祇園暴走事故 損害賠償請求裁判

2012年、京都の祇園で赤信号を無視した車が歩行者をはね、7人を死亡させる事故がありました。運転してた男性はてんかんの持病があり、医師からは自動車を運転しないよう言われていたものの、会社の車で営業活動をしていたため事故を招きました
もう3年も経過しているのですが、この度遺族が損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こした、と報じられています
いまだに事故の示談交渉がまとまらず、訴訟に至ったと知り驚きました


京都・祇園で2012年4月、軽ワゴン車が暴走し、通行人7人が死亡、12人が重軽傷を負った事故で、亡くなった3人の遺族が、車を運転していた呉服店社員の男(死亡、当時30歳)の両親と同店の女性社長(73)らに慰謝料など計約4600万円の損害賠償を求めて京都地裁に提訴したことがわかった。1日付。
原告は、亡くなった京都市の男性(当時40歳)と女性(同62歳)、埼玉県蕨市の女性(同62歳)の遺族計4人。
訴状などによると、男はてんかんの持病があり、医師から運転を止められていたのに、両親は勤務先に伝えず、社長は持病を知りながら配達業務を続けさせ、12年4月12日、京都市東山区の祇園にある交差点で、赤信号を無視して歩行者らをはねたとしている。


記事にもあるように、軽ワゴン車を運転していた藤崎晋吾容疑者は全身打撲で死亡しています。遺族は藤崎容疑者の両親と雇用主である社長を相手に損害賠償の示談交渉を続けてきたのでしょうが、妥結には至らず訴訟に踏み切ったわけです
この2012年の祇園の事故の前、2011年4月にてんかんの持病を持つ男がクレーン車で児童の列に突っ込み6人を死亡させる事故が起きています
当時はテレビでも新聞で大きく取り上げられた事故ですから、てんかんの持病がある藤崎容疑者がこの事故を知らなかったとは思えません
それでも藤崎容疑者は車を運転して営業を続けていたのであり、あまりにも無責任です
雇用主である会社の社長も藤崎容疑者の持病を知りながら日常の業務として車の運転をさせていたのであれば、重大な責任があります
「金は払いたくない」との思いなのか、「自分に責任はない」との思いなのかは分かりませんが、7人もの命を奪った事故の重大さから目を逸らし、逃げているようにしか思えません

追記:京都地裁は販売会社の賠償責任を認め、遺族1人に約4千万円を支払うよう命じた。親族と社長だけを訴えていた2遺族の請求は棄却しています

(関連記事)
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
クレーン車事故 6人殺害して懲役7年の求刑
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
高齢者の交通事故相次ぐ
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
観光バスで大事故 立ち入り調査で違反が多数見つかる
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
山形マット殺人事件 賠償金支払わず放置


交通事故と示談の仕方
自由国民社
2015-09-30
長戸路 政行

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 交通事故と示談の仕方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル