「日本アニメを怯える習近平政権」と書く産経新聞

「日本のアニメーションが世界各国でどのように見られ、受け止められているのか」というのが自分の関心事の1つであり、これまでにもさまざまな報道、事例を取り上げてきました
しかし、中にはアニメーションの影響を誤解したり、誇張したり、まったく本質とは無関係な話を持ち出す報道もあます
今回紹介するのは産経新聞掲載の「日本のアニメに怯える習近平政権 歴史観が日本に“洗脳”されてしまう!『進撃の巨人』の“排除”を指示」と題する記事も、ウケを狙いすぎた感がします


日本のアニメに怯える習近平政権 歴史観が日本に“洗脳”されてしまう!「進撃の巨人」の“排除”を指示
今から1800年ほど前の中国大陸で魏、呉、蜀が覇権を争った三国時代。日本でも劉備、曹操、孫権らが登場するこの時代は「三国志」として親しまれている。しかし、中国では三国時代などを題材にした日本のアニメやゲームが伝統的価値観を崩壊せてしまうとの指摘が出ている。日本のアニメやゲームの文化が中国人青年を“洗脳”し、自国の歴史への「正しい認識」をゆがめてしまうというのが彼らの主張だ。支配秩序を乱す恐れがあるという観点から中国共産党に狙い撃ちされる日本のアニメも出始めた。
■「5000年の歴史を持つ大国のメンツは!」と憤慨
中国メディアの騰訊網は4月11日、「文化侵略?日本のアニメ・ゲームが『三国』に対する認知を破壊した」と題した記事を掲載した。記事は日本のアニメやゲーム業界で三国時代を題材にした作品が次々と出ていると指摘。「史実に基づかない多くのシーンが、中国の若者の頭に浮かぶようになった」と現状を説明したうえで、「われわれはすでに、日本のアニメ・ゲーム文化によって洗脳された世代の人間なのだ」と嘆いた。
(中略)
■危機感募らす習近平政権が日本アニメを“攻撃”
騰訊網が記事の中であらわにした危機感は、中国社会の中に日本のアニメやゲームの文化がすっかり根付いてしまったことを逆に裏付けるものだが、こうしたなか習近平政権は日本のアニメやゲームなどを狙い撃ちし始めている。
昨年6月に上海で開かれ国際映画祭に合わせて日本の作品が紹介されたが、日本国内でも人気が高い「進撃の巨人」は上映できなかった。この時は、その理由が明らかにされなかったが、中国文化省は映画祭に先立って、「進撃の巨人」や「寄生獣」など38作品のリストを公表。インターネットでの配信を禁止する措置を取っており、この影響を受けたとみられている。
38作品をリスト化した表向きの理由は「未成年者の犯罪や暴力、ポルノ、テロ活動をあおる内容が含まれる」というものだが、中国政府や共産党の見解を額面通りに受け取るような人はよほどのお人好しだろう。
(以下、略)


長文の記事なので、全文は上記のウェッブサイトで確認願います
省略した部分では「進撃の巨人」においては、巨人=中国共産党であり、これと闘う人間=香港という図式で受け止められ、それゆえ香港では「進撃の巨人」が大ヒットしたと習政権が解釈し、中国本土での公開を禁じたと指摘しています
まあ、こじつけだとは言わないまでも、かなり強引な見方でしょう
基本的には中国のこのアニメ禁止リストが、「日本の文化や価値観が中国の若者たちに浸透するのを嫌ったため」という程度の解釈にとどめておくべきであり、「習政権が怯える」などと表現するのは盛りすぎです
以前にも紹介したところですが、中国のアニメはなかなか独自のスタイルを見いだせず迷走を繰り返しています。日本風の萌アニメやバトルファンタジーを志向するのか、ディズニー風の幼児を含めたファミリー向けを志向するのか、揺らいでいます
中国の青年層にすれば、「攻殻機動隊」のような政治批判や社会批判をも含む重厚で見応えのある作品を期待しているのでしょう。が、中国共産党はアニメといえども、社会批判が許さないのであり、「進撃の巨人」もその範疇と見なして禁じたというのが真相だと思われます
この記事を書いた記者は中国のアニメーション事情より、「強権的な習政権が日本のアニメに怯えている」と書きたかっただけなのかもしれません

(関連記事)
「迷い道にいる日本アニメ」と書く中国メディア
中国サッカー劣るのは漫画「キャプテン翼」がないから
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
中国アニメの逆襲 「一人之下」が日本で放映され話題に?
「日本のアニメ・漫画産業は230兆円規模」と書く中国メディア
中国に衝撃 「STAND BY ME ドラえもん」 
12年かけて完成 中国アニメ「大魚・海棠」は成功するか?
中国アニメ産業、生産額1兆円の時代を迎える
「国家イメージまで創り上げた日本のアニメ」と報じる中国メディア
中国アニメ 美少女も結局日本風に
大和総研の「日中アニメ業界の比較研究」がひどい
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」
中国では作れない春秋戦国時代アニメ「キングダム」
成功を焦る中国アニメ 世界的なヒット作はなく
中国のアニメ産業発展における3大問題
「進撃の巨人」を論評する韓国メディア
「進撃の巨人」で再び愚論を書く韓国メディア
中国紙 「黒子のバスケ」こそ日本の国家イメージと語る
「名探偵コナン」の人気を読み誤る中国メディア
日本のアニメは暴力的で卑猥と批判する中国
「教訓」重視の中国アニメ ストーリーは後回し
「もののけ姫」を豪快にパクった中国アニメ
中国掲示板 「日本のアニメ復讐譚がないからつまらない」


アニメ文化外交 (ちくま新書)
筑摩書房
櫻井 孝昌

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アニメ文化外交 (ちくま新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル