仙台地裁で被告が警察官2人を刺し逮捕

仙台地方裁判所で刑事被告人が傍聴人を刃物で切り付け、殺人未遂の現行犯で逮捕される事件が起きりました
被告人は淀川聖司(30)で、盗撮事件で判決の言い渡しを受けている最中の出来事でした
刑事被告人である淀川被告は保釈中であり、この日の判決公判のために刃物を懐に忍ばせ出廷したわけですが、公判開始前に所持品の検査など行われなかったそうです


裁判所で判決の言い渡しを受けていた30歳の被告が法廷内に持ち込んだ刃物で傍聴席にいた警察官ら2人を切りつけたというこの殺人未遂事件は、6月16日午前10時過ぎ、宮城県仙台市青葉区片平1丁目の仙台地方裁判所の法廷で迷惑防止条例違反の罪に問われ公判中だった淀川聖司(よどがわせいじ)被告(30)が判決の言い渡し中に傍聴席にいた2人を切りつけた事件。
淀川聖司被告は判決の言い渡し中に「裁判はでたらめだ」などと叫びながら傍聴席に向かって走り出し、警察官ら2人をカッターナイフで切りつけたが身柄を確保され、殺人未遂容疑で現行犯逮捕されました。
現場の法廷内には果物ナイフとカッターナイフが落ちていたとみられ、共に淀川聖司被告が持ち込んだという。
事件現場は仙台地方裁判所3階の306法廷とみられ、事件直後に仙台地方裁判所は3階に続く階段などに規制線が張られ封鎖されており、現場検証が行われている状況だという。
殺人未遂容疑で現行犯逮捕された淀川聖司被告が問われていた罪は、2017年1月に仙台市内の電車内で盗撮した迷惑防止条例違反で、事件が起きたのは判決の宣告中でした。
事件当時、裁判所の傍聴席にいた人によると淀川聖司被告が切りつけたのは判決が言い渡された後ということで、傍聴席に向かって襲いかかったという。当時は15人から20人が裁判を傍聴しており、警察官らを狙って襲ったのかは不明だという。
淀川聖司被告は保釈中だったため、廷内に監査役の職員はおらず持ち物検査も受けていなかったという。また、仙台地方裁判所の建物には裁判所を訪れた人の持ち物を調べる金属探知機は設置されておらず、設置されているのは東京地方裁判所など全国4カ所だけだった模様。


金属探知機など使い、釈放中の被告はもちろん、傍聴人の凶器持ち込みをチェックしていると思いきや、ほとんどの裁判所で行われていないと知り、唖然としました
日本は銃社会ではないので、傍聴人に紛れ込んで被告や証人殺害を企てるケースを想定していないのかもしれませんが、あまりに警戒心が希薄です
負傷した警察官2名は意識もあり、生命に危険はないとは言え、危険極まりない事態です
傍聴席にいた警察官は淀川被告を取り調べた担当者のようで、判決を知るため傍聴していたとのことです
しかし、淀川被告が警察官2名(私服だとしたら)を狙ったのかどうか、本人に確認するしかないでしょう
下着を盗撮した事件で逮捕、起訴されたのが淀川被告にとって屈辱であり、恨みに思ったのでしょうか?
起訴したからには十分な証拠もあったはずであり、逆恨みにもほどがあります
この日言い渡された判決内容は不明ですが、迷惑防止条例違反で初犯なら執行猶予付きだったかもしれません(しかし、淀川被告は痴漢行為で実刑を受けていた前科があるので、執行猶予付き判決とはいきません)
殺人未遂となれば懲役10年以上は覚悟する必要があります

(関連記事)
法廷斬りつけで懲役12年 淀川聖司の控訴審
仙台地裁切りつけ男 淀川被告が実刑を不服として控訴
小金井アイドル刺傷事件を考える 法廷で大声、退廷
小金井アイドル刺傷事件を考える 懲役14年6月の判決
小金井アイドル刺傷事件を考える 控訴取り下げた被告
AKB襲撃犯のプロフィールを考える 発達障害
AKB握手会襲撃男に懲役6年の判決
盗撮バレて暴行 小学校教頭の乱行
盗撮して暴行の小学校教頭 懲戒免職処分に
盗撮事件を繰り返しながらヤフーを名誉毀損だと訴える男
法務省幹部 トイレ盗撮で書類送検
日本IBM元社長が盗撮で逮捕
NHKディレクターが男子高校生を盗撮 逮捕
盗撮メモリカードを飲み込んだ中学教師逮捕