千葉ベトナム女児殺害を考える 元刑事の推理

各地の小学校では新学期が始まっています
しかし、千葉県でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)が殺害された事件は未解決のままです
こうした事件が起こると、新聞各社は犯罪心理学者や元警察官などいわゆる有識者にコメントを求め、犯人像を語らせるのが常です
乏しい判断材料しかない現状で、犯人像を推定せよと求めるのは無茶ぶりなのですが、新聞を売るためには欠かせないのでしょう
その中から1つ、紹介します


(前略)
元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は、リンさんの自宅から学校までの道のりを調査した上で「通学路は一部が大通りへの抜け道として使われている。犯人は車で通りかかったところ、登下校する被害者を見つけて目を付けた疑いがある。同じ人物が同じ時間に同じ場所を通るという状況が、犯人にとっては最も相手を狙いやすい」と指摘する。
小川氏によると、昨年にも小学生の保護者のもとに、学校から「赤い車に乗った男に、児童が後をつけられた」として注意を呼びかけるメールが届いていたという。
この男と犯人が同一人物かは不明だが、小川氏は「今回の犯行には必ず車が使われているはずだ。自宅から約600メートルのところで児童の登校時にボランティアを行っている人物はこの日、被害者の姿を見ていない。被害者の自宅からすぐのところには、駐車スペースにも使える目立たない空き地がある。このあたりでさらわれたのではないか」と推測する。
連れ去りについては、かなり計画的に行われたと小川氏はみるが、遺体の扱い方はずさんに感じたという。
「遺体はシーツにくるむなどして隠すような工作は行われておらず、釣り人に見つかってしまうような場所に遺棄されていた。おそらく、いたずら目的でさらったものの、騒がれたためにあわてて首を絞めてしまった。早く遺体を手放したいと考え、排水路脇まで車を走らせ、遺棄したのだろう」
遺体の遺棄現場と、ランドセルなど所持品が見つかった利根川河川敷の距離は十数キロ離れている。小川氏は「(位置関係から考えて)先に遺棄されたのは遺体のはずだ。とにかく、モノよりもまず遺体を自分から遠ざけたいという心理が感じられる」とみる。
犯人像については「こうした犯行は兆候があるものだ。これまでは女の子に声かけすることで満足していたのが、徐々に欲求がエスカレートして誘拐を実行に移したりする。同種の犯罪を起こしていながら、逮捕を逃れているような者も同様に疑わしい」(小川氏)。
(産経新聞の記事から引用)


本件が身代金目的の誘拐などではなく、女児に性的暴行を加えるためのものであるというのは衆目の一致するところです
ただし、遺体の扱い方がずさんとの見方は意見が分かれるところです
奈良で起きた小林薫死刑囚による女児殺害事件では、殺害後遺体を携帯電話のカメラで撮影しており、また女児の歯を抜いていたと判明しています
小林死刑囚は女児を風呂に入れたところ、気づいたら水死していたなどと申し立て自ら手を下して殺害していないと主張しているのですが、女児の死後に歯を抜く行為は抵抗され噛みつかれたことへの報復と考えられます
また、遺体を撮影していたのも女児に対する報復を匂わせ、さらしものにしてやろうとの悪意を感じます
本件の場合、遺体の処分方法など当初の予定になく、慌てて排水路に遺棄したものとの見方もあるのですが、そうと決めつけるわけにはいきません
犯人はおそらく逮捕後、「殺す気はなかった」などと供述するのでしょう
しかし、当初の計画では女児を連れ去り、監禁し、さんざん弄んだ末に殺す算段だったかもしれないのですから
自分には遺体を全裸で排水路に打ち捨てた行為自体、女児への報復であるように感じられます

(関連記事)
千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審でも無罪主張
千葉ベトナム女児殺害を考える 控訴審は9月に
千葉ベトナム女児殺害を考える 無期懲役判決
千葉ベトナム女児殺害を考える 死刑求刑
千葉ベトナム女児殺害を考える 「面倒くさい事件と思った」発言
千葉ベトナム女児殺害を考える 釣りの準備をしていたと否認
千葉ベトナム女児殺害を考える SM用手足錠で拘束した
千葉ベトナム女児殺害を考える 初公判で全面否認
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷被告のこどもは養護施設に
千葉ベトナム女児殺害を考える 殺人罪で起訴
千葉ベトナム女児殺害を考える 殺人容疑で再逮捕
千葉ベトナム女児殺害を考える 車からDNA検出
千葉ベトナム女児殺害を考える 他の少女殺害と比較
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者の母親
千葉ベトナム女児殺害を考える 未解決少女殺害事件
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に別の女児殺害の疑い
千葉ベトナム女児殺害を考える 渋谷容疑者に前科あり
千葉ベトナム女児殺害を考える PTA会長を逮捕
千葉ベトナム女児殺害を考える 目撃証言なし
千葉ベトナム女児殺害を考える 不審人物の映像
千葉ベトナム女児殺害事件を考える 全裸で遺棄
茨城女子大生殺害事件を考える モリ容疑者逮捕
茨城女子大生殺害事件を考える モリ容疑者起訴
TBS報道局部長 警察「性的犯罪前歴者名簿」閲覧
神戸小1女児不明事件 容疑者逮捕
神戸小1女児不明事件 犯人の沈黙
神戸小1女児不明事件 わいせつ目的で起訴
神戸小1女児不明事件 初公判でわいせつ目的否定
神戸小1女児不明事件 死刑判決
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
今市女児殺害事件 「物色中に偶然見つけた」
今市女児殺害事件 犯行を自供した男
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
ベビーシッタ-殺人 ペニスに執着したペドフェリア
ベビーシッター殺人 無期懲役求刑
ベビーシッター殺人控訴審 小児性愛ではないと主張
ベビーシッター殺人控訴審 物袋被告の歪んだ性欲
福岡女児遺棄事件を考える4 公判でも殺意を否認
福岡女児遺棄事件を考える5 無期懲役判決
宮崎勤死刑囚の嘘と偽装 ネズミ人間は思いつきか
ネズミ人間
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず
新潟女児殺害事件4 女子中学生連れ回しも
新潟女児殺害事件3 20代男性が重要参考人
新潟女児殺害事件2 黒い服の男に追われた


アディクションと家族 第25巻2号―日本嗜癖行動学会誌 (98)【特集】ペドフィリア
ヘルスワーク協会
家族機能研究所

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アディクションと家族 第25巻2号―日本嗜癖行動学会誌 (98)【特集】ペドフィリア の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル