「講演で稼ぐネトウヨビジネス」と書くLITERA

久々に左派言論メディア、LITERA掲載の記事を取り上げます
本当は「歌手小沢健二が共謀罪と安倍政権を批判している」との記事を取り上げるつもりだったのですが、こちらの方が面白そうなので変更しました
安倍応援団を気取る保守系文化人が講演会で儲けているのはけしからん、との記事です
需要があるから講演会ビジネスが成り立つわけであり、それのどこがけしからんのか、意味不明です
ならば元SEALDsの奥田愛基とか、朝日新聞の若宮啓文などを配置した講演会ビジネスを展開して左派も儲ければよいのでは?
まあ、若宮啓文元朝日新聞主筆は故人なので、講演はできないのですが
しかし、「安倍は人間じゃない。叩き斬ってやる」の法政大学山口二郎教授とか、「安倍政権の狙いは徴兵制復活」の金子勝慶応大学教授など、LITERA好みの左翼文化人が一杯いるので左巻き講演会をやればよいのです
安全保障関連法案反対で国会前に10万人ほど集まったそうなので、講演会をやればそれなりの収益が得られるでしょう
左派にしろ、保守派にしろ、文化人とて霞を食べて生きているわけでもなく、お金を稼ぐ必要があります。講演会で稼ぐのをなぜ悪だと決めつけるのか、実に不可解です
さて、LITERA掲載の記事です


(前略)
しかも、こうして一度“安倍礼賛”の陣営にはいれば、いみじくも『委員会』で辛抱が暴露したように、講演会によってガッポガッポと稼ぐことができる。もちろん、そういう「講演会」というのは、書店のトークショーなどでのこじんまりしたものではない。
JC(青年会議所)やライオンズクラブ、有力企業や保守系政治団体などが主催し、ホテルなどの大箱で催されるもので、目当ての“顧客”は、一般人ではなく企業経営者や地元の実力者。いきおい、講演料は大学や市民団体などでの講演とはくらべものにならない高額になる。
たとえば、講演会での講師派遣などを手がける株式会社エスエンタープライズのHPによれば、“保守の女神”こと櫻井よしこの講演料の「目安」は実に100万〜150万円と記載されている。前大阪市長の橋下徹の講演料が「90分200万円」であることも有名な話だ。人によってピンキリではあるが、相場は50万〜200万円と言ってもいいだろう。
ようするに、こうした文化人にとって数時間でこんな大金を得られる講演会ほどオイシイものはないのである。付け加えると、「『委員会』に出て、講演で稼ぐ」という構造も本当だ。
その典型が、東京新聞の長谷川幸洋。長谷川はある時期から急速に安倍応援団色を強め、いまではネトウヨ番組『ニュース女子』(TOKYO MX)の司会者として沖縄ヘイトを垂れ流すまでになったが、その長谷川が夢中になっているのが「講演ビジネス」らしい。
(以下、略)


安い出演料で「そこまで言って委員会」に出演し、あとは講師として各地に招かれ稼ぐビジネスモデルを怪しからん、とLITERAは批判するわけです
しかし、経済活動の自由を規制するのは言論の自由を規制するのと同じであり、保守派は講演会などするなと言いたいのでしょうか?
それでは彼らの言う、「言論自由」を思想内容によって差別するも同然であり、憲法の精神に反します
左派言論の自由は守るべきだが、保守派言論は規制しろとでも?
櫻井よしこ女史の講演料が1回150万円だとして、それを批判する根拠は何なのでしょうか?
左派の文化人の講演料が安すぎると言うなら、それは左翼同士で支え合い解決すべきでしょう
市民からのカンパとか、中国から工作資金を提供してもらうとか、やり方はいろいろあるわけで
あるいは彼らの大好きな朝日新聞の後援を得て、講演会を各地で開催してはどうでしょう。発行部数激減で、広告収入も減っている朝日新聞ですが、安倍政権打倒を社是としているそうですから(若宮啓文主筆曰く)、左翼文化人のスポンサー役を果たすと期待されます
きっと安倍政権に危機感を抱いた意識高い系の老人や、若者が大勢集まるものと期待されます
それとも講演会より、太鼓をたたいてラップを口ずさむ方が好みなのでしょうか?
誰がどのような講演会を実施し、講演料をいくら稼ごうと構わないのでは
それをとやかく批判するのはあまりに料簡が狭いと感じます

(関連記事)
「共謀罪」法を敵視する東京新聞
「1日100円で安倍政権打倒」と言う経済学者
「安倍は人間じゃない」発言で野党結集を煽る山口二郎法政大学教授
「安部首相の狙いは徴兵制復活」と書く金子勝
SEALDsを賛美した佐野元春のポエム
SEALs解散 活動を自画自賛
共産党「人を殺す予算」発言の藤野政策委員長を更迭
「防衛費は人殺しの予算」と言う日本共産党
SEALs高校生デモの参加者は中高年が目立つ
SEALs奥田愛基をカリスマ視する週刊朝日
石田純一の「反知性主義」発言を考える
SEALDsと野党共闘を大絶賛する「週刊金曜日」
民主党岡田代表 シールズや共産党と組む?
SEALDsの高校生 安全保障関連法反対の理由
SEALDsの奥田愛基 国会で安保法案に反対の意見陳述
安全保障法案成立 無理解と反対を乗り越え
「民主党大勝利」という選挙予想
衆議院選挙結果 民主党大勝予想も大ハズレ
「徴兵制あるかも?」と煽るパンフレット 民主党が作成するも廃棄
民主党の反省なき大反省会
フランスで同時多発テロ 犠牲者は120人以上
ノルウェーで爆弾・銃撃テロ 87人が死亡


闘う社説 朝日新聞論説委員室 2000日の記録
講談社
若宮 啓文

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闘う社説 朝日新聞論説委員室 2000日の記録 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル