「南沙諸島問題は日本に無関係」と発言する野田聖子

自民党総裁選挙への立候補を目指しながら断念した自民党の野田聖子前総務会長が、テレビ番組で「直接日本には関係ない。南沙(諸島)で何かあっても、日本は独自路線で対中国の外交に徹するべきだ」と発言したと報道されています


自民党の野田聖子前総務会長は4日夜のBS日テレの番組で、中国が進める南シナ海の人工島造成について「直接日本には関係ない。南沙(諸島)で何かあっても、日本は独自路線で対中国の外交に徹するべきだ」と述べた。
同島近海では米国が艦船を航行させ中国をけん制、日本政府も支持を表明したばかりで、発言は波紋を呼びそうだ。
野田氏は次期総裁選への出馬に意欲を示しており、自身の外交政策を問われる中で発言した。野田氏は「南沙の問題を棚上げするぐらいの活発な経済政策とか、お互いの目先のメリットにつながるような2国間交渉をやっていかなければいけない」とも語った。 
(時事通信の記事より引用)


前後の文脈が分かりませんが、「自身の外交政策を問われる中で発言した」とありますので、「発言の一部を切り取られて誤解を与えるような報道をした」との釈明は通用しません
こんな稚拙な認識しかない人物が、総理総裁を目指すというのですから呆れて言葉も出ない、と慣用句ながら書くしかないところです
南沙諸島を埋め立て、中国の軍事基地化が進めば、マラッカ海峡経由で日本に運び込まれる石油や天然ガスも影響を受けるのであり、それが理解できない野田聖子に政治家としても資質はないのでしょう
上記の記事の後段部分の、「南沙の問題を棚上げするぐらいの活発な経済政策とか、お互いの目先のメリットにつながるような2国間交渉をやっていかなければいけない」発言もまったく陳腐です
目先のメリットのみに執着するような外交政策は必ず破綻します。外交に必要なのは目先のメリットを追いかけることではなく、原則を維持し10年先、20年先を見据えた国益の追求です
野田聖子の発言からは、「南沙諸島問題で中国と対立するなんて無駄だ。南沙諸島で中国が何をしようと日本には影響がないのだから。それより、目先の利益を確保するべきだ」との考えが浮かび上がってきます
外交についてレクチャーを受けていないのか、ブレーンがいないのでしょう
いかにも無能な政治家の言いそうな話であり、とても野田聖子に日本の将来を託す気にはなれません

(関連記事)
野田聖子迷走 総裁選立候補ならず?
野田総務大臣 仮想通貨取引で金融庁に圧力
次の首相は野田聖子、と持ち上げる提灯記事
自民総裁選狙う野田聖子 何がしたいのか不明
安全保障法案 知性対反知性の構図に安倍首相反論
「安倍政権」誕生を畏怖する韓国メディア
安保関連法案成立と「ぼくたちの失敗」
「徴兵制あるかも?」と煽るパンフレット 民主党が作成するも廃棄
「安部首相の狙いは徴兵制復活」と書く金子勝
中高生にデマ「集団的自衛権で徴兵される!」
徴兵制復活を狙っていると書きたがる日本のメディア
アジアンカンフージェネレーションの自民党批判
「安倍首相はルフィを見習え」と書く産経新聞
「ネトウヨ内閣」と記事にする東京新聞
「日本の右傾化する若者」を批判する韓国メディア
「安倍総理は憲法学者の名前を知らない」と」批判されるが
いまさら鳩山由紀夫を持ち上げる週刊プレイボーイ