小金井アイドル刺傷事件を考える 被害者の落ち度で炎上騒動

小金井アイドル刺傷事件の判決について、昨日触れたところです
この事件についてアニメーション監督山本寛がブログで、「被害者の側にも落ち度はなかったのか?」と書き、炎上する騒ぎになっていると報じられています
山本監督は直言を厭わない人物であり、過去にもその言動が物議をかもしています。J-CASTニュースの報道を以下、引用します


小金井刺傷事件で山本寛氏ブログ大炎上 「女子大生に落ち度なかったか」指摘
「フラクタル」「らき☆すた」などのアニメの監督として知られる山本寛さん(42)が、アイドル活動などをしていた女子大生の冨田真由さん(21)が刺されて重傷を負った事件について、被害者側にも「落ち度」はなかったのか、とする論をブログで展開した。
この事件で殺人未遂罪などの罪に問われた岩崎友宏被告(27)は、もともと冨田さんの熱狂的なファンだった。山本さんはこうした両者の関係性を踏まえた上で、「一般人ではなくプロなのだから...」と冨田さんの対応にも疑問を投げかけたのだが、ネット上では、山本さんに対し激しい批判の声が相次いでいる。
山本さんは2017年2月28日、「トラブルシューティング」と題した記事をブログに投稿した。記事では、東京地裁立川支部が同日に懲役14年6か月の判決を岩崎被告へ言い渡したことに触れ、「被告が許される余地は微塵もない。こんな輩、一生社会に出てこなくていい。だけどね、被害者の女子大生に落ち度がなかったかと言えば、ちょっと異論がある」と切り出した。
今回の事件は、2016年5月に東京都小金井市の雑居ビル前で起きたもの。ライブイベント出演のために現場を訪れていた冨田さんが、岩崎被告に首や胸など30か所以上をナイフで刺され、一時は意識不明の重体となった。
岩崎被告は冨田さんの元ファンで、当時の報道によれば「プレゼントを贈ったが送り返された」などと警察に話していた。岩崎被告本人とみられるツイッターでは、冨田さんに対して脅迫するようなメッセージも執拗に送っていた。そのため、冨田さんは16年4月末に岩崎被告のツイッターアカウントを「ブロック」(アクセス拒否)したとみられている。
山本さんが「落ち度がなかったのか」と指摘したのは、冨田さんのこういった岩崎被告への対応だ。今回のブログでは、
「こっち関係の知り合いと話すとね、必ず言うのです。『脇甘すぎ』と」
として、
「まず、アイドル活動(に近い活動)をしている人間が、迂闊にファンをブロックしてはダメです。あと、プレゼントを突き返すのも、当てつけに思われてもしょうがないです」
と指摘した。その上で、「一般人ではなくプロなのだから、そこはもっと考えるべきではなかったのか」と疑問を呈した。
(以下、略)


被害者である冨田さんを名指して批判する記載が反感を買い、山本監督のブログには批判の書き込みが次々となされ、さらに山本監督が反論し…炎上なのだとか
山本監督の直言の趣旨は理解できなくないものの、冨田さん個人の落ち度を云々するのは、やはり反感を買って当然です
アイドル活動をしているとはいえ21歳の女性に、「プロなんだからもっと賢く、したたかに振る舞え」と要求するのは無理があります
冨田さんを名指しせず、今後、ストーカー被害を防ぐための一般論という形で語ったのならば炎上などせず、山本監督の趣旨も伝わったのではないでしょうか?
ツイッターのブロックに関しては冨田さんの独断で行ったものではなく、警察の指導だったと判明しています
ですが、「プロである以上、迂闊にファンをブロックすべきではない」との指摘は大間違いでしょう
今回の事件の犯人のような、話が通じないストーカー野郎がいるのは事実であり、芸能人とて身を守るための方策が必要です。「逃げるは恥だが役に立つ」とまでは言わないものの、時には身の安全を守るため逃げるべきです
踏みとどまってファンととことん向き合うべきだ、との考えには賛成できません
むしろ、「プロだからこそ逃げ隠れしろ」と言いたくなります
自身の命を守るため、全力で逃げて何が悪いのでしょうか?
ツイッターでファンをブロックせず、社会経験も人生経験も乏しい若者にもっと賢明な対処をせよ、などと求めるのは愚の骨頂です
さて、こうした事件が起こるたび、「ストーカー対応のマニュアルが必要だ」と言い出す人がいます。しかし、ストーカーへの対処方法に絶対的な正解などないのであり、マニュアルに縛られるような対処法は、かえって自分の手足を縛る結果につながるおそれがあります
決して自分一人で対処しようとせず、周囲の協力を得て身の回りを固め、時には逃げる判断も必要だと思う次第です

(関連記事)
小金井アイドル刺傷事件を考える 控訴取り下げた被告
小金井アイドル刺傷事件を考える 懲役14年6月の判決
小金井アイドル刺傷事件を考える 殺人未遂認める
小金井アイドル刺傷事件を考える 法廷で大声、退廷
小金井アイドル刺傷事件を考える 容疑者は鑑定留置
小金井アイドル刺傷事件を考える SNS書き込みは規制対象外
小金井アイドル刺傷事件を考える 誰がストーカーと判断するのか

小金井アイドル刺傷事件を考える 身近なアイドルという罠
AKB握手会襲撃男に懲役6年の判決
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
AKB襲撃事件 握手会商法破綻
大人の発達障害 会社で問題社員扱いされる人
AKB48をパクった中国のAK98 解散状態
中国のパクリ文化 AKB48を真似たAK98登場
AKB48河西智美の写真集騒動はどうなったのか?
AKB48河西智美の過激なグラビア写真
AKB高橋みなみの母淫行で逮捕も各メディアは報道せず
ドラマ低視聴率で前田敦子は女優業に自信喪失
前田敦子 泥酔し尻丸出し
前田敦子泥酔事件に女性は共感
福山雅治宅へ侵入したコンシェルジュ逮捕
福山雅治宅侵入のコンシェルジュに懲役1年求刑
福山雅治宅侵入のコンシェルジュに有罪判決
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
三鷹女子高生殺害を考える2 無職のストーカー
三鷹女子高生殺害を考える1 ストーカー対応
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
同性愛者ストーカー殺人を考える
大学職員がストーカー、同僚を殺害して逮捕
福岡女子予備校生殺害 鑑定留置後、起訴へ
福岡女子予備校生殺害 公判は始まらないまま
学校トイレで女性教師を強姦殺害した少年
豊中妊婦殺害事件で上原亮宏被告の懲役21年確定
仙台地裁で被告が警察官2人を刺し逮捕
仙台地裁切りつけ男 淀川被告が実刑を不服として控訴
中野劇団員殺害事件 求刑通り無期懲役判決
中野劇団員殺害事件 戸倉被告に無期懲役求刑
岡田奈々暴行事件(42年前)の意外な結末


ストーカー加害者:私から、逃げてください
河出書房新社
田淵 俊彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ストーカー加害者:私から、逃げてください の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル