ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち

慶応大学の広告学研究会による強姦事件の続報です
主犯格とされる学生は強姦の場面を撮影した動画を自ら警察に提供した、と報じられており、その所業にますます胡散臭さがまとわりついて見えます
こうした動画は仲間内だけで交換されていたのでしょうし、警察側には隠しておきたいはずなのですが、むしろ積極的に提出し「(性行為は)合意の上だった」証しにしようと企んでいるのだとか


慶応大学の広告学研究会(以下、広研)の男子メンバーによる“集団強姦事件”で、鬼畜すぎる新事実がまた明らかになった。加害者グループは「性行為は合意の上だった」とアピールするため、あろうことか被害者の女子学生Aさん(18=当時)とのセックス動画を捜査当局に証拠提出。さらに複数の慶大OBにまで動画を拡散し、潔白を訴えているという。実際に動画を見た慶大広研OBが本紙に語った。逮捕秒読みと言われながら、なかなか動く気配のない今回の事件。捜査当局の間で物議を醸しているのが、加害者グループが撮影した被害女性Aさんの陵辱動画
だ。
Aさんは先月2日、広研メンバーに誘われ、神奈川県葉山町にある通称「合宿所」に招かれた。表向きの理由は夏に営業していた海の家の後片付け。しかし実際はメンバーがAさんをレイプするための集まりだった。
同日夜に合宿所2階で始まった飲み会では、男性5人が未成年のAさんにテキーラの一気飲みを強要。Aさんが酩酊状態になったところで、新入生2人が強引に服を脱がせ、性行為に及んだ。その模様は上級生がスマートフォンで撮影し、他のメンバーに生中継。うつろな表情のAさんに男性が放尿したことも明らかになっている。
まさに鬼畜の所業。しかも加害者グループは姑息で卑劣すぎる印象操作をしているというから開いた口がふさがらない。
合宿所にいた男は計6人。うち1人は早々に1階で眠ってしまったため、犯行現場にいたのは5人だった。…
主犯格はX。20日発売の「週刊文春」によると、Xは合宿所に残った証拠物を処分したり、Aさんに口止めメールを送るなどしていたという。
当局の調べにXは「新入生がヤッただけで自分は見ていた。性行為は合意の上だった」と主張。そのうえで、加害者グループは問題のセックス動画を当局に提出したという。被害者ならまだしも、加害者サイドが率先して証拠提供するとは異様だ。
しかも、加害者グループは卒業した広研OBにも同様の動画を流していたという。
そこにはある目的があった。
「今回の事件で伝統ある『ミス慶応コンテスト』が中止となった。莫大な損失で、これには現役生だけでなく、広研OBも激怒。焦った加害者グループは『この動画を見てください。全然レイプではないでしょ』とアピールしたかったのだろう。警察の捜査に対しても『動画を見てもらえれば、合意なのがわかる』と豪語しているそうだ」(事情を知る関係者)
カギを握るのは動画の中身。ここで詳細は明かせないが、実際に映像を見た広研のOBによると「アダルトビデオを見ているようだった」。Xらがそれを「合意」があったという証拠にしたいとしても、Aさんは酩酊しており、仮に無抵抗に見えても「合意」とは断定できない。しかも拡散行為はリベンジポルノ防止法に抵触する可能性もある。
広研はセックス目的の“ヤリサー”との評判でも有名だったが、一方で上下関係やOBとのつながりを大事にしてきたという。…
慶大関係者は「広研OBには卒業後、テレビ局や大手代理店に就職する人も多い。現役生は彼らOBを“接待”し、自分たちが就職するときに口をきいてもらう。広研が就職に強いのも、そうしたつながりが脈々と受け継がれてきたから。今回の事件はそれを台なしにした。Xたちが焦っているのはその部分で、被害者に対する謝罪の気持ちはないのです」と語る。
事件を受け、広研のOB会組織にも大学側から“解散命令”が出されたという。
(東京スポーツの記事から引用)


広告学研究会のOBには、テレビ局に勤務する者の少なくないと別の報道では触れています。そうしたOBに働きかけをし、「事件性はない」と報道を抑制してもらう狙いもあるのでしょう
大学のサークルが性犯罪の温床になる現実とは裏腹に、大学側の対応は何とも緩慢で稚拙なのは不可解です
大学側にすれば、学生が学外で何をしているのか監督できない、把握できないとの言い分もあるとは思いますが、見て見ぬふりをしているのではないかとの疑念は残ります
昨年6月頃でしたか、新宿コマ劇場前で女子学生が10人くらいばたばたと倒れ、救急車で運ばれる事件がありました。関係していたのは明治大学と日本女子大学のメンバーからなるテニスサークルで、飲み会の際に女子大生の酒にハルシオンを混入させた疑いがインターネットで指摘されていました。もちろん、女子大生を前後不覚の状態にした上で強姦する目的だったのでしょう
テニスサークル側は、「過度の練習がたたって意識を失った」などと釈明していたようですが
大学のサークルを舞台にこのような事態が日常茶飯事になっているとすれば、大学側はもっと危機感を抱く必要があります

(関連記事)
イケメン慶大生を強姦で逮捕 ミスター慶応候補
イケメン慶大生の強姦事件 家族の素性も暴露
また慶大生 居酒屋トイレで強姦し逮捕
また慶大生 強制わいせつで逮捕
慶応大広告研レイプ事件で6人を書類送検
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 広告学研究会の集団強姦は以前から
ミス慶応中止強姦事件 広告学研究会の非道な所業
ミス慶応コンテスト中止 集団強姦事件の続報
ミス慶応コンテスト中止の事情 集団強姦事件があった
ミス慶応コンテスト中止 未成年飲酒問題で運営サークル解散処分
ミス慶応コンテスト中止の波乱
慶応大生 線路に女性を突き落とし逮捕
彼女をホームから突き落とした元慶大生 初公判
線路突き落としの元慶応大生に執行猶予付き判決
今度は千葉大医学部生が集団強姦 3人逮捕
千葉大医学部集団強姦事件を考える 容疑者を伏せる目的
千葉大医学部集団強姦事件を考える 逮捕者は名門家系の息子
千葉大医学部集団強姦事件を考える 容疑者の氏名発表
千葉大学医学部集団強姦事件を考える 研修医藤坂悠司起訴
千葉大医学部集団強姦事件を考える 初公判で「合意」主張
千葉大医学部集団強姦事件を考える 山田被告に懲役3年実刑
日本人初の「ミス・インターナショナル」誕生
セクハラ行為で批判を浴びた韓国のミスコンテスト
美少女コンテストを巡る米仏の論議
フランス議会「美少女コンテスト禁止法案」可決へ
ミスコン準グランプリ女子高生 飲酒がバレてブログ炎上
京都教大集団強姦事件を考える
京都教育大集団強姦事件を考える 2
小樽商科大コンパ 未成年者飲酒で意識不明
小樽商大飲酒事故 いまさら構内での飲酒禁止
東大生 コンパで飲酒し死亡
東大生コンパで死亡事故 サークル仲間は「責任ない」と主張
泥酔させた女子大生に淫行 逮捕された東大生5人の氏名
東大集団淫行事件 3人を退学処分に
「ゲスの極み乙女」謹慎へ 川谷絵音が未成年者と飲酒
中1を強姦 薬科大生小椿淳介逮捕
悪質日大サークル 学生2人を強盗容疑で逮捕
箱根駅伝駒大アンカー 少女淫行で逮捕