引退後も蒸し返される島田紳助待望論の怪

引退から4年たってもまだ、島田紳助の芸能界復帰待望論がメディアに登場します。今回はNEWSポストセブン掲載の記事から引用します
こうまで復帰待望論が湧くと、吉本興業の陰謀ではないかという気さえしてきます。お笑いブームが去って業績不振が囁かれている吉本興業ですから、島田紳助をテレビに復帰させ、そこへ自社の芸人を大量に送り込んで稼ごうという思惑が透けて見える気がするためです


2011年、暴力団関係者との交際を理由に芸能界を引退した島田紳助さん。引退から4年が経過しているにも関わらず、定期的に芸能界復帰の噂が聞こえてくるなど、今なお芸能界における影響力は健在のようだ。あるバラエティ番組の制作スタッフは、「いまだにテレビ業界では紳助さんの復帰を望む声は根強い」と語る。
「MC能力やトークスキルは言わずもがなですが、紳助さんのすごいところは芸人にもかかわらず“泣ける”ことでした。今、くりぃむしちゅーの上田(晋也)さんやロンドンブーツ1号2号の(田村)淳さん、フットボールアワーの後藤(輝基)さんなど、素晴らしいMCをする芸人さんは少なくないのですが、“泣き芸”を持っている人はほとんどいないのです。
なぜ引退前の紳助さんが多くの冠番組を抱える超人気司会者だったかと言えば、喜怒哀楽すべてを表現できたタレントだったからではないでしょうか。引退して4年経ちますが、今でも業界内では『紳助さんがいかにすごかったか』という話題で度々盛り上がるほどです」(制作スタッフ)
昨年、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了したことで、多くの視聴者が“タモロス”状態に陥ったことは記憶に新しい。ところが、現場サイドは「“紳助ロス”のほうがよっぽど深刻」なのだという。 
「番組のMCを誰にするかという話になると、どうしても先に挙げたような人たちの名前が挙がりがちです。同じ芸人司会者の担当番組が多くなればなるほど、当然、番組の質も似てきてしまうので、視聴者に飽きられやすくなる。番組サイドとしては、できるだけ新鮮味のある司会者を起用したいのですが、だからといって下手な博打は打てない。番組によって笑いと泣きをコントロールできる紳助さんがいたら……なんて嘆いているテレビマンは多いですよ」(同前)
(以下、略)


省略部分では、島田紳助の後釜として雨上がり決死隊の宮迫博之が笑いも泣きもできる司会者だと持ち上げています。しかし、記事の中身は島田紳助に代われる芸人はいないと強調するものであり、復帰させるべきだとの主張が感じられます
泣き芸といえばワイドショーの司会を長く務めた桂小金治がいました(若い方はご存じないでしょうが、没年は2014年です)
余談ながらエピソードを引用すると、桂小金治は東京の魚屋の倅であり、江戸っ子です。が、師匠は上方落語の桂小文治です。関西弁を話す小文治は「東京の落語家は東京の落語をやるべき」との信条から、小金治に落語の稽古はつけなかったため、小金治は柳家小さん(五代目)などから古典落語の学んでいます。師匠小文治は芸人としての生き方をもっぱら教えたのだとか。
その教えの一つが、「女優には手を出すな」という戒めでした(小金治は1950年代から60年代にかけ数多くの映画に出演しており、気っ風の良い江戸前の啖呵をきる貴重な脇役として活躍しています)
島田紳助ら、その仲間たち芸人が共演者である女性タレントを口説きまくるのとは真逆の生き方を諭したわけです
さて、話を戻します
島田紳助が欠けたからといって、それがテレビ業界に深刻な打撃となったのかは大いに疑問です。司会者がひな壇芸人をいじくるだけのワイドショーが飽きられてしまったからには、別の芸風が求められるのは当然でしょう
島田紳助を復帰させ、かつてのバラエティを再開させれば視聴者が戻ってくるとの発想はあまりにも稚拙です
島田紳助は一連の事件に関する報道で、講談社の「FRIDAY」や「週刊現代」を名誉毀損で訴えていました。一審では島田紳助側が勝訴し、「FRIDAY」は330万円、「週刊現代」は110万円を島田紳助に支払うよう判決が下されています

(関連記事)
島田紳助が講談社を名誉毀損で訴える
島田紳助 芸能界復帰特番撮影との噂
吉本社長「紳助君の復帰、信じてる」発言で大炎上
島田紳助引退 ヘキサゴンファミリーの行く末
紳助引退で暴力団擁護発言をした小倉智昭キャスター
島田紳助引退ではしゃぐメディアの怪
食中毒焼肉店 日本テレビの番組が「イイ店」と絶賛していた
「好きな男・嫌いな男」芸能人ランキング
男が選ぶ「嫌いな男 好きな男」ランキング 週刊SPA!
次長課長河本準一の母 生活保護不正受給疑惑
次長課長の河本 生活保護受給で反論
次長課長の河本 「オカン本」で印税4000万円
河本準一の「?」な謝罪会見
河本準一騒動 まだ残る疑問
「キングコング」梶原の母も生活保護受給
河本準一生活保護問題 吉本興業の対応
ノンスタイル井上裕介 タクシー当て逃げで謹慎
バナナマン日村 16年前の淫行事件
カラテカ入江 闇営業で解雇処分
カラテカ入江 闇営業で吉本芸人11名謹慎
闇営業で宮迫100万円、田村亮50万円受け取る
闇営業芸人が謝罪会見できない理由 闇の深さ
吉本興業社長会見が火に油 コンプライアンス不在の無法


島田紳助100の言葉 (ヨシモトブックス)
ワニブックス
島田 紳助

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 島田紳助100の言葉 (ヨシモトブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル