朴大統領を窮地に追い込んだ崔順実 80億円横領疑惑

朴大統領を弾劾裁判にかけるという、絶体絶命の窮地に追い込んだ崔順実被告の初公判があり、国政に介入したとされる容疑を全面否認しています
朴大統領も弾劾裁判で崔順実が国政に介入した事実はない、と否認していますので、両者ともとことん争う気なのでしょう
朴大統領の場合、汚名を着せられたまま大統領の座から引きずり降ろされるのが我慢できないものと思われます
他方で崔順実被告の場合、国政への介入が立証されようとされまいと、2つのスポーツ振興財団の基金を横領した疑惑の方で有罪になる可能性があります


2016年12月16日、韓国・マネートゥデイによると、一般人が国政に関与した容疑で韓国検察に逮捕され捜査を受けている崔順実(チェ・スンシル)容疑者が、「2020年の東京五輪に備え、乗馬場を設ける」とし、資金を集めていたことが明らかになった。
ドイツ・ヘッセン州フランクフルト検察は16日、マネートゥデイのインタビューで「崔順実容疑者と娘の鄭維羅(チョン・ユラ)氏、関係者のチャン氏など韓国人3人が2020年の東京五輪に備え乗馬場の建設を推進するとして寄付活動を行ったものとみられる」と明らかにし、現在、崔容疑者と鄭氏、その他関係者の捜査を進めている。また、フランクフルト検察は、今年5月にも崔容疑者のドイツ拠点だったシュミッテン地域の韓国系銀行が、マネーロンダリングの疑いで崔容疑者がドイツに設立した現地法人・ビデクスポーツを告発したことを受け、捜査に乗り出している。フランクフルト検察が把握している崔容疑者の1日当たりの資金洗浄の規模は約300万ユーロ(約3億7000万円)になる。
この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。
「崔順実は本当に国の恥さらしだ。ドイツで告発され韓国にぬけぬけと逃げ戻って来たのか」
「捜査はドイツ検察に任せた方がよいと思う。韓国検察は信用ならない」
「ドイツ検察は着実に操作を進めているのに、韓国検察は何をしているんだ」
「崔順実をドイツに送って、あっちで裁いてもらおう」
「ドイツの刑法が厳しい(マネーロンダリングは終身刑となる)から韓国で捕まった方がましだと考えたんだろう」
(レコードチャイナの記事から引用)


朴大統領府の後押しで設立した「ミル財団」、「Kスポーツ財団」に財閥企業から多額の寄付をさせ、およそ80億円を集めたと言われます
その金はドイツにおける崔順実と娘の鄭維羅(チョン・ユラ)の住居や、乗馬のトレーニング費用、馬の購入に充てられており、財布同然に使われていたものと思われます
大統領の権力を背景に私腹を肥やしていたのであり、国民の怒りの矛先がこの親子に向けられるのは当然でしょう
現在もドイツに留まっている鄭維羅に対し、韓国政府はパスポートを失効させる手続きを取ったそうなので、近く強制送還されるとみられます
かつて産経新聞が朴大統領を李王朝末期の王妃、閔妃に例える記事を書いた際、韓国政府も韓国メディアも激怒したわけですが、朴大統領の行状は閔妃よりひどいのかもしれません
大統領府が公費でバイアグラを購入していたと暴露され、さすがの韓国民も呆れ果てています

(関連記事)
韓国朴元大統領に懲役24年の判決
新聞各社 韓国に大使を帰任させるべきだキャンペーン
朴槿恵大統領弾劾決定 失職
韓国朴大統領危機 情報漏えいで辞任か?
韓国パク大統領支持率下落 学級崩壊状態
韓国 クネノミクスはどうなったのか?
韓国が日本に勝った「UAE原発プロジェクト」の裏事情
韓国メディア「韓日関係悪化は日本のせい」としか書けない論
日米韓首脳会談実施
ウォン高に揺れる韓国 日本への恨み節
「日本の鎖国主義を罰せよ」と書く韓国メディア
新大久保韓流タウンの衰退を嘆く韓国メディア
韓国メディアの安倍首相叩きとその屁理屈
韓国新大統領「被害者と加害者」を強調 反日路線継承
韓国政府 産経の「朴大統領の事大主義」記事に抗議
保坂教授 産経記事「朴大統領 事大主義」に反論
産経記事「朴大統領=閔妃、事大主義者」に激怒の韓国メディア
韓国メディア「日本の韓流禁止はコンプレックスの証拠」
「安倍政権」誕生を畏怖する韓国メディア
韓国メディア「K-POPで日本を超える経済大国に」
一転 安倍・トランプ会談を称賛する韓国メディア


韓国現代史―大統領たちの栄光と蹉跌 (中公新書)
中央公論新社
木村 幹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 韓国現代史―大統領たちの栄光と蹉跌 (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル