ベビーシッター殺人 懲役26年の判決

選挙報道に目を奪われ、埼玉県在住のベビーシッター業、物袋勇治被告に対する判決公判を取り上げる機会を逸していました
7月20日、ベビーシッターとして預かった子どもにわいせつ行為をしたり、鼻と口をふさいで窒息死させた疑いで起訴されていた物袋勇治被告に、横浜地方裁判所は懲役26年の実刑判決を言い渡しています


ベビーシッターとして預かった男児(当時2)を殺害したとする殺人などの罪に問われた物袋(もって)勇治被告(28)に対し、横浜地裁(片山隆夫裁判長)は20日、懲役26年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。
検察側の主張によると、2014年3月、物袋被告は埼玉県富士見市の自宅マンションで、男児の鼻と口をふさいで殺害したとされる。また、男児の弟にも食事を与えずに低体温症にしたとする保護責任者遺棄致傷罪や、男児を含む約10人に対し、下腹部を強くつかむなどしたという強制わいせつ罪など六つの罪に問われていた。
弁護側は男児を含む乳幼児約20人の写真を撮るなどした児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪については認める一方、他の五つの罪については起訴内容を否認。「風呂場で溺れた男児にベビーシッターとして適切な対処ができなかった」として、殺人罪ではなく業務上過失致死罪にあたり、「懲役7年が相当」などと主張していた。(古田寛也)
判決を受け、亡くなった男児の母親は代理人弁護士を通じてコメントを発表した。
被告の口からは何も真実を聞くことが出来ませんでしたが、今日、裁判長に読み上げていただいた判決の中で、長男が何をされたのか、どのように亡くなったのかということを聞くことができたと思っています。
でも、言い渡された刑については、思っていたよりも軽くてとても残念です。「懲役26年」と聞いて、正直、ショックでしたし悲しかったです。判決の中で触れていただいた「2歳の尊い命」の重さを本当に考えてくださったのかと思ってしまいますし、子どもに対する性的な犯罪は重い刑にしないとなくなっていかないのではとも思いますので、検察庁には控訴をしていただきたいと思っています。
(朝日新聞の記事から引用)


検察も裁判所も、過去の判例を踏まえ「量刑の相場」を勘案した上で求刑し、判決を言い渡すのであり、被害者遺族がいくら思い刑罰を望んだところで、判例に反するような刑にはなりません
過去にはもちろん、1人を殺害して死刑判決が確定したケースもあるのですが、それはやはり例外でしょう
もちろん幼い子供の鼻と口を塞いで窒息死させたり、わいせつ行為を繰り返すといった物袋被告の所業に温情をかける必要はなく、懲役26年でも生ぬるいと感じるのですが
現在28歳である物袋被告が満期で釈放されたなら54歳であり、まだまだ性犯罪を繰り返す可能性があります。裁判で物袋被告は児童ポルノ法違反容疑(20人あまりの幼児の性器を撮影した容疑)については認めたものの、己の「ド変態」な性癖からは目を背け、殺人容疑と真正面から向き遇う姿勢は皆無でした。ですからこの先長年の刑務所暮らしでも改善・更生など期待はできないのであり、むしろ溜まりに溜まった性欲を発散させるため出所後は無差別に子供を狙うかもしれません
そう考えると無期懲役が相当、の事件でしょう
判決後、物袋被告は控訴しています。が、控訴審で何を主張するつもりなのか疑問です。控訴審では必ずしも被告人が出廷する必要はなく、弁護人だけが法廷で弁論を行うのが通例です。物袋被告が自ら法廷に立ち、あらためて事件の真相を語る、などという展開は望めないのであり、ただの悪足掻きにしか見えません

(関連記事)
ベビーシッター殺人控訴審 一審の懲役26年を支持
ベビーシッター殺人控訴審 物袋被告の歪んだ性欲
ベビーシッター殺人控訴審 小児性愛ではないと主張
ベビーシッター殺人 無期懲役求刑
ベビーシッタ-殺人 ペニスに執着したペドフェリア
平塚の猥褻保育士 児童ポルノ法違反で懲役15年
平塚の猥褻保育士 乳児暴行死は否認
平塚猥褻保育士 乳児暴行死で懲役10年判決
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 公判前の争点整理で紛糾
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
神戸小1女児不明事件 容疑者逮捕
神戸小1女児不明事件 犯人の沈黙
神戸小1女児不明事件 わいせつ目的で起訴
神戸小1女児不明事件 死刑判決
障害者施設19人殺害 植松聖容疑者逮捕
障害者施設19人殺害 犯人の心の闇
障害者施設19人殺害 措置入院も2週間で退院した事情
千葉ベトナム女児殺害事件を考える 全裸で遺棄
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に前科あり
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に別の女児殺害の疑い
千葉ベトナム女児殺害を考える 未解決少女殺害事件
宮崎勤死刑囚の嘘と偽装 ネズミ人間は思いつきか
ネズミ人間


性犯罪者から子どもを守る―メーガン法の可能性 (中公新書)
中央公論新社
松井 茂記

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 性犯罪者から子どもを守る―メーガン法の可能性 (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル