県営住宅放火殺人1 ペルー人を無免許運転で逮捕

愛知県半田市にある県営住宅で12月30日に火災が発生し、火元となった部屋から外国人女性2人の遺体が発見される事件がありました
ブラジル出身のアマリリア・マルヤマ・キンベルリ・アケミさん(27)とその姉ではないかと思われます。2人の遺体は喉の骨が折れており、絞殺後に遺体にガソリンをかけて火を放ったようです
以下、毎日新聞の記事を引用します


愛知県半田市の県営住宅で先月30日、ブラジル国籍の女性ら2人が殺害され部屋が放火された事件で、県警が同日夜、被害女性の車を運転していたペルー国籍の男を道交法違反(無免許運転)容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材で分かった。当時、被害女性の子供2人を車に乗せており、捜査本部は男が事件について何らかの事情を知っている可能性があるとみて調べている。
殺害されたのは、この部屋に住むアルバイト、アマリリア・マルヤマ・キンベルリ・アケミさん(27)と25〜35歳の女性。アマリリアさんは3歳と5歳の子供2人と暮らしていたという。
捜査関係者によると、逮捕された男はアマリリアさんの知人とみられ、名古屋市内でアマリリアさんの車を無免許で運転していたとされる。車にはアマリリアさんの子供2人が乗っており、県警が2人を保護した。
アマリリアさん宅には、姉が頻繁に出入りしていたとの情報がある。姉とは事件後連絡が取れなくなっており、捜査本部は、殺害されたもう1人の可能性もあるとみて、慎重に身元を調べている。
火災は30日午後2時過ぎに発生。県営住宅の一室を全焼し、焼け跡からアマリリアさんと女性の遺体が別々の部屋から見つかった。司法解剖の結果、2人の首には絞められたような痕があり、死因はいずれも窒息死とみられる。
台所の流し台には、ほぼ空になったガソリンの携行缶(容量5リットル)があり、捜査本部は何者かが2人を殺害後にガソリンをまき、放火したとみている。


集合住宅でガソリンを撒き火を放てば、他の部屋も類焼する危険があります。そんな危険を無視した荒っぽい犯行を躊躇うこともなくやってのけるのですから、外国人犯罪というのは度を超したものがあります
熊谷でのペルー人による連続殺人に関連し、「日本のメディアがペルー人の悪口を言い触らしている」と批判する在日ペルー人がいます。しかし、ペルー人による犯行の疑いがあると報じて何が悪いのか、と思うだけです
ですからこの事件も、無免許運転で逮捕されたペルー人による犯行の可能性がある、と報じるのは当然でしょう
2人を絞殺した上に放火です。死刑判決が下されて当然の凶悪事件であり、ペルー人だからといってこれに特別な配慮をする必要はありません
犯行現場に残されたガソリンの携行缶から指紋が検出されれば、ガソリンを撒いて火を放ったものと推定できます。容疑者の衣服や髪の毛からもガソリンの燃焼による煤が検出されるでしょう
ただし、殺害の立件はそう簡単ではありません。被害者が絞殺される際、抵抗してペルー人男性の手をひっかくなどしていれば、爪の間に皮膚片が残り、DNA鑑定もできます。しかし、放火されて遺体の損傷が激しければ困難です警察の捜査の進捗に期待しましょう

(関連記事)
熊谷6人殺害事件を考える3 「ペルー人」報道は人権侵害か?
熊谷6人殺害事件を考える5 「精神鑑定は必要ない」
熊谷6人殺害事件を考える4 犯行を否認
熊谷6人殺害事件を考える2 任意同行も見失う
熊谷6人殺害事件を考える1 容疑者の兄も大量殺人犯
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
江田島で中国人研修生が8人殺傷
8人を殺傷した中国人実習生 その後
江田島9人殺傷事件中国人被告が出廷拒否
江田島9人殺傷事件 中国人に無期懲役判決
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
自分を捨てた父親を探したら殺人鬼だった 「ゾディアック事件」