強盗殺人事件の田尻賢一死刑囚 死刑執行

第二次安倍内閣で新たに法務大臣となった金田勝年法務大臣が、初めて死刑の執行に踏み切ったと報じられています
執行されたのは熊本県内で2件の強盗殺人事件を起こした田尻賢一死刑囚であり、未執行の確定死刑囚は128人となっています


裁判員裁判で死刑が確定し、執行されたのは2人目。未執行の確定死刑囚は、刑の執行が停止された袴田巌さん(80)を除き128人となった。
金田法相は就任後のインタビューで、死刑執行について、「法治国家では確定した裁判の執行が厳正に行われなければならないのは言うまでもない」と強調し、死刑制度を維持する意思を表明していた。
田尻死刑囚は16年3月、借金の返済目当てに面識もない熊本県宇土市の医師宅に侵入し、医師の妻=当時(49)=の頭や顔をスパナで殴打するなどして殺害。現金約18万円を奪って逃走した。
23年2月には、熊本市の男性会社役員宅で、「車を家の壁にぶつけた」などと話して玄関のドアを開けさせ、応対に出た妻=当時(65)=の顔や首などをナイフで刺して殺害し、現金10万円などを強奪。その後に帰宅した男性の胸などを刺して重傷を負わせて逃走した。
1審熊本地裁では裁判員裁判として審理され、警察署に自ら出頭した田尻死刑囚の行為が自首に当たるかが争点となったが、「罪の意識からではなく、逃げ切れないと考えた出頭で、過大に評価できない」と自首の成立は認められず、死刑が言い渡された。
2審福岡高裁も1審判決を支持して死刑を言い渡し、弁護側が上告したが、田尻死刑囚本人が24年9月、上告を取り下げて死刑が確定していた。
(産経新聞の記事から引用)


田尻死刑囚は風俗通いやギャンブルで多額の借金を背負い、返済のために強盗殺人を重ねた人物です。殺害してから家の中を物色し、現金や商品券など盗むという実に場当たり的な手口でした
日本人は箪笥預金が好きだとはいえ、誰もが数百万円の現金を自宅に蓄えているわけでもなく、犯罪の手口としては実に荒っぽく杜撰です
同時に人の命を奪うのを躊躇うこともなく、省みないわけですから情状を酌むどころではありません
死刑判決は妥当なものであり、執行もまた当然でしょう(死刑反対派は批判するわけですが)
もちろん死刑反対派は市民団体だけではなく、国会議員の中にも死刑は廃止すべきと主張する人がいます。ならば議員立法として国会に死刑廃止法案でも提出し、本格的な議論を始めてはどうか、と思うのですが

(関連記事)
死刑執行 犯行時19歳だった関光彦
小田島死刑囚 食道がんで病死
愛犬家殺人の関根死刑囚 拘置所で病死
裁判員裁判で死刑執行を批判する朝日新聞 津田死刑囚
死刑執行 アパート大家殺人の津田死刑囚ら2人
大阪パチンコ店放火殺人 高見被告の死刑判決確定
前橋スナック殺人死刑囚が別件の殺人も告白
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
「闇サイト殺人事件」神田司の死刑執行
加古川7人殺し事件 藤城被告死刑確定
麻薬犯8人の死刑執行 インドネシア
死刑執行 坂出市3人殺しの川崎死刑囚
死刑執行 横浜中華街射殺事件の熊谷死刑囚
山梨・新潟連続殺人の藤島光雄 死刑執行
死刑執行 霊能者を自称した江藤幸子死刑囚
岡山派遣OL殺害事件 死刑判決
死刑執行 岡山OL殺害の住田紘一
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
土浦8人殺傷事件犯金川真大 死刑執行
日本に死刑廃止を要求するEU
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
勝間和代 死刑廃止を叫ぶ
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑囚に感情移入する愚かさ


死刑のための殺人: 土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録 (新潮文庫)
新潮社
2016-10-28
読売新聞水戸支局取材班

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死刑のための殺人: 土浦連続通り魔事件・死刑囚の記録 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル