都知事選 鳥越俊太郎落選の弁

東京都知事選挙は開票の結果、小池百合子元防衛大臣が当選となりました
大方の予想どおりであり、意外な気はしません
むしろ、「勝てる」と豪語していた鳥越俊太郎陣営の「根拠のない自信」の方が理解不能であり、いったい何を信じて選挙戦を戦っていたのか首を傾げたくなります
知名度抜群の人気キャスター、鳥越俊太郎が立候補を決めた時点で彼らは皆、「勝った」と思ったのでしょう。勝敗の行方を左右する浮動票を押さえた、と決めつけていたようにも映ります
しかし、高齢の鳥越俊太郎が口を開くたびに、認知症ではないかと疑いたくような記憶違い発言をしたり、政策そのものがすかすかで中身に乏しく、本当に都政を担うだけの力があるのかと不安視されたのですから、無党派層の中にも見限った有権者が多かったものと推測されます
以下、落選に関する鳥越俊太郎の弁を紹介します


「準備不足もあったし、選挙妨害に近い事実無根の報道もあったが、基本的には私の力不足。期待を寄せていただいた都民やスタッフに申し訳ない」。ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は港区の選挙事務所で、集まった支援者に頭を下げた。
野党統一候補となった鳥越氏が出馬を表明したのは告示2日前。選挙公約にあたる「政策集」をホームページで発表したのは、告示翌日の15日だった。自身の闘病経験から独自政策の「がん検診100%」を打ち出した他、「住んでよし、働いてよし、環境によし、学んでよし」という「4つのよし」をスローガンに、「待機児童ゼロ」「待機高齢者ゼロ」「原発ゼロ」などを訴えたが、選挙活動の遅れを挽回(ばんかい)することができなかった。
「初めての選挙戦で、終わって、正直なところ、ほっとしている」と鳥越氏。「得難い経験をさせて頂いた。本当に手応えはあった。皆さんに一緒に戦っていただいたこと、何の後悔もありません」と話した。
選挙中には「週刊文春」「週刊新潮」が鳥越氏の女性問題を掲載。鳥越氏側は、記事は事実無根として、公選法違反罪(選挙妨害)や名誉毀損(きそん)罪で東京地検に告訴状を提出しており、鳥越氏は選挙戦への影響について「多少はあったと思う」と分析した。
今後については「一都民として、報道の現場の人間として行方を見守り、チェックするところはしていきたい」と話した鳥越氏。司会者が「本当に鳥越さんお疲れさまでした。私たちのためにありがとうございました」とねぎらうと、会場には大きな拍手が巻き起こり、鳥越氏は各党の関係者らと握手をしながら、会場を後にした。
(産経新聞の記事から引用)


老人が思い出作りのために立候補したのか、と酷評したくなるような弁です
最後まで「自分の人気」に胡座をかき、自惚れていただけなのかもしれません
他候補と政策論争もできず、瑣末な揚げ足取りしかできなかった事実を受け止める気すらないのでしょう
かつて小沢一郎は、「神輿は軽くてパーがよい」と発言しています。鳥越俊太郎のような、「自分の人気」に溺れている言論人はなるほど、担ぎやすかったのだろうと思います
今回の都知事選挙の結果を受け、民進党では岡田代表への批判が高まっています。早々に9月の民進党代表選挙には出ない、と宣言した岡田代表ですが、都知事選挙の投票日前に態度表明をしたために、「敵前逃亡だ」とか、「無責任だ」と指摘する声が挙がっており、共産党との共闘路線へも不満が噴出しています
もちろん、こうした民進党内のゴタゴタも鳥越俊太郎にとっては他人事であり、自分の責任など微塵も感じていないのでしょう(民進党の東京都連は改革派官僚として知られた古賀茂明を擁立する構えだったが、岡田代表が野党統一候補として鳥越俊太郎を押し込んだ、という事情があります)
今回の都知事選挙の敗北を民進党内ではどのように総括し、次につなげるのでしょうか(結局、批判の応酬に明け暮れ、何も結論など導き出せないと予想します)
ちなみに鳥越俊太郎が公職選挙法違反などの容疑で告訴した週刊文春の編集長は、嫌疑不十分で不起訴となっています

(関連記事)
都知事選候補者は菊池桃子?石原良純?
小池都知事 韓国人学校問題に都有地貸与せず
都知事選 鳥越候補の淫行スキャンダル
都知事選 「病み上がり」発言に激怒する鳥越俊太郎
鳥越俊太郎が都知事選立候補 76歳に期待?
鳥越俊太郎のデタラメ家系図を報じたNHKの罪
「高市早苗総務大臣は経歴詐称」と鳥越俊太郎指摘
小沢一郎を擁護する鳥越俊太郎の暴走
小沢一郎を擁護する鳥越俊太郎の異様さ
都知事選 立候補を口走る石田純一に批判殺到
小池百合子元防衛大臣 都知事選へ名乗り
舛添前都知事 都に6万5千円返還
舛添知事辞意を固める 涙の釈明も無駄に
舛添都知事 議会で釈明も四面楚歌
舛添都知事 政治資金疑惑まだまだ噴出
舛添知事 政治資金流用疑惑で一部返金
舛添知事 政治資金で家族旅行疑惑
猪瀬都知事辞任で来年は都知事選挙
猪瀬都知事 徳洲会から借りた5000万円
東京都知事選 後出しジャンケン大会
都知事選 細川候補敗戦の弁
都知事選 支持されない細川候補の「脱原発」
細川元首相 佐川問題で釈明に苦慮
失言濫発の長谷川豊元アナ 維新から立候補へ
長谷川豊 落選後の愚痴がひどすぎる


"老い"はこうして迎え撃つ! (仮)
内外出版社
鳥越俊太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by