神宮外苑「ジャングルジム火災」 日本工業大が謝罪するも

東京の明治神宮外苑のイベントで、展示された木製のジャングルジムが燃え上がり、遊んでいた5歳の男児が焼死する痛ましい事故がありました
ジャングルジムの中に設置されていた投光器が木くずを加熱し、発火させたものと推測されています
大学側は責任を認め、すぐに謝罪の会見を開いています
しかし、現場にいた学生たちがどの程度、危険を認識していたのかは定かでなく、謝罪したにしても釈然としないものが残ります


東京・明治神宮外苑であったイベントでジャングルジム形の展示作品が燃え、男児(5)が死亡、2人がけがをした火災で、出火当時、もともと作品の一部としてついていたLED電球とは別に、作品内部で投光器を点灯していたことがわかった。
作品を作った学生が在学する日本工業大学(埼玉県宮代町)が7日、記者会見で明らかにした。
会見冒頭、成田健一学長が「亡くなった佐伯健仁(けんと)君に哀悼の意を表し、2人のけがをされた方についても深くおわび申し上げます。大変申し訳ございませんでした」と謝罪した。
学長の説明によると、作品の一部として設置された照明は、中央部につるしたLED電球だけだったが、出火当時、これと別に「白熱球系の電球」を使った投光器を点灯していた。コンセントが作品内部にあり、電源コードも短かったため、投光器は作品内部に置かれる形になったという。
作品内部にアートとしてあしらわれた木くずからは離れた位置に置くようにしていて、火災当時は付近に4人の学生がいた、と出展に関わった学生は説明しているという。
投光器は大学備品で、もともと準備段階で夜間の設置作業のために持ち込んでいたという。点灯の経緯について、学長は、学生から明確な説明はないとした上で「学生なりに作品をよりよく見せるためにしたものと思っている」と述べた。
出展したグループについて、大学は当初、「新建築デザイン研究会」と説明していたが、7日の会見で建築学科と生活環境デザイン学科の学生の有志による40人弱のグループだったと修正。制作段階では複数の教員が指導にあたったが、火災当日は立ち会っていなかったという。出展は両学科の名前で届け出ており、大学として出展を許可し、補助金を出していたという。
成田学長は「大学の責任のもとに出展をしたのは間違いがなく、責任はすべて大学にあると考えている。今後の事実確認を踏まえながら大学として対応していく」と述べた。
(朝日新聞の記事から引用)


現場には4人の学生がいて、夕闇が迫る時刻にライトアップのつもりで投光器を点灯したのでしょう。しかし、投光器の電球が加熱し、周囲のおがくずを発火させる危険には思い及ばなかったと考えられます。このように「危険」を考慮できないところが大いに問題です。もちろん発火など想定していないので、消火器も備えてはいません
「アート作品」なのだから安全性など考慮していなかった、で済まされる話ではないのですが、学生たちには何の自覚もなかったのでしょう。子供が触り、中に入っても危険がないものかどうか、という確認すらしていなかった可能性があります
さて、この事故に関し日本工業大学の学生がツイッターで、「火事のことでなんもわからんやつがなんかほざいてるぜ じゃあお前は現場にいて注意できたのかって話だ どうせ騒ぐ奴は後出しじゃんけんよ 所詮ネット民か」 とか、「さすがに白熱電球はえ?って思うが誰も火事になるなんて思わんかっただろうに 同じ大学生なんだから助け合っていこうぜ~」と書き込み、炎上する騒ぎになっています
この大学生はツイッターに自分のプロフィールなども書き込んでいたため、すぐに身元がバレてしまっています
これもまた、危険な事態を察知する能力を欠いた学生の発言であり、炎上するのが予見できないのが信じられません
日本工業大学は今回の事故を教訓として、安全への配慮を学生に教えてやってほしいものです
新入生歓迎コンパでアルコール急性中毒により死亡する事例も毎年、全国の大学で起きているのですが、大学がそれを教訓にしているようには感じられません

(関連記事)
小樽商科大コンパ 未成年者飲酒で意識不明
小樽商大飲酒事故 いまさら構内での飲酒禁止
東大生 コンパで飲酒し死亡
東大生コンパで死亡事故 サークル仲間は「責任ない」と主張
慶応大生 線路に女性を突き落とし逮捕
「飲酒運転なう!」と書き込んだ東大生 炎上騒動
青学女子大生 実名写真付きで不倫自慢
「レイプは女が悪い」発言で炎上した立教大生3 内定取消
田中美保・稲本デートを暴露した女子大生 損害賠償請求もあり
ウェスティンホテル騒動その後 暴露した女子大生反省の弁
合宿中の大学生2人が湖に飛び込んで死亡


ソーシャルメディア炎上事件簿
日経BP社
小林 直樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソーシャルメディア炎上事件簿 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル