瀬戸内寂聴「人を殺したがるばかども」 死刑廃止宣言へのメッセージ

日本弁護士連合会が死刑廃止宣言を発表するために開催したシンポジウムの場で、瀬戸内寂聴のビデオメッセージを公開したのですが、その中に「人を殺したがるばかどもと戦ってください」との発言があり物議をかもしています
このシンポジウムでは死刑廃止宣言採択の投票が行われたものの、最初から採択有りきの行事であるのは明らかです


日本弁護士連合会(日弁連)が6日、福井市内で開催した死刑制度に関するシンポジウムに、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(94)がビデオメッセージを寄せ、死刑制度を批判したうえで「殺したがるばかどもと戦ってください」と発言した。会場には全国犯罪被害者の会(あすの会)のメンバーや支援する弁護士らもおり、「被害者の気持ちを踏みにじる言葉だ」と反発した。
日弁連は7日に同市内で開く人権擁護大会で「平成32年までに死刑制度の廃止を目指す」とする宣言案を提出する。この日のシンポジウムでは、国内外の研究者らが死刑の存廃をめぐる国際的潮流について報告。瀬戸内さんのビデオメッセージはプログラムの冒頭と終盤の2回にわたって流された。
この中で瀬戸内さんは「人間が人間の罪を決めることは難しい。日本が(死刑制度を)まだ続けていることは恥ずかしい」と指摘。「人間が人間を殺すことは一番野蛮なこと。みなさん頑張って『殺さない』ってことを大きな声で唱えてください。そして、殺したがるばかどもと戦ってください」と述べた。
瀬戸内さんの発言について、あすの会顧問の岡村勲弁護士は「被害者はみんな加害者に命をもって償ってもらいたいと思っている。そのどこが悪いのか。ばか呼ばわりされるいわれはない」と話した。
(産経新聞の記事から引用)


犯罪被害者遺族から強い反発が出るのは当然でしょう。しかも、シンポジウム運営側は「人を殺したがるばかども」との発言が含まれているのを承知の上でビデオメッセージを流しており、確信犯的な行動です
関係者は以下のような、トンチンカンな釈明をしています


大会では、死刑制度に関する前日のシンポジウムの担当者だった加毛修弁護士が、瀬戸内さんのメッセージについて説明。発言の意図について「死刑制度を含む国家の殺人のことであり、犯罪被害者へ向けられたものではないと考えている」と釈明したうえで、「『ばかども』という表現は確かに強いと感じたが、瀬戸内さんの思い切りよい持ち味でもあり、そのまま使うことになった」と話した。


瀬戸内寂聴の主張する「人を殺したがるばかども」は、犯罪者への報復として死刑制度を支持する犯罪被害者遺族をも含むものでしょう。瀬戸内寂聴ならそう答えるはずです
それを勝手に歪曲する加毛修弁護士は、どこに目をつけているのかと言いたくなります
シンポジウムの中身は報道されている部分しか把握できないのですが、死刑制度廃止が進む世界の趨勢を示した上で日本だけが取り残されていると断じ、死刑廃止宣言採択に賛同するよう仕向ける内容だったと断じて間違いないのでしょう
「死刑制度について広く国民的な議論を進めるべき」と主張する人たちもいたりするのですが、その意図は死刑廃止ありき、です
国民の9割近くが死刑制度存続を支持しているのですから、いくら廃止論を叫んだ
ところで大勢は変わりません。そこで議論をするようなふりをし、公開シンポジウムと称するものを開いて、死刑廃止論だけを取り上げ、死刑制度支持者を「人を殺したがるばかども」と断じ、一方的に死刑廃止宣言を採択するという手口をとったわけです
日本弁護士連合会の総意がそれならば構いませんが、宣言採択にあたって棄権や反対意見が無視できないほど出た事実を、どう受け止めるのでしょうか?
もちろん、死刑廃止論者である弁護士たちは自分たちの行動を正しいと断じ、いささかも恥じるところはないのでしょう
しかしこれは多数意見(国民の意志)を少数意見で圧殺するテロ行為であり、暴力そのものです

(関連記事)
瀬戸内寂聴「殺したがるばかども」発言を擁護するLITERA
日弁連の「死刑廃止宣言」を称賛する新聞社
日本に死刑廃止を要求するEU
「死刑囚の素顔」と題する本の功罪 ドキュメンタリーの嘘
作家森達也が光市母子殺害事件判決にイチャモン
光市母子殺害事件を考える 最低の弁護団
死刑囚に感情移入する愚かさ
死刑囚の妻になりたがる女性
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
勝間和代 死刑廃止を叫ぶ
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3
岡山派遣OL殺害事件 死刑判決
死刑執行 岡山OL殺害の住田紘一
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
死刑執行 霊能者を自称した江藤幸子死刑囚
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
結婚詐欺師木嶋佳苗の死刑判決を考える
木曽川長良川連続リンチ殺人の少年被告3人に死刑判決
九頭竜湖殺人事件の林被告 2人殺害でも無期懲役
強盗殺人事件の田尻賢一死刑囚 死刑執行
愛犬家殺人の関根死刑囚 拘置所で病死
死刑執行 4人殺害で再審請求中の西川正勝
前橋連続強盗殺人土屋和也被告 控訴審も死刑判決


ゆれる死刑――アメリカと日本
岩波書店
小倉 孝保

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゆれる死刑――アメリカと日本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル