歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決

昨年6月、飲酒運転の車でスピードを競い合いながらワゴン車に衝突し、一家5人を殺傷する事故があり、谷越隆司(28)と古味(こみ)竜一(28)が逮捕されました。2人は飲酒運転の常習であり、当日も酒を飲んだ上でそれぞれが車を走らせていたものです
危険運転致死傷罪で起訴された2人に対する判決が言い渡されています


北海道砂川市で昨年6月、一家5人が死傷した交通事故を巡り、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた谷越隆司(28)、古味(こみ)竜一(28)両被告の裁判員裁判で、札幌地裁(田尻克已裁判長)は10日、求刑通り両被告にいずれも懲役23年の判決を言い渡した。
事故は昨年6月6日午後10時35分ごろ、直線が続く砂川市の国道12号で発生した。起訴状によると、両被告は互いが運転する車の速度を競い、赤信号をあえて無視して100キロ超の速度で交差点に進入。酒気帯び状態の谷越被告運転の車が歌志内市の会社員、永桶(ながおけ)弘一さん(当時44歳)ら一家5人の軽ワゴン車に衝突し、車外に投げ出された長男昇太さん(同16歳)が古味被告の車に約1.5キロ引きずられるなど、4人を死亡させ1人に重傷を負わせたとしている。古味被告はそのまま走り去った。
検察側は、赤信号は現場の約770メートル手前から認識可能だった▽防犯カメラの映像から、両被告は事故前の約2キロにわたり速度を競いながら走行し、張り合って運転している趣旨の発言を同乗者が聞いている▽以前にも速度を競って走行することがあった--などとして、危険運転の共謀が成立すると主張。古味被告のひき逃げについては「引きずった衝撃や違和感があったはずだ」と指摘した。
一方、谷越被告の弁護側は「運転中に競い合う気持ちはなかった。落としたサングラスを探して赤信号を見落とした過失による事故だ」と反論。古味被告の弁護側は「赤信号を無視するようなレースは過去にも今回もしていない。昇太さんが車外に投げ出されることは想定できず、引きずった認識もない」と無罪を主張していた。
(毎日新聞の記事から引用)


一家4人の命を奪い、1人に重傷を負わせたにも関わらず、反省など微塵もなく量刑に不満たらたらの様子が伝わってきます
車を凶器として使い4人を殺害したのですから、死刑でも妥当なくらいの悪質な犯罪だとの自覚はないのでしょう
「飲酒運転で事故ったくらいで、懲役23年は重すぎる」とでも言いたいのではないか、と勘ぐりたくなります
上記の記事にある「スピード競争をしてなどいなかった」とか、「サングラスを探して信号を見落とした」などなどの主張はまったく信用できず、醜悪な弁解に聞こえるだけです
2人の被告は常習的に飲酒運転を繰り返していたのであり、赤信号を無視して制限速度を超えるスピードで暴走するのが日常だった、と判断して間違いないのでしょう
求刑を割引かず(斟酌すべき情状が皆無だった)、そのまま23年の懲役を課した札幌地裁の判断は妥当と考えます
まあ、2人とも判決を重く受け止めたりはせず、不服として控訴し悪あがきを続けるとは思いますが

(関連記事)
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
東名あおり運転裁判 懲役18年判決
東名あおり運転裁判 高裁は差し戻し判決
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
死亡ひき逃げ事故 小学校教頭に実刑判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 小学校教頭が電話番号を漏らす
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
クレーン車事故で児童6人死亡 運転手は「てんかん」の持病
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
名古屋駅前暴走事件を考える3 懲役12年の先は
高齢者の交通事故相次ぐ
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
つがる4人死亡事故 懲役20年判決
飲酒、146キロ暴走でも「危険運転ではない」と判決



必携 自動車事故・危険運転重要判例要旨集
立花書房
自動車事故判例研究会 編著

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 必携 自動車事故・危険運転重要判例要旨集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル