和歌山の成人式で暴行 意識不明の重体

成人式で新成人が暴れる、という恥ずかしい事態が毎年繰り返されるようになりました。なぜこんな風潮が発生し、はびこるようになったのかは分かりませんが、もうそろそろ市町村主催の成人式のあり方を見直すべき時期なのでしょう
「成人式を開催しない」との選択があってもよいのではないか、と思います
和歌山市では会場の外で飲酒していた新成人同士が喧嘩となり、酒ビンで殴られた男性は意識不明の重体と報じられています


和歌山市の成人式会場で新成人の男性(20)が男に殴られるなどし急性硬膜下血腫の重体になった事件で、和歌山県警和歌山東署は11日、傷害容疑で同じく新成人の同市粟の建設作業員、川口智暉容疑者(20)を逮捕した。「相手が首をつかんできたので殴った」と容疑を認めているという。
同署によると、2人に面識はなく、ともに酒を飲んでいたという。
川口容疑者は「首をつかまれたので右手に持っていたビンで男性の顔を殴り、地面に倒れた男性の頭を踏みつけ、さらに殴るなどした」と供述しているという。川口容疑者は事件直後に現場から逃走していたが、同市内で発見されていた。
同市では10日、「和歌山はたちのつどい」が開かれ市内の新成人1968人が参加。午後1時から始まり、午後2時半に終了した。会場の外には、式典には参加せず、集団で酒を飲む新成人もいた。
(産経新聞の記事より引用)


トラブルの経緯はともあれ、被害者が意識不明の重体とあれば傷害罪で起訴されると思われます。相応の慰謝料、治療費を相手に支払い、処罰を望まないとの一筆を警察または検察宛に提出すれば起訴猶予という展開もあるかもしれませんが、20歳の建設作業員に数百万円の治療費を払うのは不可能でしょう
成人式でひと暴れして目立ってやろと出かけたつもりが、刑務所行きの結果になってしまう可能性もあります
「相手が先に手を出したから」とか、「酒を飲んで酔っていたから」などなどの弁解は通用せず、成人としての責任が問われるわけです
留置場の中で、成人になった意味を考えているのかもしれません(まあ、考えたりはしないのでしょうが)
上記の事件以外にも各地で犯罪行為が繰り広げられ、何人もの逮捕者が出ています
静岡県では会場の駐車場でドリフト走行をした車が2人をはね、重症を負わせる事故がありました。事故とは書きましたが、明らかな犯罪行為として糾弾されるべき所業です


10日午後0時40分頃、静岡県湖西市の成人式会場「市アメニティプラザ」駐車場で、同市内の男性(69)と妻(69)が乗用車にはねられ、重傷を負った。
湖西署は車を運転していた愛知県豊橋市の鉄工所従業員の男(20)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。
同署や市によると、男は成人式に出席するため会場を訪れ、車を横滑りさせる「ドリフト走行」をしていた。はねられた2人は孫の成人式を見に来ていたという。
(読売新聞の記事より引用)


新成人の愚かさをこれでもか、とアピールする機会に成り下がった成人式など不要ではないか、と繰り返しになりますが思う次第です。式典や記念品など、市民の税金が使われているのですから

(関連記事)
成人式恒例 大暴れ、無法者
水戸成人式で暴れたDQN逮捕
水戸成人式DQNが大暴れ
今年も各地で荒れる成人式 式典は必要か?
成人式で大暴れ 愚か者たち
朝日新聞社説「成人の日に 尾崎豊」
成人式騒動「はれのひ」社長が会見
格差社会に反対するデモ 参加者500人
「反貧困ブーム」の終焉
秋葉原17人殺傷事件を考える16 「成熟格差社会」という指摘
飛行機内で泥酔、暴行で懲役20年?