CoCo壱番屋廃棄カツ横流し事件1 「廃棄物と知らなかった」

「カレーハウスCoCo壱番屋」から廃棄処分にするため業者に引き渡されたビーフカツが、スーパーや弁当業者に転売されていた事件を取り上げます
廃棄物処理業者「ダイコー」は今回のみに限らず、2014年からCoCo壱番屋からチキンカツやビーフカツの廃棄を依頼されると、これを転売していたと報じられています
廃棄に回すカツは温度管理もされず常温で放置されていた可能性があり、食中毒を引き起こす危険があったのですが、これを再冷凍して転売するというあくどい手口で繰り返していたと思われます


「カレーハウスCoCo壱番屋」が廃棄を委託したカツの不正転売事件で、産廃業者「ダイコー」(愛知県稲沢市)から冷凍ビーフ、チキンカツを購入していた岐阜県羽島市の製麺業「みのりフーズ」の実質的経営者の男性(78)が15日、取材に応じ、他に冷凍ロース、メンチカツも買っていたと証言した。ほとんどを愛知県春日井市の業者などに転売していたという。
みのりフーズは愛知、岐阜県のこれまでの調査でビーフ、チキンカツを転売していたことが判明していた。
男性は「壱番屋の廃棄物が出るたびにダイコーから連絡があった。ほとんど自分が購入し、転売した」と認めた。さらに「最初はチキンカツを無償で5〜10ケース譲り受けた。そのうち量が多くなって買うようになり、1取引で200ケース購入した」と説明。取引の際、ダイコーから「帳簿に残すな」と言われたとも話した。
男性はこれまで「転売はビーフカツだけ」と説明していたが、問題発覚後、ダイコーの会長から電話で「ビーフ以外は黙っておけ」と指示され、従っていたという。
また「ダイコーに壱番屋のカツがある経緯は気になったが追及しなかった。廃棄物とは知らなかった」と釈明した。約3年前にダイコーの会長と知り合い、2014年ごろから取引を始めたとしている。
また壱番屋(愛知県一宮市)は15日、14、15年にダイコーに処理を委託した廃棄品の内容を発表した。これまでに明らかになっていたビーフカツなどのほか、ナポリタンソースなど全6種類が横流しされた可能性があるとしているが、ダイコーが不正転売した量は不明。
廃棄品の内訳は、公表済み分を含め、チキンカツ約24万枚▽ロースカツ約15万枚▽メンチカツ約10万枚▽ビーフカツ約9万枚▽ナポリタンソース約680袋▽ラーメンスープ約240袋。
(毎日新聞の記事から引用)


上記の記事で「みのりフーズ」の経営者は廃棄のカツが出るたび買い取っていたと認めているものの、「廃棄物だとは知らなかった」と釈明しています
ダイコーが廃棄物処理業者と知った上で取り引きを続けていたのですから、本当に知らなかったとは思えません
ダイコーの経営者は目下行方不明で、連絡が取れないとの報道もあります
これではダイコーがどれくらいの量を横流ししたのか把握できないまま、有耶無耶で終わってしまう可能性もあります(廃棄処分として引き受けた量のほとんどを横流ししていた、と推測するしかありません)
転売された商品を買い取った弁当業者らは、「CoCo壱番屋」の名前を信用したと口にしていますが、出処あるいは経緯の分からない訳あり食品を買い取って客に供する感覚には眉をひそめたくなります
多分これまでにも怪しげな食材を安く購入しては弁当に使っていたのであり、今回が初めてではないのでしょう
弁当仕出し業者の名前が出れば、これまで取り引きしていた事業所等はこの弁当業者との取り引きを打ち切ると思われます
1軒、1軒お詫びをして取り引き継続を嘆願して回ったとしても、冷たい反応しか返ってこないはずであり、廃業や倒産に追い込まれる業者も出るでしょう
しかし、出所不明な訳あり食材に手を出した報いであり、そんな危ない真似をする弁当業者は排除されて然るべきと考えます(冷淡な言い方になりますが)

(関連記事)
CoCo壱番屋廃棄カツ横流し事件3 マルコメ製品も転売
CoCo壱番屋廃棄カツ横流し事件2 Aマートアブヤス
通販の2万円豪華おせち料理 腐っていたと苦情殺到
まだ続く、腐ったおせち料理販売騒動
腐ったおせち騒動4 批判するネットユーザーにホリエモンが激怒
腐ったおせち騒動5 食材偽装の疑いも浮上
腐ったおせち騒動6 商売人の矜持を問う
腐ったおせち販売のバードカフェ 社長が引責辞任
食材偽装 リッツ・カールトンでも発覚
楽天77%オフ優勝セールで不当表示
食中毒事件「焼肉酒屋えびす」の社長が自己破産
4人死亡の「焼肉酒家えびす」社長 土下座
食中毒焼肉店 日本テレビの番組が「イイ店」と絶賛していた
焼肉店食中毒 こどもに生肉を食べさせる親
「焼肉酒家えびす」食中毒から2年 賠償もなし
セブン&アイ会長を辞任した鈴木氏をやたら褒めるメディア