「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明

私立加計学園の獣医学部新設問題が国会で取り上げられ、紛糾しています
そちらの問題はさておき、文部科学省による不正な天下り斡旋で引責辞任した形の前文部科学省事務次官前川喜平が、「安倍首相の意向で加計学園の獣医学部新設認可が強引に進められ、行政が歪められた」と発言して注目を集めています。なぜ、この時期にそんなことを口走るのか、不可解です
さらにこの前川喜平元次官が、現職官僚時代に歌舞伎町の出会い系バーに入り浸っていたと読売新聞が報じ、スキャンダルの暴露合戦の体をなしています
記者会見に応じた前川元次官は出会い系バーへの出入りを認め、社会勉強として行ったと開き直っているのですから滑稽です


--読売新聞に前川喜平氏が出会い系バーに行っていたという記事が出ていた。権力の脅しではないかと思うが、こういう記事についてどう思うか。今回、自ら記者会見することに影響したのか
前川氏「出会い系バーというものがありまして、読売新聞で報じられたが、そういったバーに私が行ったことは事実です。経緯を申し上げれば、テレビの報道番組で、ドキュメント番組で、いつどの局だったかは覚えていないが、女性の貧困について扱った番組の中で、こういったバーでデートの相手を見つけたり、場合によっては援助交際の相手を見つけたりしてお金をもらうという女性がいるんだという、そういう女性の姿を紹介する番組だった。普通の役人なら実際に見に行こうとは思わないかもしれないが、その実態を実際に会って話を聞いてみたいと思って、そういう関心からそういうお店を探し当て、行ってみた。その場で話をし、食事したり、食事に伴ってお小遣いをあげたりしながら話を聞いたことはある。
その話を聞きながら、子供の貧困と女性の貧困はつながっているなと感じていたし、そこで話を聞いた女性の中には子供2人を抱えながら、水商売で暮らしている、生活保護はもらっていないけれど、生活は苦しい。就学援助でなんとか子供が学校に行っているとか、高校を中退してそれ以来ちゃんとした仕事に就けていないとか。あるいは通信制高校にいっているけどその実態が非常にいい加減なことも分かった。
いろいろなことが実地の中から学べた。その中から、多くの人たちが親の離婚を経験しているなとか、中学・高校で中退や不登校を経験しているという共通点を見いだした。
ある意味、実地の視察調査という意味合いがあったわけですけれど、そこから私自身が文部科学行政、教育行政をやる上での課題を見いだせた。ああいうところに出入りしたことは役に立った。意義があったと思っている。
あと、読売新聞がこの問題をどうして報じたのか。私の極めて個人的な行動ですから。それをどうして読売新聞があの時点で報じたのかは私には分からない」
--権力の脅しかということはどうか
前川氏「私はそんな国だとは思いたくない」
代理人弁護士「その点は明らかな証拠はないですから、何とも答えようがない」
(産経新聞の記事から引用)


まるで社会派の正義漢気取りです。下心があって行ったとは認めず、あくまで社会の実態を学ぶためであり、仕事に生かすのが目的だとの一点張り援助交際がバレて逮捕されたサラリーマンの言い訳みたいに聞こえます
天下り問題で引責辞任に追い込まれたのがよほど不満なのか(文部科学省の天下りは明らかな法令違反であり、事務方の最高責任者だった前川元次官は懲戒免職に値するわけですが)、ここまで開き直るのは異様です
もっとも、懲戒免職処分なら退職金は支払われないのですが、前川元次官は懲戒審査前に自ら辞職した格好であり約8千万円の退職金を受け取っています
世間一般からは退職金を返納すべきだ、との声があるものの応じていません
実は前川元次官の実妹が参議院文教族のドンである中曽根弘文元文部大臣の妻であり、自民党文教族とは深い結びつきがあるのだとか
中曽根氏の立場は安倍首相の派閥である清話会とは相容れないのですから、前川元次官が開き直って政権に喧嘩を売っているのは、こうした背景があるからなのかもしれません
政治的な背景はどうあれ、みっともなく開き直る姿勢にはうんざりです

(関連記事)
「民進党代表に前川喜平が相応しい」と書くトンデモ記事
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
文部省天下り疑惑 事務次官引責辞任
文部省天下り問題 官僚が早大教授になる不思議
文部省局長 収賄と息子の裏口入学で逮捕
北朝鮮ミサイル発射でも朝鮮学校無償化を叫ぶ人たち
森友問題で注目のジャーナリスト菅野完 強姦事件で賠償命令
早稲田大教授、セクハラでクビ
立命館大でセクハラ 准教授ら相次いで処分
京都大教授 女学生との不適切な関係で辞職
女子大学院生殺害事件を考える1 恋愛のもつれ?
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 初公判
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 懲役3年6月の実刑判決
慶応大韓国人准教授の学歴詐称事件
中国のスパイが農水省幹部に接触・機密入手
厚生省マイナンバー汚職を考える1 異色の官僚
厚生省マイナンバー汚職を考える2 中安被告ら懲戒免職
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
通産官僚ブログ「復興は不要」と書いて炎上騒動
個人情報流出 年金機構の釈明がウソだらけ
財務省福田事務次官のセクハラ発言問題
財務省福田事務次官 セクハラ否定で訴訟も
財務省福田事務次官のセクハラ テレ朝女性記者が被害
福田事務次官セクハラ被害はテレ朝進優子記者
福田次官セクハラ問題 下村元文部大臣が被害者批判で炎上
今度は厚生省局長のセクハラ発覚 戒告処分
新潟県知事 女性問題で辞任へ
不倫疑惑の厚労省大坪寛子審議官 左遷される


文部省の研究 「理想の日本人像」を求めた百五十年 (文春新書)
文藝春秋
辻田 真佐憲

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 文部省の研究 「理想の日本人像」を求めた百五十年 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル