ジャーナリスト安田純平 シリアで武装勢力に拘束

フリージャーナリストの安田純平がシリアに入国後、現地の武装勢力に身柄を拘束されていると報じられています。結局のところ身代金が目当てであり、支払わなければ殺すか、他の武装勢力に売り渡す、との言い分です
そもそも、なぜ生命の危険があるのにシリアへ出向くのか、理解できません
以下、リテラの記事を引用します


今年6月から7月にかけて、シリアで消息を絶ったとみられていたジャーナリストの安田純平氏に関して、昨日23日、新たな情報があった。
パリに本部を置く非政府ジャーナリスト組織「国境なき記者団」が22日、ホームページで、安田氏がシリアで武装勢力に拘束されているとして、早急な解放を求める声明を掲載したのだ。
〈「国境なき記者団」は日本政府に対し、安田純平さんの解放のためにあらゆる手段をとるよう求めた。彼は日本のフリージャーナリストで、7月にシリアで誘拐され、今も武装勢力の人質となっている。
国境なき記者団が昨日入手した情報によると、安田さんを捕まえている武装勢力は身代金の支払いの期限をカウントダウンし始め、もし支払いが遅れれば、彼を処刑するか他のテロリストたちに彼を売ると脅している。
安田さんは7月のはじめ、シリアの国境に入ってから数時間後に、アル=ヌスラ戦線の支配する地域で武装勢力に誘拐された。安田さんが取材しようとしていた情報には、1月にISISに処刑された彼の友人であるジャーナリスト・後藤健二さんの情報を含む〉
(中略)
安倍政権は、国民に情報を伝えるため、海外の危険地域で報道に携わる邦人の命よりも、自分たちの法案、政局のほうが重要なのだ。今後、安倍官邸がどのような手段で安田氏救出に動くかは依然不透明だが、少なくとも、拘束から半年が経とうとしている安田氏の状況は一刻を争う事態であることも考えられる。
拘束情報を把握しながら半年にわたって隠蔽してきた政府の対応も冷酷だが、政権幹部に否定されたことで今回海外メディアに報じられるまでまったく報じなかった新聞、テレビの姿勢もおおいに疑問だ。


リテラは安田純平を救出するため日本政府は身代金を支払うべきだ、と言いたいのでしょう。では、日本政府の支払った身代金を安田純平は弁済するのでしょうか?
身代金の額がいくらかのか、記事には書かれていません。おそらくは数億円だろうと思われます
そもそもフリーのジャーナリストがシリアへ入国して人質になるたび、日本政府が身代金を支払う必要があるのか、大いに疑問です
渡航しないよう外務省は呼びかけているのであり、それを無視してシリアへ出向くのは自殺行為です。ここは原則通り、「テロリストには身代金を払わない」対応が正解です
結果として安田純平が殺害されるとなれば、それは痛恨事です。しかしその責任は日本政府にはありません。シリアへ出向いた安田純平と、ヌスラ戦線にあるわけで
政府をさんざん批判してきた安田純平ですから、日本政府に身代金を支払ってもらい、助けられたいとは思わないでしょう
さほどまでに心配ならば、リテラの編集部が武装勢力と直接交渉し、安田純平の解放を迫ってはどうか、と言いたくなります
リテラとその仲間である左翼勢力が協働し、身代金を値切るなり、分割で支払うなり、交渉の仕方はいろいろあるはずで
安田純平を拉致したアル・ヌスラ戦線とは以下の様な組織だそうです


「ヌスラ戦線」は,2011年,「イラクのアルカイダ」(AQI)の支援を受けて,AQIのシリアにおける関連組織として結成されたスンニ派過激組織である。指導者は,シリア人のアブ・ムハマド・アル・ジャラニ(又はゴラニ)とされ,勢力は約1万人と推定される。結成後,首都ダマスカスなどで爆弾テロを実行したほか,2012年12月には,アレッポ市西方に位置するシリア軍のシェイフ・スレイマン基地を制圧するなどして,活動を活発化させた。
2013年までに,シリア北部などで,一部地域を支配下に置き,生活物資の配給などを通じて地元民からの支持獲得を図っているとされる。AQIは,2013年4月,同戦線との統合を一方的に宣言したが,独自組織としての形態維持を求める同戦線は,統合を拒否するとともに,「アルカイダ」指導者ザワヒリへの忠誠を表明した。その後,シリアへも活動を拡大させたAQIとは,事実上,並立する形で活動している。
米国国務省は2012年12月,「ヌスラ戦線」をAQIの別称として「外国テロ組織」(FTO)に指定した。
(公安調査庁のホームページより引用)

もちろん、安田純平がヌスラ戦線に殺害されてよい、などとは書きません政府による解放交渉がどうなるのか、続報を待ちましょう

(関連記事)
安田純平を擁護するジャーナリストたち
安田純平を英雄扱いするテレビ朝日
「イスラム国人質事件」の神奈川新聞コラムが酷い
神奈川新聞「イスラム国を生んだ差別構造が日本にもある」
維新の党初鹿明博国対委員長代理 「テロと闘うな」主張
室井佑月「テロに巻き込まれるのは安部首相のせい」発言
テロ非難決議を欠席した山本太郎の言い分
安倍首相のせいで日本人がテロの標的に?
民主党徳永エリ議員 「安部首相がテロ組織を刺激」
イスラム国人質邦人に「自己責任論」
バグダッドで爆弾テロ
「パリのテロは日本も標的だった」と書くメディア
フランスで同時多発テロ 犠牲者は120人以上
東京新聞「不安倍増略して『安倍』」と腐すコラムを掲載
フロリダ銃乱射事件 50人が死亡


囚われのイラク―混迷の「戦後復興」
現代人文社
安田 純平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 囚われのイラク―混迷の「戦後復興」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル