横浜で実母祖母を殺害した少年に「少年院送致相当の判決」

横浜市で昨年5月、当時81歳の祖母と50歳の母親を刺殺したとして殺人罪に問われた少年(当時15歳)の事件は、なかなか情報が得られずつい放置したままにしていました
横浜家庭裁判所は「刑事処分相当」として横浜地方検察庁に逆送し、裁判員裁判として横浜地方裁判所で審理が行われた結果、「少年院での矯正教育が相当」だとして横浜家庭裁判所に差し戻す決定が下されています
振り出しに戻った感もありますが、横浜家庭裁判所としては地裁の決定を無視できませんので少年審判を開いた上で、少年院送致決定を言い渡すことになるのでしょう


横浜市戸塚区の自宅で母親と祖母を刺殺したとして殺人罪に問われた少年(16)を、「少年院で矯正教育を受けさせ、更生を図らせることが相当」との理由で家裁移送とした先月下旬の横浜地裁決定は、全国的に極めて珍しい判断だった。
裁判員らは刑罰での更生に限界を感じ、保護処分に可能性をみて判断したとみられる。
少年法では、十六歳以上の少年が故意に人を死亡させた場合、原則逆送するよう定めている。殺人罪に問われた少年は当時十五歳だったが、横浜家裁は「刑事処分が相当」と判断して逆送した。
裁判員裁判の被告人質問で少年は母と祖母を殺害したことは認めたが、動機を問われると「話すものが存在しない。興味がない」と突っぱねた。反省や後悔の言葉もなく、「社会に出るのは嫌だ」と口にした。
一方で、質問の意味が分かっていないようなやりとりも多くみられた。例えば、弁護人が「どういうときに家族に怒られたか」と問うと「どういう?」と聞き返し、具体的な状況を一つずつ質問すれば答えた。裁判員は少年の様子に「最初は戸惑った」と振り返る。
少年の鑑定人は「情緒が未発達で、自分の感情を十分理解できていない。コミュニケーションが困難」「どうして? という問いにどう答えていいか分からない」と説明した。
決定は、少年の精神面の問題について、生来的な要素と、情緒的な関わりの少ない家庭で育った成育歴の両方の影響を指摘。「更生には少年院で個別的な矯正教育を受ける方が効果的」と結論づけた。
裁判員らは決定後の記者会見で「少年を見て、言いたいことを言葉にできない何かがあると感じた」「鑑定人とは信頼関係を築けているように思えた。そこに可能性を感じた」と語った。そして全員が「事件と向き合って更生して戻ってきてほしい」と口にした。
二〇〇九年に裁判員裁判が始まってから家裁送致の決定は今年四月までに全国で七件のみ。駒沢女子大の須藤明教授(犯罪心理学)は「厳罰化の流れの中で更生のために踏み込んだ意義のある決定」と評価する。「応報的な処罰では反省できない人もいる。保護処分に反省や更生の手掛かりを求めたのだろう」説明。決定が少年院送致が相当とした点について、「一対一で情緒的な交流を安定させることが処遇の一歩になる」と話した。
(東京新聞の記事より引用)


上記の裁判で検察側は、「母親と祖母にはなんの落ち度もなく、家庭内の事件だからと特別視できない」として、不定期刑の上限にあたる懲役10年以上15年以下を求刑していました
しかし、殺害された母親と祖母に何の落ち度もなかったのでしょうか?
家庭内の事情をとやかく言っても始まりませんが、被告の少年には著しい情緒の発達の遅れがあったにも関わらず、母親や祖母ともそこを重視せず、ひたすら学校の成績ばかりを気にしていたように伺えます。この種の少年犯罪ではしばしば見られるわけですが
ある種の発達障害を抱えたこどもでも、親が障害にまったく無理解で学校の成績だけでしかこどもを判断しないと、きちんとした療育を受けさせることができず、手遅れになってしまいます
それを親の落ち度と指摘するかどうかは微妙ですが
おそらく小学生時、中学生時に学校側から本人の情緒面での問題行動を指摘されていたはずであり、親がそれを理解し受け止め、きちんとした療育を選択していれば事件は防げたのではないか、と考えます
少年は祖母と母を殺害後、返り血を浴びた服を着替え、凶器である包丁をもって警察に自首しており、常識にかなった行動をするだけの判断力は備わっていたのですから、衝動のままに行動する情緒障害のモンスター扱いするべきではありません
周囲が彼の障害に気がつき、手を差し伸べていたなら違う結果になったのではないかと思うばかりです

(関連記事)
横浜で実母・祖母殺害の少年 検察官送致に
実母、祖母を殺害した15歳逮捕 神奈川
母親を殺害した八戸事件を考える 1
母親を殺害した八戸事件を考える 2
母親を殺害した八戸事件を考える 3
母親を殺害した八戸事件を考える 4
母親を殺害し解体した容疑で19歳の少年を逮捕
「人を殺す経験がしたかった」 豊川事件を考える 1
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
名古屋大女学生殺人を考える1 殺人願望
名古屋大女学生殺人を考える2 有識者のコメント
佐世保小6殺害事件 事件の意味を読む


少年犯罪と向きあう (岩波新書)
岩波書店
石井 小夜子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 少年犯罪と向きあう (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル