町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか

高校1年生の男子生徒が同じ高校に通う女子生徒を包丁で切りつけ、殺害する事件が2005年に東京町田市であり、2007年に懲役11年の実刑判決が下されました。当時、読者モデルをしていた美人女子高生が惨殺された事件として、テレビのワイドショーなどでも頻繁に取り上げられるほど反響は大きかったと記憶しています
以下、判決を伝える新聞報道を引用します


東京・町田の女子高生刺殺:元同級生に懲役11年 責任能力認める2005年11月、東京都町田市の都立高1年、古山優亜さん(当時15歳)を刺殺したとして、殺人罪に問われた元同級生の少年(17)に対し、東京地裁八王子支部は31日、懲役11年(求刑・懲役15年)を言い渡した。
広汎性発達障害と診断された少年の責任能力の有無が争点だったが、小原春夫裁判長は、障害の影響を一部認めたものの「事件の状況を詳細に記憶しており、パニック状態ではなかった」と責任能力を認定。そのうえで「冷酷かつ残忍な犯行」と厳しく断罪した。
判決は、少年が一貫して否認を続けた殺意について「包丁を利き手に持ち替えて馬乗りになり、首をめがけて刺すなど確定的殺意があった」と判断した。
また、少年の処遇について弁護側は「障害に配慮した効果的な処遇は、少年刑務所では困難」と保護処分(少年院送致)を求めていたが、判決は「犯行は極めて冷酷で悪質。障害の影響など少年に有利な事情を考慮しても、保護処分は相当ではない」と刑事罰が相当との判断を示した。
判決によると、少年は2005年11月10日18時15分ごろ、古山さんに無視される理由を問いただそうと、古山さん宅を訪問。その際、古山さんの顔や首などを台所にあった包丁で切り付けて失血死させた。
(毎日新聞の記事より引用)


判決では、「事件の状況を詳細に記憶しており、パニック状態ではなかった」とわざわざ指摘しているのですが、発達障害(いわゆるアスペルガー障害)の場合、記憶力が図抜けて高く、仔細な出来事まで記憶しているこどもがいます
ですから、事件当時の状況を詳細に記憶している=責任能力があるとの断定は筋違いのように感じられます
もっともこの場合、女子生徒の冷淡な対応にパニックとなり、我を忘れて凶行に至ったのではない、と裁判官は言いたかったのでしょうが
上記の記事では触れていませんが、少年は古山優亜さんの首や背中など50ヵ所あまりを繰り返し包丁で刺しており、これはもう常軌を逸した犯行です。ただ、こうした執拗な反復行動と攻撃的な衝動も、発達障害児童にはしばしば見られるものです。怒りにまかせてドアを数十回も蹴り続ける、などといった行動がそれに当たります。
怒りの衝動をコントロールする訓練をしていないため、一度怒り出すとなかなかそれを止めることができないのです
この事件の場合も、少年は古山優亜さんの体を刺すという攻撃衝動を止められなかったため、50ヵ所以上を刺す結果になってしまいました
ですから、この少年が異常な残虐性を持っていたのではなく、行動の統制ができなかったと解釈するべきです(なお、少年自身は自分が発達障害であるとの自覚を欠いていましたので、自らの行動をどこまで反省しているのかは疑問です)
もちろん、殺害された古山優亜さんも少年が発達障害だとは認識していませんから、自宅まで押しかけてきた彼に冷淡な対応をしたのもやむを得ないところです
世間では「キレやすい若者」との表現が当たり前のように使われていますが、単に感情の統制ができないだけなのか、プライドが高すぎて特殊な考えの持ち主なのか、他に心因的なものを抱えているのか、原因はさまざまです
本件の場合も、「大人しくて目立たない高校生が突然キレた」かのように報じられたり、犯行の形態から異常な残虐性の持ち主であるかのように表現されたり、その視点はまちまちであったため、事件の真相からはかけ離れた犯人像が伝播されていたように思います
もう一度最初からこの事件を、広汎性発達障害による行動の結果として読み直すべきだと思い、取り上げました

(関連記事)
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
福岡女子予備校生殺害 甲斐被告に懲役20年の判決
福岡女子予備生殺害 懲役22年求刑
福岡女子予備校生殺害 鑑定留置後、起訴へ
福岡女子予備校生殺害 公判は始まらないまま
台東区放火殺人の高校生 懲役4年以上7年以下判決
台東区放火殺人の高校生 嘱託殺人で家裁送致
台東区放火殺人で高校生逮捕
三重・高3女子刺殺事件を考える1 殺害を頼まれた
三重・高3女子刺殺事件を考える2 自殺の遺伝子
三重・高3女子刺殺事件を考える3 悩み相談
奈良同級生殺人を考える 1
奈良同級生殺人を考える 2
奈良同級生殺人を考える 3
奈良同級生殺人を考える 4
奈良同級生殺人を考える 5
奈良同級生殺人を考える 6 広汎性発達障害
奈良同級生殺人7 法廷イラスト問題
和歌山小5刺殺事件を考える1 引きこもりの容疑者
和歌山小5刺殺事件を考える2 地域の不審者
和歌山小5刺殺事件を考える3 犯行を自供
和歌山小5刺殺事件を考える4 犯行のきっかけ
和歌山小5刺殺事件を考える5 起訴したものの
和歌山小5刺殺事件を考える7 公判で犯行を否認
清心女子高校傷害事件を考える1 「うるさかった」
清心女子高傷害事件を考える3 押収されたメモ
清心女子高傷害事件を考える4 思いやりと我慢
清心女子高傷害事件を考える5 そして沈黙
清心女子高傷害事件を考える6 彼女のようになりたかった
清心女子高傷害事件を考える7 医療少年院送致
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
江戸川区女子高生殺害事件を考える3 首絞めDVD420枚
江戸川区女子高生殺害事件を考える2 特殊な性癖
江戸川区女子高生殺害事件を考える1 「興味半分で殺した」
レッサーパンダ帽男殺人を考える1 発達障害
レッサーパンダ帽男殺人を考える2 不幸な誤解
つくば路上刺殺事件 18歳少年裁判で犯行認める
つくば路上刺殺事件 18歳少年に懲役10~15年不定期刑
中野劇団員殺害事件 戸倉被告に無期懲役求刑
中野劇団員殺害事件 求刑通り無期懲役判決
川崎トンネル殺人 鈴木被告起訴も初公判はまだ
https://05448081.at.webry.info/201908/article_7.html