アジアインフラ投資銀行 資本金払い込みは8.6%足らず

中国が鳴り物入りで発足させたアジアインフラ投資銀行ですが、払い込まれた資本金はわずか8.6%(資本金1000億ドルの予定に対し、86億ドル)にすぎない、と報じられています
ここで言う出資金額は必ずしも融資のための原資ではないので、区別が必要です
しかし、参加国でありながら資本を供しない国があまりにも多いのであり、中国ですら297億ドルの出資分担のうち、わずかな額しか払い込んでいないのは明らかです。これでやっていけるのか、と…
日本の政治家、経済評論家、ジャーナリストの中にも、アジアインフラ投資銀行に参加しなければ、「日本は孤立してしまう」などと発言していた人たちがいます
あたかもアジアインフラ投資銀行が公的金融機関として、その存在意義を発揮しているかのような扱いには疑わしい限りです


中国主導で昨年1月に発足したアジアインフラ投資銀行(AIIB)は徐々に規模を拡大している。
AIIBが推進する事業は大型化し、組織規模も今年末までに2倍程度に拡大する予定だ。
しかし、加盟国が払い込んだ資本金が上限の6.8%にとどまるなど、まだ道のりは遠いとの評価も聞かれる。
AIIBは米国、日本がそれぞれ主導する世界銀行、アジア開発銀行(ADB)などに対抗するため、中国主導で57カ国が参加して設立された。
2013年に中国の習近平国家主席がインドネシアで提唱し、アジア太平洋地域の開発途上国のインフラ投資支援を目標としている。
主な加盟国は韓国をはじめ、インド、ロシア、ドイツ、フランス、ブラジル、英国などだ。
韓国の出資比率は3.81%で、創設時の加盟57カ国で中国、インド、ロシア、ドイツに次ぐ5位だ。
今年6月には済州島でAIIBの第2回年次総会が開かれる。
韓国は同総会が終了後、1年間にわたりAIIB総会および代表会議の議長国を務め、アジア地域のインフラ開発と経済成長に関する論議を主導する。
AIIBは昨年6月、4件の大型事業を承認し、実質的に機能し始めた。
初の事業はタジキスタンの首都ドゥシャンベとウズベキスタン国境を結ぶ道路の改善事業で2750万ドル(約30億5000万円)の融資を承認した。
その後、バングラデシュ・ダッカ地域の電力供給改善・拡張事業(1億6500万ドル)、インドネシアの都心スラム環境改善事業(2億1650万ドル)、パキスタンのショーコットとカネワールを結ぶ全長64キロメートル、4車線の高速道路建設(1億ドル)などの事業が続いた。
12月にはオマーン東岸のドゥクム港湾開発事業に2億8000万ドルの資金を供給することを決め、融資規模は当初の10倍に膨らんだ。
組織も拡大している。2月末現在で職員は韓国人6人を含む85人で、今年末までに154人まで増員する計画だ。
AIIBは今月初め、アイルランド、カナダ、香港など13カ国・地域の参加を承認し、ギリシャ、アルゼンチンなど14カ国の承認を検討中だ。
ただ、新しい組織だけにまだ不備な点もある。
AIIBの授権資本金(資本金上限)は1000億ドルだが、実際に払い込まれた資本金は68億ドル(昨年12月現在)にすぎない。
AIIBがADBなど既存の多国間開発銀行と協調可能なプロジェクトを優先するとの分析もある。
設立間もないため、リスクを抱えるのではなく、安定的な事業に参入したい狙いとみられる。
大韓貿易投資振興公社(KOTRA)の報告書によると、AIIBが初期に承認したプロジェクト6件のうち5件は、ADB、世界銀行、欧州復興開発銀行(EBRD)との協調融資事業だ。
(朝鮮日報の記事から引用)


アルゼンチン、ギリシャなどは金を引き出す側であって、積極的に資金を提供する気はさらさらないと思われ、そんな国ばかりが寄り集まってうまく運営できるのか、と思うばかりです
しかも、いまのところはアジア開発銀行や世界銀行の融資案件に相乗りしているだけであり、これでは何のために独立した金融機関を設置したのか、意味がありません
アジアインフラ投資銀行にまつわる情報をまとめたサイトがありますので、関心のある方は一読ください

鳴物入りのAIIB、どうなった?

融資の原資はアジアインフラ投資銀行が債券を売り出し、募るとされているのですが、いったいどれだけの債券が売り出されたのか、誰が引き受けたのかは不明です(日米が不参加のため、各付けを得られずジャンク債扱いと言われます)
こうしたアジアインフラ投資銀行の現状について、バーベキュー大会をやるぞと中国が声をかけたが参加者たちは箸と皿だけ持って参加し、誰も肉を持ってこなかったと揶揄されています

(関連記事)
鳩山由紀夫のアジアインフラ投資銀行顧問就任を評価するメディア
アジアインフラ投資銀行副総裁のポストを失った韓国
「アジアインフラ銀行で日米は孤立」と書く朝日新聞
「中国主導アジアインフラ銀行不参加は大失敗」と書くメディア
中国主導銀行AIIB 日本は参加せず
日本を屈服させられず焦りまくる中国の悲鳴
尖閣諸島の共有を呼びかけるベネトンのCMに批判
中国紙「ドラえもんは侵略者」と批判
人民日報「日本はドラえもんに学べ」の噴飯記事
中国海軍の実力を誇示する「おバカ記事」
米メディア 「ナチスを例に日本批判する中国」を批判
「尖閣棚上げ合意なし」 78年の日中会談
「中国は尖閣諸島より民度向上に努めよ」とフィナンシャル・タイムズ
日米首脳会談をくさそうと必死になる中国メディア
「日本のソフトパワーは衰えている」と書く中国メディア
世論調査「中国を信頼できず84%」
日本を「アジアの病人」と報じる中国メディア
丹羽大使、「尖閣購入支持する日本人はおかしい」
中国メディア「日本はなぜ中国に屈服しないのか?」
「中国は非礼」英女王発言に慌てふためく中国
中国株安 時価総額で500兆円消し飛ぶ
日韓通貨スワップ再開協議中断 韓国の反応


「アジアインフラ投資銀行」の凄惨な末路
PHP研究所
宮崎 正弘

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「アジアインフラ投資銀行」の凄惨な末路 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル