漫画の児童ポルノ禁止を日本に要請、国連報告者

書いていた記事が途中で消えてしまったため、もう一度最初から書き直しです。やれやれ
国連の名前はまだまだ権威として健在なのでしょう。多くの日本人にとってはさて、その国連の命を受け日本における「子どもの売買、児童売春、児童ポルノ」に関する特別報告者、マオド・ド・ブーアブキッキオ(オランダの女性弁護士)が「漫画も取り締まるべき」と発言し物議をかもしています


「漫画の児童ポルノを禁止しろ!」 国連報告者が日本政府に要請


日本では主に少女を撮影したビデオ映像を児童ポルノとして販売、配信を取り締まっています。漫画の場合、実在しない少年少女を描いたものであるため被害者は存在しないとの理由で、取り締まりの対象にはなっていません
上記の記事で、芸術的表現の自由と児童保護の必要性の間に「適切なバランスを見いだす」ことの難しさは認めたとあるように、明確な基準を設けるのは困難です
それでもなお取り締まれ、というのはゴリ押しでしょう
従来から漫画を取り締まれと叫んできた団体は大喜びで拍手、喝采しているのかもしれません
取り締まり強化を求める側の理屈からすれば、裸だけが規制の対象ではなく、暴力的な表現も著しく劣情を煽るものだから規制すべし、となります
これによってスポ根漫画や学園モノ、少女漫画もアニメーションも規制の対象となります
およそ表現の自由など許容される余地はなく、あれもダメ、これもダメ状態です
そもそもわずか1週間の滞在で何を調査し、理解できたと言うのでしょうか?
おそらくは漫画やアニメ、ゲームを取り締まるべきだと主張する民間団体が作成した資料を読んだだけ、と思われます
多くの漫画家が筆を折るのを迫られたり、過去の名作を出版禁止どころか所持さえも禁止するという魔女狩りのような事態に陥る危険を感じます
もちろん、児童の売春や買春を取り締まるのは当然ですし、リベンジポルノのような動画の公開・配信も取り締まるべきです。出合い系サイトが被害を生み出す温床なのですから、これも規制すべきでしょう
しかし、漫画やイラストのような創作物をどう扱うかは、日本国内でこれから議論を進めるべきでしょう。国連の報告だけを絶対的な根拠として、一方的に取り締まるような法律を制定するべきではありません

(関連記事)
「女子高生の13%が援助交際」と主張する国連特別報告者
英BBCが「漫画は児童ポルノ」と批判
児童ポルノか芸術か? 映画「ヴィオレッタ」
こどもを守ることに繋がらない児童ポルノ論議
フランス議会「美少女コンテスト禁止法案」可決へ
美少女コンテストを巡る米仏の論議
アグネス・チャンがTwitterで壮絶バトル
「カードキャプターさくら」 日本版と北米版の違い
イギリスで「日本漫画大討論会」
日本の少女マンガに女性像の未来を見ようとするアメリカ
日本のロリータ・ファッション文化が世界を侵食
英国をゆるがす日本のカワイイ文化
女性教諭が盗撮で逮捕
NHKディレクターが男子高校生を盗撮 逮捕
小学生女児の裸を撮るため誘拐した学校教諭