次の首相は野田聖子、と持ち上げる提灯記事

小池東京都知事誕生の流れを受け、次は日本初の首相誕生をと考えたのかどうかは分かりませんが、現在無役となっている自民党野田聖子議員をやたら持ち上げる報道が目についたので紹介します
記事を書いているのは女性ジャーナリストなので、女性首相の実現に期待を寄せるのは理解できます。しかし、前回自民党総裁選挙立候補断念騒動のときにも感じたのですが、野田聖子は自民党総裁=首相になりたいだけであって、どのような政策を実現したいのか、まったく見えてきません。もちろん、この東洋経済掲載記事でも、野田聖子の政策には触れず仕舞です


野田聖子氏盛大パーティーで見えた次の政局
民進党代表選が告示された9月2日金曜日の夜、帝国ホテルで野田聖子元自民党総務会長のパーティーが盛大に開かれた。このパーティーには自民党の大物が多数集まり、その様子からは野田氏の人脈の広さ、そして「ポスト安倍」に向けた強い意思が感じられた。
9月3日生まれの野田氏は、毎年誕生日の近くになるとパーティーを開催。会場は政界に入る前に野田氏が勤務していた帝国ホテルと決まっている。
昨年のパーティーが開かれたのはちょうど自民党総裁選告示日(9月8日)の1週間前で、出馬を決意していた野田氏は推薦人集めに奔走していた。野田氏はこの時、「私の心は『義を見て為さざるは勇なきなり』に尽きる」と神妙に語っている。
だが野田氏は20名の推薦人を集めることができず、結局は総裁選出馬を断念せざるをえなかった。
また2年前には9月3日の誕生日にパーティーを開いたが、第2次安倍改造内閣が発足したのがまさにその日。野田氏が総務会長を解任されて無役になった日である。この時の野田氏はさすがに寂しげで、高市早苗氏や稲田朋美氏といった安倍晋三首相のお気に入りの女性政治家が党の要職から閣僚へ、あるいは閣僚から党の要職へと重用されていたのと対照的な姿だった。
(中略)
さてこの日の野田氏のいでたちにも、その決意が伺えた。着用したスーツは鮮やかなロイヤルブルーで、野田氏が郵政大臣に就任した時に着用したスーツと同じ色。原点回帰という意味かもしれない。
そういえばリオ・オリンピックが開催された今年も、野田氏にとって原点復帰を示唆する年といえるだろう。野田氏はローマ・オリンピックが開催された1960年に生まれ。「聖子」という名前はオリンピックにちなんで付けられたものだ。その次の大会は1964年の東京オリンピックで、今年のリオ・オリンピックの次の開催地も東京だ。
野田氏にとって過去2年が冬の時代だとするならば、これから新しい命が芽吹く春がやってくるのか。パーティーでは二階俊博幹事長が「女性が輝く社会というが、自民党がそうでなければならない。その最短にいるのが野田さんだ」と野田氏を最大に称賛したが、その言葉はあながち単なるお世辞ではないかもしれない。
省略した部分を含め、ウェッブ上で3ページにも及ぶ長文の記事ですがパーティの紹介だけにとどまっており、いったいどこに「次の政局」が見えたのか不明です
もし政権獲得を目指すのなら、このパーティの席上で「野田聖子の政策」をアピールする著書でも紹介し、政権担当能力があると宣伝すべきでしょう
女性が首相になるのは大いに結構だと自分は思いますが、政策の話もできない政治家が首相になるのは絶対反対です
野田聖子で思いつくのは、小泉純一郎の郵政民営化に反対し自民党を離党したことくらいであり、何を目指して首相になろうというのか、さっぱり伝わってきません
無役となった今こそ政策ブレーンを結集し、田中角栄の「日本列島改造論」にも匹敵するような「野田聖子の政策」をまとめて、来るべき政策論争に備える時期でしょうに、いったい何をしているのやら
唐突に田中角栄ブームが出現したので、つい比べてしまいます
もちろん、過去には独自政策などもなしに自民党総裁=首相になった森喜朗のような例もありますが…
ちなみに田中角栄は国会議員初当選からの10年間に25本もの議員立法を提出し、成立させています。野田聖子は自身で議員立法の1つでも創案した経験があるのか、と思ってしまいます
小学校しか出ていないと揶揄された田中角栄ですが、実は建築・土木、商業事務など幾つもの専門学校に通い、貪欲なまでに知識を吸収し、中央省庁の官僚たちと政策論争を交わせるまでに己を高めた、という事実があります
では、野田聖子に何があるのでしょうか?
ひ弱なお坊ちゃんと思われていた安倍晋三も、国際舞台で物おじしない度胸だけは備わっていました

(関連記事)
野田聖子迷走 総裁選立候補ならず?
野田総務大臣 仮想通貨取引で金融庁に圧力
「南沙諸島問題は日本に無関係」と発言する野田聖子
自民総裁選狙う野田聖子 何がしたいのか不明
「安倍総理は憲法学者の名前を知らない」と」批判されるが
小渕経産相と松島法相辞任を考える
世襲政治批判する評論家も居酒屋談義レベル
世襲制を批判していた人が
被災地視察でおんぶ 務台政務官に批判殺到
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件
国会サボってデート 上西小百合衆院議員
不倫しまくり宮崎謙介議員 あっさりと辞職
民主党外務政務官 海外出張でエステに買い物三昧
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
民進党蓮舫 国籍問題で国会議員失職危機
「田中角栄ブーム」と呼ばれるもの
塚田国交省副大臣「忖度」発言で辞職
桜田義孝五輪大臣辞任 失言で引責


だれが未来を奪うのか―少子化と闘う
講談社
野田 聖子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by だれが未来を奪うのか―少子化と闘う の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル