ベッキー謝罪の手紙も復帰の道は険しい

不倫問題で芸能活動を休止に追い込まれたベッキーが週刊文春に手紙を書き、これが最新号に掲載されると芸能メディアが注目しています
まだ、その手紙の内容が明らかになっていない時点で、多分に憶測が混じっている「LITERA」の記事を取り上げます


ベッキーが不倫問題をスクープした「週刊文春」(文藝春秋)の取材に応じたらしい。
ここ数日そんな情報がマスコミ界を駆け巡っていたが、やはり噂は本当だった。明日発売の「週刊文春」に6ページものベッキー特集が掲載されているのだが、その中で、ベッキーから「週刊文春」にあてた"手紙"が掲載されているのだという。
「週刊文春デジタル」の速報によれば(リンク)、手紙は「サンミュージックプロダクション」の代表取締役社長・相澤正久氏から手渡された、便箋5枚に及ぶもの。そこにはこんな思いが綴られていたという。
〈川谷さんへの気持ちはもうありません。文春さんで奥様が話された記事を読み、そこで初めて奥様のお気持ちを知り、自分の気持ちの整理がつきました〉
「週刊文春デジタル」にはこれだけしか紹介されていないが、手紙はもっといろいろなことが書かれているようだ。週刊誌関係者がこう語る。
「『週刊文春デジタル』が書いていたことだけでなく、川谷との関係が不倫であったとはっきり認め、会見で嘘をついたことや質疑応答がなかったことについても、謝罪しているようです」
ベッキーが関係者に謝罪の手紙を書いているのは知っていたが、まさか自分の不倫を暴いて追い詰めた「文春」にまで、手紙を書くとは......さすが、誠実な性格で知られるベッキーと言うほかはない。
しかし、残念ながら、この記事はベッキーにさらなる試練を与えることになるだろう。
本サイトで何度も指摘してきたように、ベッキーに対するバッシングは異常とも言えるものだ。ベッキーと所属事務所サンミュージックは、他の大手事務所の芸能人に比べたらはるかに誠意ある対応をとってきたのに、芸能マスコミやネットは「とにかく不倫は許せない」の一点張り。
(中略)
しかし、ここまで不倫を反省し、マスコミに誠実に対応しても、ベッキーはおそらくまだまだ叩かれ続けるだろう。芸能マスコミの弱いものいじめ体質とネットに吹き荒れる道徳ファシズムはどうにかならないものなのだろうか。


ベッキーの不倫を咎めるインターネット上の声を、「道徳ファシズム」と決めつけ断罪しています。まあ、いつもの「LITARA」らしい、偏見に満ちた記事です
上記の記事を読む限り、「ベッキーなら不倫をしても許せる」との思いがライターにはあるようで、それこそ倫理観の欠如と言えます
誰であろうと不倫は不倫でしかないのです。ベッキーであろうと誰であろうと
ベッキーがテレビ出演を取りやめたのも、コマーシャルを降板したのもテレビ局やスポンサー企業の判断であり、市井の一般人に決定権などありません
強いて言うのなら、「好感度」や「視聴率」などという尺度を絶対視しているテレビ局やスポンサー企業こそが、「好感度」や「視聴率」に縛られ身動きできなくなっている結果であって、視聴者が絶対的な権限を握っているわけではないのです
そしてベッキーの芸能活動再開が宙に浮いているのは本人と事務所の判断ゆえであり、市井の一般人や週刊文春の陰謀とか圧力の結果ではないのです
記事の中で、「ベッキーと事務所は誠実に対応してきた」と書いていますが、あれだけ堂々と「不倫ではない」と嘘の会見をし、質問には応じなかった事実を無視し、「誠実に対応した」と言い張るLITERAのライターは頭がどうかしているのでは?
繰り返しになりますが、ベッキーの芸能活動再開を認めるかどうかはテレビ局とスポンサー企業の判断次第であり、「道徳ファシズム」などというものは存在しません
このライターは「ファシズム」と書きたかっただけではないのか、と思ってしまいます
別のメディアの記事では、夏の「24時間テレビ」で100キロマラソンのランナーとしてベッキーが起用され、涙のゴールインで復帰を決めるではないか、との憶測が書かれていました。もうコメントする気にさえなりません。「復帰劇」もテレビ業界にとっては売り物なのでしょう

(関連記事)
「ゲスの極み乙女」謹慎へ 川谷絵音が未成年者と飲酒
「金スマ」でベッキー謝罪 川谷は反省ブログ?
ベッキーだけでない 不倫の破壊力
ベッキー不倫 「絶対に別れない」
ベッキー不倫 探偵が1ケ月身辺調査でバレる
ベッキーLINEまた流出 不倫関係は継続
ベッキー不倫問題 川谷妻が激白で追い打ち
ベッキー不倫騒動は川谷妻が暴露か?
ベッキー謝罪会見の稚拙さを指摘する声
同志社女大ストーカー殺人はW不倫の結果
麻木久仁子vs大桃美代子 不倫対決
麻木久仁子 不倫を認める
麻木久仁子 不倫釈明するも騒動はおさまらず
大桃美代子はなぜ麻木久仁子に怒っているのか?
麻木久仁子 不倫の果て
麻木久仁子 好感度では一人負け
麻木久仁子不倫騒動 人を好きになるのに理由はない?
麻木久仁子 不倫騒動で番組出演取りやめ
麻木久仁子 番組降板、休業へ
麻木久仁子の元夫山路氏 W不倫を語る
お天気お姉さんの不倫 NHK半井キャスター
元オグシオ・ペアの小椋久美子 不倫略奪愛の末に離婚
天才将棋少女 林葉直子の不倫、借金
不倫は女の純文学?
船越英一郎・松居一代離婚へ
松居一代 離婚騒動を巡る暴走
松居一代「かまってちゃん女」の払う代償
桂文枝不倫騒動の不可解
菊川怜の結婚相手 離婚・不倫のゲス男
上原多香子不倫騒動の波紋
美人弁護士へのセクハラ テレ朝プロデューサー
斉藤由貴の夫を批判 不倫の医師
アンジャッシュ渡部不倫 文春砲
アンジャッシュ渡部不倫 メディアから袋叩き


ベッキーさんの悲しみや苦しみの乗り越え方
シーエイチシー
ブックス21C

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ベッキーさんの悲しみや苦しみの乗り越え方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル