新潟連続強姦殺人事件を考える1 初公判で否認

2013年から新潟県新発田市周辺で若い女性が行方不明になり、その後遺体で発見されたり、車で連れ去られ強姦されるといった事件が相次ぎました
これら一連の事件の犯人として逮捕された喜納尚吾被告の裁判が始まった、と報じられています


新潟県新発田市で4人の女性が相次いで襲われた事件の公判が20日、新潟地裁で始まった。喜納尚吾被告は頭を丸刈りにして、上下ともオレンジ色の2本線が入った黒のジャージー姿で出廷し、強姦致死事件の認否を問われると「知っていることは何もない」と早口ではっきりと否認。検察官をじっと見つめたり、下を時折向いたりしながら、ほとんど無表情のままだった。
初公判には、強姦致死事件の被害者となったパート女性の遺族も、被害者参加制度で出廷。初公判に合わせて「私たち家族は娘の無念を晴らすべく、被害者参加することにした。何の罪もないうちの娘を殺した喜納尚吾(被告)は、いくつもの罪を犯してきたとんでもない男。私たちが望むのは極刑しかなく、この思いを法廷で訴えていきたい」とするコメントを出した。
(産経新聞の記事から引用)


喜納被告が関与した事件がいくつもあり、全容をここで簡潔に記すのは無理がありますので、下記のまとめサイトを参照願います

喜納尚吾【新潟・新発田連続女性変死事件】

喜納被告は石垣島の高校在学時に事件を起こし、少年院送致になっています
2009年に放火で逮捕され、服役しています。最近は電気工として新潟県内で就労していましたが、複数件の強姦事件に関わっていたほか、3人の女性を殺害した疑いがあります
しかし、そのうち1件は遺体が発見時すでに白骨化し、喜納被告の殺害について立証が困難だとの理由で強姦殺人ではなく強姦致死で起訴されています
検察は喜納被告の犯行が立証可能な5件に絞って起訴しており、今年12月に判決公判が予定されています
これだけ次々と女性を襲い、容赦なく殺害する手口からして、その残虐性が際立っています。単なる性欲の発散という目的ではなく、暴力で女性を蹂躙する行為そのものに快楽を見出し、繰り返してきた連続殺人鬼と形容した方がよいのでしょう
しかし、報道を見る限り本人に反省もなく、罪を認める気持ちも感じられません
これだけの犯行ですから死刑の可能性があり、喜納被告はとことん否認を貫く構えでいるものと推察されます

(関連記事)
新潟連続強姦殺人事件を考える3 無期懲役に不満、控訴
新潟連続強姦殺人事件を考える2 無期懲役求刑
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
光市母子殺害事件 最高裁も死刑判決支持
光市母子殺害事件を考える 最低の弁護団
松戸女子大生殺人事件を考える 「女は強姦されたがっている」
松戸女子大生殺人事件を考える7 最高裁も死刑を否定
松戸女子大生殺人事件を考える8 裁判員制度を否定
千葉女子大生遺棄事件を考える1 遺体を捨てる理由
千葉女子大生遺棄事件を考える2 殺害の動機
千葉女子大生遺棄事件を考える7 無期懲役判決
元Jリーガーを逮捕 強姦事件を繰り返す
殺人道化師ジョン・ゲーシーの数奇な人生
自分を捨てた父親を探したら殺人鬼だった 「ゾディアック事件」
「切り裂きジャック」研究者が売春婦殺害で逮捕
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
血圧測定と偽りわいせつ行為 懲役17年判決
性犯罪者に対する薬物療法の実際
座間9人殺害事件を考える 犯行自供も動機は語らず
座間9人殺害事件を考える 快楽殺人説
座間9人殺害事件を考える 犯罪心理学者の見解
座間9人殺害事件を考える 被害者8人が女性
座間9人殺害事件を考える 白石容疑者逮捕


黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実
早川書房
リチャード ロイド パリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒い迷宮: ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル