「鋼の錬金術士」山田涼介主演で映画化?

人気漫画、アニメを実写映画化しようとする邦画の企画が今年も数多く聞こえてきます。その1つが、「鋼の錬金術師」であり、早くもHey!Say!JUMPの山田涼介が主役に抜擢されると噂されています。いやむしろ、最初から山田涼介ありきの企画と見てよいのかもしれません
当然、原作ファンからは悲鳴と怨嗟の声が挙がっています


ジャニーズ山田涼介が「鋼の錬金術師」の主役に噂されるポイントが2つあった!
累計6000万部超の人気漫画「鋼の錬金術師」(ハガレン)が実写化されるとの報道が伝わり、原作ファンを混乱させている。一部のニュースサイトが報じたところによると、主役の青年エドワード・エルリックを演じるのはHey!Say!JUMPの山田涼介。この人選にはファンから失望と落胆のオンパレードだ。
いわく「ハガレンを汚さないでくれ!」「山田って誰だよ‥‥」「ジャニーズだなんて不安でしかない」「なんでド素人なのか」など、山田の起用に対する反発は相当なものとなっている。そんな不安の声に関して映画ライターはこう語る。
「人気漫画のファンが実写化に反発するのはよくあることで、『進撃の巨人』もそうですし、それこそ山田が主演した『暗殺教室』もそうでした。ただ、その2作品ではストーリーの核となるのが人間以外の存在だったのに対し、ハガレンの場合は金髪の美少年であるエドワードが何よりも重要な存在。そんな重要なキャラをジャニーズタレントが演じることへの嫌悪感は、そう簡単には払拭できないでしょうね」
早くも前途多難な山田の起用だが、そんな彼はエドワードとの共通点を持っているという。一つは山田のメンバーカラーである赤だ。エドワードは赤いコートをトレードマークとしており、原作ファンにとってもエドワード=赤というイメージが強いため、赤が似合う山田はイメージ通りと言える。そしてもう一つの共通点は、原作者自身も重要視しているポイントだという。ハガレン好きの芸能ライターが教えてくれた。
「それは身長です。エドワードは背の低さにコンプレックスを抱いており、原作者も実写化されたときの役者について質問されたとき、“身長で決定”という理由から“猫ひろし”と答えていたほど。その点、山田は公称165センチですし、実際には160センチそこそこと言われていますから、まさにピッタリの人選と言えそうです」
身長が最重要要素だとしたら、165センチ未満という俳優はそうそういるものではなく、山田に白羽の矢が立つのも納得だ。そんな山田が本当にハガレンで主役を務めるなら、エドワードのチャームポイントで、背の低さをカバーするための“アホ毛”をお忘れなく。
(アサヒ芸能の記事から引用)


山田涼介については自分もほとんど知りません。最近ドラマや映画で名前を見かけるジャニーズ系の若手タレント、というイメージです。ドラマ「金田一少年の事件簿」で4代目の金田一少年を演じているところからすれば、ジャニーズ事務所が俳優として成功させようとプッシュしているのでしょう
それにしても上記の記事の中で、山田は低身長だから主役であるエドワード・エルリック役にピッタリとあるのには失笑するしかなく、こじつけにもほどがあります
「鋼の錬金術士」には女性ファンも多いのですが、そのファン層が山田涼介のそれと重なっているのかは不明です
映画化となれば、山田涼介以外のジャニーズ系タレントもキャスティングされ、弟アルフォンス(鎧ではなく)などなどジャニーズだらけになるのでしょう
そんな配役で「鋼の錬金術師」ファンを納得させられるはずもなく、最初から興行としては爆死の予感しかありません
いったい誰得(誰が得をするのか?)の企画なのか、疑念が湧くばかりです
インターネット上の反応を列挙してみましょう(当然ながら否定的な意見ばかりです)
「始まる前から終わってる」
「やめてくれ」
「原作者は文句言わなかったのかね(´・ω・`)?」
「またコスプレ大会が始まるのか」
「ファンタジー・SFものでバトル系の実写化はやめておいた方が・・・」
「なぜ日本映画はいつも失敗に向かって走り出すのか」
「原作と似ても似つかないキャストの皆さんが、真面目に寄せようとしてる姿を温かい目で見つめる2時間。視点変えると結構楽しめるよ」
「高い制作費払って撮影前から爆死www」
「ヨーロッパ風のファンタジー世界が舞台の話を日本人で実写化するのやめろよ…無理があるんだよ」
「腐女子めがけて地雷投げつけるとか勇気あるな。あいつらしつこいぞ」
さて、山田涼介以下、出演者はそれぞれ髪を金髪やら茶髪に染め、白人らしく見えるように扮装して演技するのでしょうか?
それはもうコスプレ大会と言われるのは当然です

(関連記事)
ファンキー加藤主演映画「サブイボマスク」大コケ
広瀬すず 映画「ちはやふる」爆死報道
橋本環奈 「セーラ服と機関銃」大コケ
E-girls映画「ガールズ・ステップ]が壮絶大爆死
映画「ハダカの美奈子」大コケ
日本アニメ原作の映画「Blood:The Last Vampire」世界でコケまくる
香取慎吾映画大コケ3連敗 「LOVE まさお君が行く!」
香取慎吾 映画「座頭市 THE LAST」大コケ
香取慎吾の映画「こち亀」 大惨敗
「忍たま乱太郎」 なぜアニメを実写化するのか?
井筒監督「漫画を安易に映画化しすぎる」と批判
ハリウッド版忠臣蔵「47 Ronin」が大コケ 175億円の損失
映画「苦役列車」は前田敦子出演で大コケ
映画「トータル・リコール」リメイクも米で大コケ
ハリウッドの大コケ映画「スーパーマリオ・ブラザーズ」
ジャニーズ映画 大コケ
「四月は君の嘘」映画化 大丈夫か?
アニメ「四月は君の嘘」 海外の反応
ハリー・ポッターを日本でアニメ化したら…