松本副大臣も政治資金で多額のガソリン代

松本文明内閣府副大臣(67)=比例東京選出の政治資金収支報告書を巡り、さまざまな疑惑が噴出しています
1つは妻の名義になっている中野区内のマンションを事務所として借用した形にして、相場を上回る賃貸料を政治資金から支払っていた問題です。借用の形を借りて政治資金を親族に還流していたも同然です
もう1つは他の政治家も指摘されているガソリン代の疑惑です
民進党の政調会長である山尾志桜里議員の場合、「地球5周分」とされるガソリン代230万円を政治資金から支出し、問題になりました
ところが松本副大臣の場合は車5台分として207万円を支出しています。山尾議員より少ない金額に見えますが、山尾議員の選挙区に比べ松本副大臣の衆議院東京7区ははるかに狭いわけであり、活動範囲からしてこれほどのガソリン代を支出する必然性がありません。ガソリン代名目で支出しておいて、他に流用しているのではないか、と疑われるのも当然でしょう


松本文明氏が代表を務める政党支部は、平成24年以降、車5台分のガソリン代として3年間で約510万円を支出したとしており、識者から「多すぎる」との指摘も出ている。自民党東京都第7選挙区支部の政治資金収支報告書によると、24年は23回にわたり計約144万円のガソリン代を支出し、25年は36回で約159万円、26年には35回で計約207万円を計上していた。
政治資金のガソリン代支出をめぐっては、民進党の山尾志桜里政調会長が代表を務める愛知県内の政党支部が、24年分の収支報告書で約230万円分を計上。
「地球5周分に匹敵する距離を走った計算になる」といった指摘を受けた山尾氏は、会計担当だった元公設秘書が不適切な処理をした可能性が高いと釈明した。
燃費や当時のガソリン代などが異なるため、単純比較はできないが、山尾氏の選挙区の面積約260平方キロメートルに対し、松本氏が出馬した衆院東京7区(渋谷、中野区)は約31平方キロメートル。松本氏と同じ選挙区の民進党の長妻昭代表代行側の26年分のガソリン代は、軽乗用車1台分で約9万円だった。
松本氏の事務所は「当該政治団体の活動で使用したものを記載している」としている。
(産経新聞の記事から引用)


選挙カーとして使用する車を保有していたとしても、常時選挙区内を走らせているわけではありません。同じ選挙区で競い合っている長妻議員が年に9万円しかガソリン代を使っていないのですから、5台もの車を所有しているとはいえ、207万円は不自然な金額です
これら5台の車がきちんと日々の運行記録を残している可能性はないと思われますので、207万円を使った事実を立証し、疑惑を晴らすのは困難でしょう
松本副大臣は熊本の地震発生後、現地対策本部長に就任したのですが、問題発言を繰り返したため批判を浴び、わずか5日間で更迭されています
たとえば、4月16日の政府とのテレビ会議において、「食べるものがない。これでは戦えない。近くの先生(国会議員)に差し入れをお願いして欲しい」と要望したが、差し入れがおにぎりのみだった事に「こんな食事じゃ戦はできない」と不満を漏らしたため批判されています。さらには地元自治体職員に対して「物資は十分持ってきているので足りているんだ。被災者に行き届かないのは、あんたらの責任だ。政府に文句は言うな」と発言して物議を醸しました
あるいは蒲島郁夫熊本県知事に対して、被災者は「なんで屋内(避難)じゃないの」とも尋ね、蒲島知事から「(松本は)分かっていない」と不快感を示されてもいます
余震が頻発し、建物が被害を受ける危険がある以上、被災者は屋外に留まるしかないのですが、そんな事情も理解できない人物が対策本部長を務めているのですから呆れてしまいます
もともと地震対策の本部長などが務まるような実務能力を欠いた、と言うほかありません
さて、松本副大臣ですが、上記の疑惑を晴らさないかぎり、副大臣の職も辞さなければならないのであり、今頃は頭を抱えているのではないでしょうか?

(関連記事)
山尾志桜里議員の不倫を擁護する人、批判する人
山尾志桜里議員 不倫を否定し離党届
民進党山尾志桜里議員 不倫疑惑で幹事長逃す
民進党山尾議員ガソリン代不正 元秘書着服で決着
今度は異常なコーヒー代疑惑 民進党山尾政調会長
民進党山尾志桜里政調会長 政治資金疑惑で窮地
小渕優子議員の秘書を起訴 政治資金規制法違反
小渕経産相と松島法相辞任を考える
舛添知事 政治資金で家族旅行疑惑
舛添知事 政治資金流用疑惑で一部返金
舛添都知事 政治資金疑惑まだまだ噴出
舛添都知事 議会で釈明も四面楚歌
衆議院選挙結果 民主党大勝予想も大ハズレ
総選挙 自民党大勝予想で株式市場高騰
「民主党大勝利」という選挙予想
自称小学4年生の「解散総選挙批判サイト」 嘘がバレて炎上
SMバー批判の菊田議員へ非難轟々
参議院出馬予定の乙武洋匡氏に不倫報道
「高市早苗総務大臣は経歴詐称」と鳥越俊太郎指摘
不倫しまくり宮崎謙介議員 あっさりと辞職
パンツ泥棒が復興担当大臣に選ばれる時代
「安倍は人間じゃない」発言で野党結集を煽る山口二郎法政大学教授


政治資金規正法違反事例集
国政情報センター
国政情報センター

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 政治資金規正法違反事例集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル