構図に安倍首相反論
安全保障法案成立 無理解と反対を乗り越え
SEALDsの奥田愛基 国会で安保法案に反対の意見陳述
SEALDsの高校生 安全保障関連法反対の理由
8月30日国会前デモに多くの著名人参加、と浮かれる報道
安保法案反対デモ 「フランス革命前夜」と自画自賛
安保法反対で学生ハンスト 夏休みの思い出づくり?
国会前デモ学生を批判した自民党議員が批判を浴びる
武藤衆議院議員 少年買春疑惑に揺れる
「永続敗戦論」でデモを煽る白井聡
安保関連法案成立と「ぼくたちの失敗」
「徴兵制あるかも?」と煽るパンフレット 民主党が作成するも廃棄
「安部首相の狙いは徴兵制復活」と書く金子勝
中高生にデマ「集団的自衛権で徴兵される!」
徴兵制復活を狙っていると書きたがる日本のメディア
憲法記念日に思う 護憲派の言い分
「憲法9条にノーベル平和賞を」と訴える主婦
「制服向上委員会」が自民党打倒を叫ぶ
ネトウヨは「反知性主義」と言うジャーナリスト
新潟日報報道部長が弁護士を罵倒する書き込みで炎上
「講演で稼ぐネトウヨビジネス」と書くLITERA

マイライフ―The day in my life
幻冬舎
石田 純一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マイライフ―The day in my life の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル