歌舞伎中村橋之助に不倫騒動

またもや文春砲が炸裂し、歌舞伎界の中心の1人、中村橋之助の不倫が報じられました。相手は京都花柳界を代表する人気芸妓「市さよ」なのだとか
釈明の会見では中村箸ノ助は不倫云々よりも自身の襲名披露の方が大事、との発言を繰り返しており、まさに役者馬鹿と言える対応でした
いまさら歌舞伎役者に愛人の1人や2人がいても、目くじらを立てる必要などないと自分は思うのですが


今秋に成駒屋の大名跡「芝翫」(しかん)を襲名する歌舞伎俳優・中村橋之助(51)が15日発売の『週刊文春』で、京都芸妓の30代女性との不倫疑惑が報じられることを受け、14日、都内で会見を行った。駆けつけた約100人の報道陣を前に「私の不徳の致すところ」と脇の甘さを認め、謝罪した。
会見冒頭に「私のことで日頃、お支えくださっている 多大なる迷惑をかけてしまい深くお詫びを申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。なお一層、これから始まる襲名に気を引き締めて精進したい」と頭を下げた。
お相手が同誌で報じられた京都の人気芸妓であることも認め「私共、歌舞伎界と京都の方たちとはすごく深いつながりがある。お目にかかったのは20年以上前になると思います」と説明。その後、具体的な関係性について何度か追及されたが「とにかく私の不徳の致すところ」と、騒動に対して謝罪しつつも明言は避けた。
妻・三田寛子(50)からは「キツく、キツく叱られました。決して説教とかではなく、キツく、キツく、叱られました。時間を忘れるくらいに…」と苦笑いで明かし「僕の軽率な行動に怒りはあると思う」と申し訳無さそうに話した。
来月からは、長男・中村国生(「四代目中村橋之助」を襲名)ら父子4人で東京歌舞伎座を皮切りに、全国各地を巡る襲名披露興行を控えている。
「第一に考えなきゃいけないのは襲名興行。うちの夫婦にとって襲名は、大事というか責務。(妻が)許す、許さないよりも申し上げた通り、襲名が先。そちらをお互いに務めるということが第一だと」と、『芝翫』の名は変わらず襲名すると語った。
(オリコン配信記事から引用)


中村橋之助の妻は元タレントの三田寛子であり、これまでは仲睦まじい夫婦との扱いでした。が、20年以上も「市さよ」との関係を続けてきたとなれば、妻として心穏やかでいられるはずもなく、長年に渡って裏切られてきた、との思いがあるのかもしれません
しかし、先述したように歌舞伎役者たちには女遊びは芸の肥やし、との感覚が染みついていますので、何をどう言おうが本質は変わらないのでしょう
そして不倫騒動より襲名披露、襲名興行の方が大事、と口走るのも歌舞伎役者ならでは、と感じます
つまりはそれだけ世間一般とは隔絶した世界に歌舞伎役者は存在しているのであり、世の良識で測るのは間違いなのだと解釈するしかないのでしょう
従って三田寛子の立場は、「夫に愛人がいようと気にせず、どんと構えて揺るがない梨園の妻」を演じるしかないのであり、離婚などもってのほかと歌舞伎関係者は思っているはずです
先代中村芝翫は人間国宝(重要無形文化財保持者)ですから、その名を襲名する重みを中村橋之助は重々承知しているはずであり、だからこそ不倫騒動より襲名披露の方が大事と口にしたと推察します。そうして名を受け継ぎ、芸を受け継いだ体裁を演じて見せるのが歌舞伎役者としての体面であり、すべてなのかもしれません(家庭内のドロドロとした確執など、外に漏らしてはならないという意味です)

(関連記事)
歌舞伎中村玉三郎 人間国宝に
市川團十郎の密葬で暴走する芸能レポーター
市川海老蔵降板 代役は坂東玉三郎
市川海老蔵 人間国宝に執着する理由
市川染五郎「伊達の十役」倍返し発言
市川海老蔵の映画「一命」 大コケ
市川海老蔵 休演損害は膨らむばかり
市川海老蔵 殴られて大怪我
市川海老蔵事件から小林麻央バッシングへ
落語家の笑えない話 三遊亭楽太郎が円楽襲名
桂歌丸が人間国宝になれなかった理由


歌舞伎入門 役者がわかる! 演目がわかる!
世界文化社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 歌舞伎入門 役者がわかる! 演目がわかる! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル