三重・高3女子刺殺事件を考える3 悩み相談

三重県伊勢市で女子高校生が同級生の男子生徒に刺殺された事件で、いくつかの週刊誌が記事を掲載しています。その中の1つ、週刊文春の記事を取り上げたJ-CASTニュースの報道を引用します


三重県伊勢市で起きた同級生殺人は、だれやらの小説にでもありそうな事件である。市内の高校に通う3年生の波田泉有(はだみう)さん(18)に「殺してくれ」と頼まれたとして、同級生の男子生徒が自宅から持ってきた包丁で刺し殺したのは、素晴らしいスーパームーンが見られた9月28日(2015年)の夜だった。
男子生徒は「(被害者が)かわいそうだからやった。救ってあげようと思った」と供述しているという。二人は2年の時のクラスメートで、波田さんは相談にのってくれる男子生徒Aを「親友」と呼んで心を開いていたと『週刊文春』が報じている。
二人にはそれぞれ恋人のような交際相手がいて、「男女の関係ではない」(Aの交際相手の友人)。波田さんには自殺願望が根深くあり、「十八歳になったら死ぬ」と以前から仄めかしていた。<波田さんの腕にリストカットの痕があったことは、複数の同級生が覚えている>(週刊文春)
何度か家出をして自殺しようと試みたことがあったそうだ。「自分には生きている価値がない」と話す波田さんに、学校側も心配して医療機関を紹介し、それ以降は普通に学校に通ってきていたという。だが、彼女の自殺願望は消えることがなく、「他人に頼まれると、嫌なことでもやってあげる」(小中学校の同級生)ところのあるAに、自分を殺してくれと頼み、Aはそれを実行した。
精神科医は彼女が精神的な障害を抱えていたのではないかと指摘している。私の世代の「太宰治症候群」とでも呼びたくなるものがあったのであろうか。その医師は、彼女から常日頃殺してくれと頼まれていたAは「洗脳状態」にあって、それがために実行してしまったのではないかと推測している。
(以下、略)
伊勢・女子高生刺殺の闇「強い自殺願望と洗脳状態」救ってあげようと思った・・・


この事件に言及する際、メディアは必ず9月28日がスーパームーンであったことに触れるのはなぜでしょうか?
「月の輝く夜に死を選んだ女子高生」とのイメージを読者に刷り込もうとしているかのようで、自分などは不快な印象しかありません
この事件を考える上で必要なのは、殺害された波田泉有さんがなぜそうまでして死を望んでいたのか、その理由です
残念ながら新聞・週刊誌の取材は、核心には迫っていません。言わば加害者・被害者の心の中には触れないまま、外から眺めた感想を述べ合っているに過ぎないのです。しかし、それを咎めるのは酷でしょう
波田泉有さんが遺書でも書き残していれば、心の中の一部分でも垣間見えた可能性もあります。が、遺書が見つかったという報道を自分は見ていません
彼女を刺した男子生徒は真面目にその悩みに耳を傾け、自殺を止めるべく彼女の説得に当たっていたと推測されます
しかし、男性の場合、悩みの相談というのは解決策や対処方法といった具体策について検討する傾向があります
これに対して女性の悩み相談は解決策を求めるのではなく、自分の心情に同調してもらおうとする傾向が顕著です
つまり死ぬほど悩んでいるからそれを解決して欲しいのではなく、死ぬほど悩んでいる心情を理解し、同調し、寄り添ってもらいたくて相談してくるのです
ですから、この男子生徒が自殺を思いとどまるよう説得しても、それは彼女の心情にそぐわないものであり、響きません。上記の記事では「洗脳」と表現されていますが、彼女の心情に引きずり込まれ、引き返せない状態に男子生徒は陥ったのかもしれないとの仮説が立てられます(それにしても精神科医が安易に洗脳などという表現を用いるとは思えないのですが)
いかに相手が親友であろうと、相談という名目で抜け出せない罠に嵌り込んでしまったも同然です。男子生徒は自らの身を守るため(殺害を依頼されて断り切れない状態に追い込まれないよう)、波田さんと距離を置き、プロに任せる必要がありました。残念ながら人生経験の乏しい彼にはそれができず、最後まで自分が対処しなければならないと抱え込んでしまったのでしょう
カウンセリングなどの心理療法でも、クライアントといかに距離を保つかが重要視されます。そうしないとカウンセラー自身が相手に取り込まれ、支配されてしまう危険があるからです
精神分析では転移という概念で説明され、転移をいかに制御するかが重要視されます

(関連記事)
三重・高3女子刺殺事件を考える2 自殺の遺伝子
三重・高3女子刺殺事件を考える1 殺害を頼まれた
人吉市女子高生殺害事件 赤石受刑者が自殺
人吉市女子高生殺害事件 懲役18年の判決
人吉市女子高生殺害事件 自殺の道連れ?
人吉市女子高生殺害事件 47歳の恋人
広島少女遺棄事件 主犯少女に懲役13年判決
広島少女遺棄事件 少年少女たちの刑罰
広島少女遺棄事件 無軌道な少年少女の暴走
広島少女遺棄事件 7人で集団暴行か?
16歳少女を殺人、死体遺棄で逮捕
三重・中学生殺害事件を考える 犯行の狙い
三重・中学生殺人を考える2 「金目当ての犯行だった」
三重・中学生殺人を考える3 地元の反応
三重・中学生殺人を考える4 記憶にないと主張
三重・中学生殺人を考える5 懲役5年以上9年以下
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか
福岡女子予備校生殺害 鑑定留置後、起訴へ
福岡女子予備校生殺害 公判は始まらないまま
台東区放火殺人の高校生 懲役4年以上7年以下判決


自殺予防と学校―事例に学ぶ
ほんの森出版
長岡利貞

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自殺予防と学校―事例に学ぶ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル